きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【鉄ヲタとアウトドア】中央本線と高柄山(2)

どうでもいいことだが、私は2ちゃんねらーである |∀・) 2ちゃんねらーというと内弁慶で、常に「タヒね糞が」とか吠えている印象だと思うが、実際はそういうのばかりではない。今日の私の書き込みはこんなだ。

395 :名無しさん@13周年:2013/03/18(月) 20:30:27.99 ID:202DJTv60
>>384
>>346のソースによれば、
内外薬品と桶屋が直接取引して製造を続けるみたいだぞ。
俺も、私物として5年使ってるけど傷まなくていい。
今後も買えると思うし、おすすめできるよ。

で、「>>346のソース」というのはこれなわけだが、つまり、銭湯でおなじみのケロリン桶の会社が破綻したというニュースのスレなのだ。ヤフオクの相場が急上昇しているという流れになったので、慌てるな、という意味合いで書き込んだ。今回破綻したのは、内外薬品と桶屋を取り持っていた会社らしい。

DSC_5176_20130318213738.jpg

♪ケ〜ロリン ケ〜ロリン あ〜おぞら 晴〜れた空〜♪
この歌を知っているのは年寄りの証拠だとかいうが、子供の頃、家族で車に乗っていると、カーラジオから流れていたことを鮮明に思い出す。製造は続けられるというものの、やはり時代の流れを感じさせられて、寂しいニュースだ。私もこの桶を、大事に使い続けようと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5054_20130318215625.jpg

さて、前回は、山道を登り始めたところまでだった。冬山といえば、即遭難というイメージがつきまとうが、低山は、冬から初春こそがベストシーズンだ。山の南面を行くコースを選べば、雪や凍結の心配も少ない。鉄道の俯瞰撮影を狙う場合にも、南面のコースが順光となる。
冬枯れで展望は開け、冷たい空気と柔らかい日差しが混じり合って実に気持ちいい。これで花粉の問題さえなければなおいいのだが('A`)

DSC_5057.jpg

このコースは、生活の道として古くからあるものなのだとか。ここは「御座敷の松」の辺り。かつて、ここで武田信玄が休んだのだという。もっとも、松そのものは平成15年に植え替えられたばかりの若木なのだった。そして、生活道であることの証しであるかのごとく、並行して林道新設工事が進行中('A`) こうして見ると、在来線と新幹線の関係のように見える。この林道ができても、この登山道は存続できるのだろうか。

DSC_5058_20130318215626.jpg

ほどなく大丸山山頂に到着。高柄山は低山ながら、前衛峰を経由しながら登ったり下りたりしなければならない。これから行く道のりをこうして見渡すと、遠く感じてはなはだ鬱だ。2年振りの登山、体力以上に気力が衰えていた_ノ乙(、ン、)_

DSC_5065_20130318215626.jpg

だが、鉄道俯瞰撮影のハイライトは、まさにこの経路にあるのだった。
うををっ、大展望キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!とばかりにカメラを構えれば、スカ色の115系が眼下を行くではないか。
おお、体に力がよみがえってきた(`・ω・´)シャキーン

DSC_5066.jpg

さらに、場所を変えて撮ったのがこれ。長野色ではあるがこれも115系。終焉が近づけば、気分的にも無難な写真しか撮れなくなっていくわけで、こういう贅沢な撮り方は今のうちだ。ていうかここ、俯瞰の本に入れてもいいネタだった。あのときは版元の意向で、いいポイントを諦め、無理のあるポイントを入れたりしていた。中央線ネタは他にすでにあったので、結局は没になったことだろう。(つづく・イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタとアウトドア | 22:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああ、あの桶、持っていらっしゃるんですね。
ケロリンの歌、私も知っていますが、ケロリンって、鎮痛薬でしたっけ?
2枚目の写真、いい雰囲気ですね。
こういうのを見ると、再び、ああ、山、歩きたいという思いが再燃してしまいます。

| タラ坊 | 2013/03/19 16:09 | URL |

タラ坊さん

ケロリン桶、風呂のある現在の部屋に越してきたときに、銭湯気分を味わえるようにと東急ハンズで買ったのです。破綻の件で急に話題になりましたが、もともと人気があり、市販品を所有している人は意外と多いようです。現在は品薄状態らしいですが、また普通に販売されるようになるでしょう。

山歩きは後で振り返るといいものなのですが、特に今回は気力の衰えが露呈し、辛い行程となりました。鍛え直していくしかありませんね。

| イノテツ | 2013/03/22 11:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1275-df0221be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT