きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レッドクローバーと京成線

これが「レッドクローバーと京王ライン」というのだったらユーミンあたりが歌いそうだが、京成線というと、イメージとして「京成音頭」くらいしか思い浮かばない。この違いはなんだろう。
それはともかく、性懲りもなく、まだ堀切橋周辺をウロウロしている。
土手から荒川の河川敷に降りたり、河川敷からまた土手に上がったりしていると、その土手の斜面にレッドクローバーが群落して咲いているところがあった。

アカツメクサと京成線

アカツメクサ、あるいはムラサキツメクサとも呼ばれるこの花は、ヨーロッパ原産の帰化植物で、日本には明治期以降、シロツメクサとともに牧草として入ってきたといわれている。したがって、テレビの時代劇などで、時折、映り込んでしまっているのを観ることがあるけれど(河川敷での戦闘シーンなどで)、江戸時代はもちろん、それ以前の日本にはこの花はなかったはずだ。
それなりに時代考証はされているのだろうが、こと植物に関していえば、テレビはもうひとつツメの甘いところがあるなと思う。
まあ、どうでもいいといえばどうでもいいのだが。
以前、邪馬台国はどこか? というのを、魏志倭人伝に記されている倭国の植生分布から推論するというのを読んだことがある。
それによると、どうやら九州らしいということだったが、これも、どうでもいいといえばどうでもいいと思ってしまう(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どうでもいいことって多いですよね
特にテレビ系はもうどうでもよくなりましたw

邪馬台国の話も受験勉強でさせられましたが
確かにどうでもいい話かもしれません。
まあ、確たる証拠が出てきて、ここだ!見たいな話に
なれば盛り上がるかもしれませんが

| アホキ | 2012/07/20 14:02 | URL |

いい雰囲気ですね。開放的で、爽やかな風が抜けていくようです。まあ、現実にはくそ暑かったんだと思いますが('A`)
時代劇のロケシーンに平気で電線が写っていたり、某国のドラマでは、500年前の料理人がしれっとガスコンロを使っていたとか聞きますw ここまで嘘八百になってしまうと、歴史のロマンもへったくれもありません。うちからテレビがなくなって早1年、確かにどうでもいい話だったりはするのですが。

| イノテツ | 2012/07/20 14:47 | URL |

アホキ様

世の中のたいていのことはどうでもいいと、最近は思うようになりました。と言って本当に大切なことって何だろうと考えても特に思い浮かばず、世の中はどうでもいいことで満ちている、というのが結論です。
そう言えば太宰治が、「世の中で一番美しいものは、世の中で一番役に立たないものである」というようなことを言っていたのを思い出しました。

| タラ坊 | 2012/07/20 17:12 | URL |

イノテツ様

ええ、とても暑かったんです。
時代的なことは、江戸時代やそれ以前に生きていた人は誰もいないので、残された文献などから推論するしかないわけですが、それだけに、その時代のことをきちんと記録として残すというのは大切なことだなと思います。
写真なども記録としていい資料になりますね。
この写真なども、後50年くらいして誰かが見たら、ヘェー、平成20年代には、京成はこんな電車が走っていたんだ、となるかもしれません。

| タラ坊 | 2012/07/20 17:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1214-124bdfc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT