きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

吉備線で行く一宮巡り(1)

寒さが身にしみる深夜の岡山駅。青春18きっぷでひたすら鈍行を乗継ぐ旅。少しでも先に行きたいということで、以前の私なら最終の福山行きに乗継いだだろうが、今回はここで下車。路面電車沿いのラーメン屋で1杯飲んだ後、サウナに入って夜を明かした。

DSC_3723_20130108132855.jpg

この地区、115系がまだまだ主力なのだが、えらい勢いで黄色くなっていた。湘南色で残っている編成は、すでに注目を集める存在になっている。単色化は経費削減の一環らしい。いささか寂しい印象もあるが、極彩色で塗りたくられるよりはいいかもしれない。
一方、非電化線区のキハ40系列は次々タラコ化されている。こちらは国鉄末期を思わせる哀愁感がいい。

DSC_3748.jpg

今回、岡山で泊まったのは、ここ、吉備線沿線を歩いてみようという思いつきからだ。超絶雨男の私は、どうしても旅先に雲を連れてきてしまう。そんな中、この辺りだけは晴れ間が出そうな予報だったのだ。

DSC_3763.jpg

早朝の列車に乗り、備中高松で下車。後ろに見えるのは最上稲荷の鳥居だ。鳥居があるが神社ではなく、日蓮宗の寺院。廃仏毀釈を逃れ、神仏習合が残されているのだという。

DSC_3762.jpg

沿線には神社仏閣や古墳などの見どころがたくさんあり、旅のついでに立ち寄る程度ではとても見切れない。そこで今回は、吉備津神社・吉備津彦神社の2つの一宮を歩いてまわるのみに絞ることにした。吉備津・備前一宮と、岡山へ戻る形で2駅分歩くことにする。振り返ると、備中高松駅ではタラコ同士の交換が行われていた。おお、なんて渋いんだ(ToT)

DSC_3764.jpg

枕木には霜がおり、白く染まっていた。ようやく昇ってきた朝日がキハを照らす光景とか、まあ実際には非常に寒いわけだが、胸沸き立つ高揚感だ。やっぱり、旅先で見る鉄道はいつでもいいものだ。

DSC_3779.jpg

だが、朝日が拝めたのはここまで、予定通りどんよりしてきた('A`) なんか、雨までぽつぽつ降ってくるし、ここまで崩れる予報じゃなかったんだが…。相変わらず自分の魔力には恐れ入る。
というわけで、次回は白黒編の予定です。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 14:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

筑紫、出雲、大和などと並んで、吉備路も古代を感じるところですね。
2枚目、3枚目の野っぱらに立つ鳥居、魅かれます。
明治政府の進めた廃仏毀釈(そういうつもりではなかったけれど、結果的にそうなってしまったということみたいですが)は、文化破壊という意味で、中国の文化大革命に並ぶ愚策だったと思っています。

| タラ坊 | 2013/01/08 18:09 | URL |

タラ坊さん

3枚目あたりも、今は冬で荒涼としていますが、季節が良ければ、もっと穏やかな景色なのでしょう。西の方面へ行くのは決まって冬なので、なかなかそれを見ることができません。
廃仏毀釈にしろ文革にしろ、政治の力が文化を破壊することは大変愚かで、憤りを覚えます。近年では、タリバンによるバーミヤン遺跡破壊がありました。これは、異教への非寛容が招いた愚行でもありました。ほんのひとときの意地の張り合いが、世界遺産さえ簡単に破壊してしまいます。内外の軋轢を見るにつけ、平和なんてこないんじゃないかと、絶望的な気分になります。

| イノテツ | 2013/01/09 01:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1257-3a3cdb22

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT