きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

毎度お馴染み葛飾八幡宮参道を彩る公孫樹の黄葉

これもまた、この季節になると毎度お馴染みの、市川市葛飾八幡宮参道を彩る公孫樹の黄葉だが、いまやすっかり秋の風物詩(?)となった感がある。
天然記念物に指定されている拝殿裏の千本公孫樹はまだ色づきはじめてきたばかりだったけれど、参道のほうは大分色づいてきて、落ち葉もたくさん降り積もっていた。落ち葉とともに銀杏もたくさん落ちていて、それが踏み潰されて、独特の匂いが辺りに立ち込めていた。

参道

山門

この葛飾八幡宮では、千本公孫樹の黄葉に合わせ、12月7日から9日まで「煌kirameku2012」と銘打ち、千本公孫樹がライトアップされ、その前で雅楽の演奏なども行われるそうだ。行ってみようかなと思っている。
私は雅楽で使われる笙の音色が好きなのだ。

拝殿裏の千本公孫樹

上は去年写した千本公孫樹だ。
主幹の周りに多数の樹幹が寄り集まって、それがまるで1本の樹のように見えるところから千本公孫樹の名がついたと、説明板には記されている。樹齢は1,200年だそうだ。
関東ではまだ秋の風情ながら、季節はすでに初冬を迎えている。12月に入って、クリスマスの飾りも多く見られるようになった。
あれはどこの国だったか、ある国のドラッグストアのチェーン店で、11月からクリスマスソングを店内で流しはじめたところ、客から早すぎるとのクレームが相次いだため取りやめた、というような記事が以前新聞に載っていた。
何事も頃合が大事ということだろう。人生の引き時も誤らないようにしたいものだと思う今日この頃である(タラ坊)。

スポンサーサイト

| 未分類 | 17:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああ、風物詩ですねw
ここ2ヶ月ほど、仕事に追われてほとんど缶詰状態だったので、気付かぬうちに公孫樹が色づき、散り始めていることに驚きました。季節の移り変わりを見過ごすような生活は寂しいものです。
クリスマスは苦手なイベントです('A`) 11月から各種のクリスマスソングが、ハードローテーションで流れるゴリ押しっぷりが許せません。山にこもるか旅に出るか、酒場で悲しい酒か、はたまた寝込むか、当日の計画はいろいろ考えてありますが…。
人生の引き際というのは、自分でははかり難いもののようです。政界にも「もう即身仏になれよ」などと言われてる人もいますw 人は年齢に関わりなく、ある段階で新しいステージに立たなければならないのでしょう。その見極めは、本当に難しいと感じます。

| イノテツ | 2012/12/04 14:27 | URL |

イノテツ様

クリスマスはまだしも、ハロウィンを日本人が祝うということに、どうも違和感を覚えてなりません。
楽しけれゃなんでもいいじゃん、という意見もあるでしょうが、そういう人に限って、日本の伝統的な行事や、二十四節気も知らないという人が多いようです。
しばらくスペインへ行っていて先ごろ日本に戻って来た人が、日本の伝統的な文化についてほとんどなにも知らないまま、これまで日本人をやってきたんだなぁということを再認識したというようなことを言っていました。
もっとも日本的なものが、もっともインターナショナルなんじゃないか、つまり世界で通用するんじゃないか、という気がします。





| タラ坊 | 2012/12/04 17:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1246-01f63c95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT