きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホームにて

今、JRの駅の構内で、「ふるさと行きの乗車券」を案内する放送が流れている。そのバックに、中島みゆきの「ホームにて」が使われている。ほんのわずかな部分だけだけれど、改めて聴くと、やはりいい曲だと思う。中島みゆきのなかで、私が一番好きな曲だ。

会津坂下駅

私が人生で損をしたと思うものはいろいろあるけれど、そのうちのひとつは、東京生まれの東京育ちで、ふるさとを持たないということだ。
毎年、旧盆の時期や年末になると、いつも、帰るべきふるさを持つ人を羨ましく思う(タラ坊)。

スポンサーサイト

| 未分類 | 13:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私が中島みゆきでいちばん好きなのは「エレーン」です。これはアルバム「生きていてもいいですか」の表題曲に相当するもので、あまりに暗くてシングルにできなかったようですが、本当に染みます。そういえば母は、同じアルバムの「蕎麦屋」が好きだと云いますね。
今回、父が亡くなり、戸籍謄本を取り寄せたところ、私の出身は東京都葛飾区ではなく、茨城県水戸市であることが判明しました。水戸の街に多くの思い出があるわけではありませんが、それでも幼い頃から度々訪れ、このことを知る前から特別な想いがありました。
もっとも、日本人の1割は東京出身なわけで、ふるさとは東京なのだといえます。単に帰省する面倒がないだけです。
父のふるさとは四国の松山です。私自身には何の縁もありませんが、墓参りのために、毎年、年末にこっそり墓参りに訪れているわけです。今年からは私自身が墓守を継ぎました。ぼちぼちお参りする時期です。「ふるさと行きの乗車券」が一切役に立たないのが痛恨の極みです('A`)

| イノテツ | 2012/12/17 05:46 | URL |

イノテツ様

「エレーン」も「蕎麦屋」も、思わず笑っちゃうほど暗いですね。「生きていてもいいですか」というアルバムタイトルも、太宰治の「生まれてすいません」みたいで、こういうの、私は好きです。
演歌の歌詞で「殺してもいいですか」というのがありましたが、これも好きです。
私が生まれてから20歳くらいまで過ごしたところは、今やすっかり変ってしまって、懐かしさというものはないです。
今やっている本の著者は、東京市神田区錦町生まれだそうですが、あの辺も、今やすっかりオフィス街になってしまって、神田区時代の面影はないだろうと思います。
「ふるさと」にいい思い出ばかりがあるわけではないでしょうが、「帰るべき場所」を持たない身としては、やはり「帰るべき場所」を持つ人を羨ましいと思ってしまいます。

| タラ坊 | 2012/12/17 16:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1250-82e0bb6b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT