きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海へ続く道

部分的に日焼けしている、いわゆる「土方焼け」を解消すべく、海に行ってきた。
といって、片瀬のような猥雑で喧騒の坩堝と化したようなところは敬遠したいので、どこか静かなところはないかと思い、以前「散歩の達人」の横須賀・久里浜・三崎特集で、「穴場海岸」として紹介されていた三浦半島の大浦海岸北部というところへ行ってみることにした。
大浦海岸には大浦海水浴場というのがあるのだが、紹介されていたところはそこと少し離れているようだ。
京急の三浦海岸駅から剣崎行のバスに乗って、松輪というところで降りる。
バス停そばにコンビニとガソリンスタンドがある以外、周囲は一面の畑が広がっており、その先に海が見える。

大浦海岸 3

畑はスイカ畑らしく、もう収穫が終わっている。
対岸に房総半島が見え、ちょこんと突き出ているのは多分鋸山だろう。
「散歩の達人」のガイドにしたがい、国道から農道のような道に入り、畑の間をひたすら歩くこと約30分。
樹林の先に海が見えてきた。

大浦海岸 1

バス停のところに海水浴場方面を示す道標はあったものの、当然ながらこちらには道標はない。だから、この道の先に海があるなんて、地元の人以外わからいだろう。そう思ったものの、来てみれば、釣り人も含めて結構人がいる。それでも、海の家などというものはないので、その辺の木陰で着替えるしかなく、トイレもやはり、その辺の木陰でワイルドな行為をするしかない。

大浦海岸 2

この岩場の右手は狭い入江状になっている。この辺りは随所にそうした狭い入江があるので、海岸沿いに歩けばひと気のないところもあるだろうが、暑いのであまり歩き回る気がしなかった。
鉄道ブログで全然鉄道が出てこないのもいかがなものかと思うので、先日、例の「大和ついでの江ノ電散歩」をした際に腰越の浜で撮ったものを貼り付け、お茶を濁しておくことにする。

腰越 (2)

しばらく、パソコン上に写真が取り込めない状態が続いていて、デスクトップに保存した写真やスキャンした画像、PDFも開けなくなってしまったので、テクニカルサポートに電話したところ、有効期間が過ぎているということで遠隔操作で復活の操作をしてくれた。
遠隔操作でこちらのパソコンのデータが見られてしまうのはちょっと怖い感じもするが、でも、また写真が取り込めるようになってよかった(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 11:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお海ですねえ。2枚目あたり、夏の雰囲気がすごいです。私も、ビーチパラソルがひしめき合うような砂浜は勘弁ですね。こういう静かなところで、何もせずにしばらく過ごしてみたいものです。
そういえば、今年に入ってから海を見ていません。旅に出るには、金とヒマが要ると以前から思っていましたが、今はそれ以上に健康が必要だと痛感しています。世間のお盆休みはそろそろ終わりでしょうか。全く23区を出なかったのは初めてのことです('A`)

| イノテツ | 2013/08/16 17:42 | URL |

私の場合、例の「大和ついでの」が今年も何回かあったので、結構海を見ていますが、海のなかに「入った」のは、これがはじめてでした。
13日からのお盆休みも今日でおしまいで、明日からまたパート仕事が再会します。

| タラ坊 | 2013/08/16 19:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1296-7d0ae986

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT