きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の終わりに関東鉄道常総線(3)

原爆漫画『はだしのゲン』は、小学生の頃、学級文庫に置いてあって読んだ。被爆とその直前直後を描いた部分に限れば、間違いなく名作である。だが、全編を覆う違和感は、あの当時からあった。それは、政治色の濃さによるものだったのだろう。
この作品の「表現」に問題があるとして閉架措置をとろうとした島根県松江市教育委員会の対応が波紋を呼び起こした。ところが残念なことに、この「表現の問題」が何を表しているのか不明確なまま、議論は進んでしまった。グロい絵柄があるからか? そうではない。
『はだしのゲン』は、「週刊少年ジャンプ」で前半部分の連載が終わると、後半部分の連載を日教組や共産党系の雑誌に移した。ここで、作品は自虐史観に基づくフィクションに変質してしまったのだ。問題視されたのはこの部分のことなのに、そこを覆い隠したままの議論や報道は卑怯だった。
結局、閉架措置は取りやめとなった。だが今回、この作品が日教組御用達であることが周知となったし、特別扱いされ、学級文庫に置いてあった理由もこれでよく分かった。私は社会科の教員免許を取りながら教師にはなれなかった人間だ。だが、子供に政治的なことを、ましてや嘘八百を吹き込むのは大人の責任としておかしくないかと強く思う。子供には、政治色の薄い映画版やドラマ版を見せればいいと思うが、それでは駄目なのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【前回までのあらすじ】
関東鉄道常総線に旧型キハを撮りに来たが、筑波山が霞んでてイマイチだ('A`)


私の実家があるのは茨城県南の某TM市。旧筑波郡の最南端辺りだ。世界遺産となった富士山では、山梨側と静岡側、どっちから見るのが正面かという、余所者にしてみれば比較的どうでもいい論争が続いているが、似たようなことを、ここ下妻で感じていた。常総線の線路の向こうに聳える筑波山。

DSC_9289.jpg
(これは別の日に撮った写真)

「違う…形が違う!」
私が幼い頃から見て馴染んできた筑波山とは違って見える。見る角度が違うのだから当然なのだが、どうもこれに馴染めない。
筑波山は「男体山」と「女体山」という2つの山頂を持つ、いわゆる双耳峰(そうじほう)だ。この2つの山頂は東西に並んでいて、実家の辺りからはそれを真南から眺めることができる。私はこれを筑波山の正面だと思ってきた。下妻のこの場所は山頂のほぼ真西なので、2つの山頂は重なって見える。
「そうか、これは筑波山の側面だ!」
私の中で勝手にそう判断したが、下妻の人に怒られるかもしrないね |∀・)
そして、旧型キハ通過の時間に向けて、順調に湿度は上がり、山は霞んでいった。私が撮り鉄に出かけると、まあだいたいこういう経過をたどる。雲を呼ぶことにかけては超能力者のレベルだ('A`)

DSC_9663.jpg

あ〜あ、こんなザマですよ、残念至極。のっぺり平らな茨城の風景の中に、形はどうあれ、筑波山は重要なアクセントだ。これをもっと綺麗に撮りたい。再訪を期してこのポイントを離れた。

DSC_9720.jpg

大宝駅を過ぎ、出発点にした騰波ノ江駅に戻った。駅周辺にも撮りたいポイントはたくさんあったが、そういうのも次回以降に持ち越しだ。守谷行きに乗り込み、帰りの途につくのだった。
予報よりも天気が悪く、撮れた写真の多くに不満が残ったものの、「次こそはここで!」というポイントをたくさんみつけた。そういう意味では収穫の多い1日だった。(イノテツ)
スポンサーサイト

| ローカル線紀行 | 03:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1枚目はいい写真ですね。
でも、筑波山というと双耳峰というイメージがあるので、
えッ、これが筑波山? と思ってしまいました。
もっとも、富士山も山梨県側と静岡県側では違った見え方をするようで、両県のひとたちは、どちらも、こちらから見る富士山が一番と言っているそうです。

| タラ坊 | 2013/09/16 08:13 | URL |

ここはいい場所でした。筑波山の形について熱く語る鉄ヲタというのは残念ながら極めて少数派、大抵は、構図の中にいい感じに入る山であればなんでもいいわけです。とはいえ、そういう、どうでもいい部分にこだわるのが趣味の楽しみでしょうね。
富士山の正面がどこか、結論を出していけない論争だはと思いますが、私個人は山梨側から見たほうが締まっていて好きですね。もっとも、国内外の人がより多く見て、また魅了されてきたのは、間違いなく静岡側からの優美な眺めでしょう。

| イノテツ | 2013/09/17 09:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1304-cd6f8c5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT