きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Christmas Night Train〜臨時夜行ムーンライトながら

ねえねえ、イヴはどんな予定なの? 知らんわバーン(←何かを蹴る音)。クリスマスなんてなければいいのにと思っている人の割合を調べたら、12%だったそうだ。
「というわけで、我々は思いのほか少数派らしいぞ」と後輩に話したら、
「そんなのマジョリティの横暴ですよ!」とか、結構怒ってたw
だいたいこの時期は1年の疲れが出て体調を崩していることが多く、仕事をしてるか寝込んでるか、人目を避けて山にこもるかしてやり過ごすのが例年だ。だが、今年は連休に重なったことでもあるし、乗り鉄三昧と墓参りで過ごそうという企画を立てたのだった。イヴに墓参り。いい感じだ |∀・)

DSC_4165.jpg

ここで散々書いてきたが、いろいろあって、今年は一切旅行に行っていなかった。青春18きっぷを買うのも1年振りだ。今回の目的は松山にある墓へ参ること。しかも、金がないので普通列車のみを利用('A`) その最後を飾るのがムーンライトながらの東京行きだったわけだ。

DSC_4126.jpg

大垣には少し早めに着いた。ムーンライトが出発する5番線には117系(左の車両)。JR東海は、3月の改正で国鉄形の電車を全廃するとかで、117系も引退することになる。カメラを向けている人が多かった。
市内に出て食事をし、酒を飲んだ。また、駅ビルにはサークルKが入って便利になっていた。ここでも酒を購入 |∀・)

DSC_4158.jpg

ムーンライトながらが入線してきた。こうして向かいのホームから撮ると足回りも写せるぜ、という撮り鉄の流儀に従ったわけだが、それで失敗したのが先ほどの117系の写真であることはお察しの通りだ('A`)
また、列車の多い大垣駅のこと、ダイヤの隙間をぬって設定されるムーンライトは、入線するとすぐの発車なので、こういう撮り方はリスキーでもあった。

DSC_4170.jpg

ムーンライトながらに使用される189系はJR東日本の車両。改正後の東海区間を行く国鉄形電車として貴重な存在になる。写真ではすいているが、岐阜、名古屋と客を拾い、ほぼ満席になった。だが、ぽつぽつと空いている席には違和感があった。私が指定を取ったときにはほとんど空きなどなかったからだ。プラス510円で2席ゲットできる今のシステムに問題があるということだろう。

DSC_4171.jpg

慌ただしく発車し、検札が通り過ぎると、隣の席の人が「赤い青春18きっぷって知ってますか?」とネタを振ってきた。そりゃ知ってますとも。蒐集鉄の憧れ、赤い青春18きっぷ。売っている駅が極めて限られるため、そこへ行くまでに交通費をくってしまう。また、混乱を防ごうという鉄ヲタ同士の自主規制から、売っている駅もあまり知られていない。で、見せてもらったのがこれだ。おお、実物を見たのは初めてだ♪ 紙の質感が、機械で出てくるやつとはやっぱり違う。ここでも一応モザイクを入れさせていただいたが、この駅で売っていることは、今回初めて知った。私も、次の機会に買おう、この駅で。

いうまでもないが、ムーンライトながらの前身は大垣夜行である。165系を使用していたあの当時はまさに夜行列車という雰囲気だった。自由席だから、あらゆる層の乗客でごった返していた。当然定期列車だったわけで、現在残っているのは多客期に運行されていた臨時「続行夜行」の後身だともいえる。
今回の印象は、あの頃よりも乗客の年齢層が上がっていることと、ほとんどが男性客だったことだ。多くの旅行者が夜行バスや新幹線に移行してしまい、夜行普通列車という存在そのものがアナクロになってしまっている。私なんかは、夜行バスはもう勘弁という立場だが、移動時間に重きをおかない人にしてみれば、安くて便利な方がいいに決まっている。そうした考え方がマジョリティなのであり、趨勢なのだ。

DSC_4186.jpg

それに流されて、旅から叙情が失われていくとするなら寂しいことだなあと、毎度のごとく思った。その一方で、この列車の乗客たちに仲間意識のようなものを感じている自分がいた。私もすっかりオサーンである。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 11:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はるか昔、まだ20代の頃に大垣夜行に乗った記憶があります。
書かれているように、あの頃は定期列車で、確か東海道線の終電だったと思うので、平塚あたりまでは、勤め帰りのサラリーマンが多かったように覚えています。
先日NHKで、福島のユースホステルのことをやっていました。かつての常連たちが集まって、高齢のペアレントに代わって屋根のペンキ塗りをやったりした後、昔のようにみなで歌を唄ったりしていましたが、ユースも今や、客の多くが中高年ということで、青春きっぷも「青春」とは名ばかりで、中高年の利用が多いみたいですね。

| タラ坊 | 2012/12/26 19:04 | URL |

タラ坊さん

もともと、大垣夜行は大阪行きだったとか聞きます。いい時代でした。昔は移動手段がもっぱら鉄道だったわけで、たくさんの人が利用しましたから、ガンガン金をかけて整備ができました。現在、その遺産で辛うじて運行を続けている路線も少なくありません。
しかし、ユースホステルも含めて、たとえどんなに細々とでであっても、それを利用する人がいて、営業を続けていれば、必ず残しておいてよかったと思える時が来るだろうと確信しています。それが、新しい時代からの要請だからです。

| イノテツ | 2012/12/27 03:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1253-cd669e61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT