きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

社の街・道後

都知事選挙の公示が近い。またかよという印象だ。猪瀬前知事は嵌められたんだろうな。徳洲会の問題がやけにねちっこく報道されるなと思っていたら、布石だったとは。猪瀬さんを嫌う人は多いだろう。そういう意味でもマスゴミは怖い。平気で大臣に一服盛ったりするしな(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
学者のあの人を当選させるのが、徳洲会から続くシナリオだろう。私は絶対にイヤなので、ゴミから徹底的に泡沫扱いされているあの人に入れようかと思う。私は何度かデモに出たことがあるが、全てこの人のだった。何千人集まろうと、ゴミにはスルーされたものだった。ゴミを敵に回して勝つことは、正直難しい。死に票になるだろうが、まあ仕方あるまい('A`) これを機会に政策やら演説やらの勉強をして、次の参院選挙を目指してくれたらと、個人的には思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

道後といえば温泉の街。有名な本館を中心に、温泉宿が林立している。まあ私は宿を取れるような身分ではないし、ひたすら本館の「神の湯」にしか入ったことがない('A`) 幼い頃、父に連れられて行ったのが初めてで、やたら広くて熱いことばかりを記憶していたが、20年以上して再訪すると、思いのほか狭くて驚いたものだった。
ところで、「神の湯」という名前は、だてについているのではない。前回、「玉の石」の話で終わりにしたのだが、むかーし昔、少彦名命(すくなびこなのみこと)という神様が旅の途中で病気になり、湯治をしたのがこの温泉だったのだという。全快した神様は、この玉の石の上で踊った。そんなことで、石に温泉の湯をかけて祈ると、病気平癒に霊験あらたかなのだという。

DSC_1055.jpg

本館の裏は冠山という名前の丘になっていて、階段を登っていくと山頂・湯神社の境内になる。本館をはじめ、道後の街や松山市街を一望できるところだ。神社の主祭神は、当然少彦名命である。式内社で、旧社格は県社。湯上がりにお参りすると気持ちいいだろう。

DSC_1062.jpg

地図で見ると、伊佐爾波(いさにわ)神社が隣接しているが、一旦冠山を下り、改めてこの長大な石段を上る必要がある。非常にいけずである('A`) こちらもまた式内社で、旧社格は県社。どちらかだけをお参りするというのもなんだか気分がすっきりしないので、ひいひい言いながらこれを登るのだった。穂高岳や槍ヶ岳に登っていたのは数年前だが、人の体とはかくも簡単に衰えるのだ_ノ乙(、ン、)_

DSC_1071.jpg

石段を上り切ると、この展望が待っている。松山城と道後温泉駅、引き上げ線を行き来する電車も見える。瀬戸内海はチラリズム程度だが、昔ならもっと壮大に見えたことだろう。石段を上った人たちは必ずここで振り返り、その視界に満足するのだ。

DSC_1074.jpg

などと、いつまでも社殿にケツを向けて眺めに見入っているのもアレなので、しっかりお参りしていく。手水舎で心身を清めるのが習わしなわけだが、この案内を、全国の神社で見る気がする。女の子が無駄にかわいい。そしてどう考えても衣装が場違いw どうしてこれが全国に広まっているのかは知らないが、なぜか不思議な安心感を覚える。

DSC_1102.jpg

参拝後、次の目的地に向かうため、松山市駅行きの電車に乗り、終点で下車。するとどうだろう、朝方の雨はすっかり上がり、きれいに晴れてきた。ご利益か? ご利益なのか?
市駅前は、市内電車をとるのには絶好のところ。坊ちゃん列車の機関車が回転する場面も、道後より間近で見ることができる。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄道と神社仏閣 | 01:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私は都民ではないので投票できませんが、もし都民だったら、多分あの人にいれるだろうという人はいます。それが誰であるかは秘密ですが……。
以前鎌倉へ走りに行った帰り、横浜から乗って来た女性グループ3人が4人がけボックス席の残り3つに座り、盛んに、どこか旅行行きたいねと話していて、その候補のひとつに道後が上がっていました。海外のリゾート地が次々とあがっていくなかで、どうしてそこで突然道後が出てくるのか理解できませんでしたが、それはともかくとして、話を聞きながら(別に聞いていたわけではなく、耳に入って来ただけですが)道後へ行きたいというより『坊ちゃん』を読み返したくなりました。
3枚目の写真の、鳥居の先に電車が走っている風景、いいですね。こういうの好きです。
しかし、神社とかお寺というのは、どうして長い階段を登っていかないといけないところが多いんだろうと思います。息を切らして登りきることで、それだけ有難味を増すということもあるのかもしれません。

| タラ坊 | 2014/01/18 11:07 | URL |

タラ坊さん

都知事選は、事実上、学者とご隠居の争いになるでしょう。私はどっちも断じてイヤです('A`) こんなんだったら猪瀬さんの方が良かった…。死に票承知であの人に入れますが、一連のマスゴミの所業は万死に値します。
今、女性が道後に興味をもつとするなら、「坊ちゃん」より「坂の上の雲」が動機なんでしょうね。実際、松山はいい街です。墓参りにかこつけて毎年通うくらいいい街です。特に食い物はなんでも旨いので、あそこの人たちへの土産物には毎度困ると母も申しておりました。
寺社が山の上にあるのは、参ることそのものに修行の意味があるからでしょうね。エスカレーターがついていれば便利なのに一向に整備されないのも、そういうことでしょう。あれ、でも江ノ島にはありますよね。やっぱりあれは邪道ということでしょうか。

| イノテツ | 2014/01/19 01:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1326-dd1dd4e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT