きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【ターミナルの隣駅】椎名町駅の周辺

実家の母から電話がきて、車を軽に買い替える話をまとめてきたという。前回、車がぶっ壊れた件を書いたわけだが、まあ、いい機会だったのだ。長年懇意にしている中古車屋で、先日、私も一緒に行ったときには即断しかねていたダイハツ車。そのときより、何気に5万円くらい値切ってるしw 年度末で、店としても余計な在庫は抱えたくなかったのだろう。ぶっ壊れた車も無料でレッカー移動してくれるらしい。修理すればまだ使えるとかで、店の代車として、しばらくは走るだろう。
父が亡くなり、一層引きこもりがちになった母が、こうして動いてくれたことが嬉しかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、「ターミナルの隣駅は渋いぜ」シリーズの2回目だ。今回は、西武池袋線のターミナル・池袋の隣、椎名町駅周辺を徘徊してみた。実は戦前、この駅間に上り屋敷駅という駅があったらしいが、廃駅となって久しいことでもあり、隣駅扱いとしていいだろう。

DSC_4346.jpg

少し前の撮影なので日が短く、やたら寒い午後だった。この辺りには、以前に1回撮影に来ているはずだったが、様子はすっかり忘れていて土地勘がない。率直に言って撮りにくかった。線路に並行する道が少ないのだ。こういう場合、大概は踏切で撮影することになるわけだが、これもまた、なかなかいい条件の踏切がない。
もっとも、今度の改正で地下鉄副都心線との直通が始まる東急東横線のように、ターミナル付近は地下か高架へ移設されていくのが流れだ。こうして踏切が残っていることそのものがすごいことなのかもしれない。

DSC_4349.jpg

3000系である。見た目そっくりの101系や301系は昨年末にさよならイベントがあり、引退している。こちらは見た目より新しい車両なので、もうしばらくは現役だろう。

DSC_4366.jpg

椎名町駅北口を出ると、駅前にあるのが金剛院である。広い境内に広い空。「ターミナルの隣」であることを忘れさせる佇まいだ。朱塗りの山門には由緒があるらしいから調べてみてね。

DSC_4367.jpg

上京してから20年近く、冬の東京は寒いと感じる。気温そのものはずっと高いはずなのに、東北や北海道と同じくらい寒い。絡み付くような、イヤな寒さだ。きっと心が寒いからだな('A`) 都区内が氷点下になることは滅多になく、故に霜柱も珍しいのだが、去年、今年は続けての寒冬。この日、午後になっても境内の霜柱は融けないままだった。しかしなんだな、霜柱を見ると踏みたくなる人が必ずいるんだろう。どこにも必ず足跡がついていた。

DSC_4374.jpg

駅前は、昭和の雰囲気を色濃く残す商店街で、その手のドラマのロケにも使えそうに思えた。その際は、ネットカフェの看板だけはうまく隠す必要があるだろう。

DSC_4376.jpg

帰りは、目白駅までてれてれ歩いていったのだが、池袋線を離れる間際、再び3000系が現れた。西武ライオンズのラッピングが施されていたが、青が渋くて逆にいい感じだった。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都会の鉄道 | 03:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

西武線というと、永島慎二の「フーテン」という漫画を思い出します。その主人公である売れない漫画家・長暇貧治氏(フーテン仲間からダンさんと呼ばれていた)の住んでいた安アパートが、あれは新宿線のほうでしたが、西武線の沿線でした。
私も若いころ、友人がアルバイトしていた江古田の喫茶店に朝から入りびたり、飽きてくると仲間たちと石神井公園あたりに遊びに行ったりしていましたが、みな、良識ある大人たちから顰蹙を買うような恰好をしていて、蔑んだ目で見られていたことなどを思い出します。
終わりから2枚目の風景は、蒲田あたりもこんな感じですね。
昭和を感じさせる風景というのは、どこか猥雑で、垢ぬけなくて、というものが多いようです。

| タラ坊 | 2013/03/05 10:59 | URL |

タラ坊さん

私は氷河期世代で喫茶店に入る金などなく、学食で汲んできた茶を、サークルの部室に入り浸って飲み、祖父の形見のギターをかき鳴らしておりました('A`) 廃品を組み立てた自転車に乗っていて警官に見つかり、パトカーに乗り換えたこともありましたっけ。こうした廃品の吹き溜まりが池袋の某所にあったのです。先日通りかかったら、すっかり綺麗になっていました。大学も、当時の建物は一掃されてしまい、なんだか寂しいですね。
今回のネタでは椎名町駅を扱ったわけですが、ここの駅舎は2011年に建て替えたものだとかで味気も素っ気もなく、写真は没にしました。人間が作るものが文化なのですから、「垢」がないと不自然なのです。デザイナーとしての私は全く無力ながらも、こうした「垢」の部分を復活させていきたいと思ったりしています。

| イノテツ | 2013/03/06 03:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1272-31c906c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT