きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雪の日の都電2014(2)

強い風雪は、慣れない者にしてみれば吹雪と呼んでいいほどのものだった。持っていたビニール傘は早々にぶっ壊れたので2つにへし折り、カメラバッグに突っ込んだ。ここからは傘なしでの撮影だ。もっとも湿り気の少ない雪なので、大して濡れることはなかった。

DSC_1841.jpg

都電沿線に雪が降ると、やはり向原〜鬼子母神前間を撮りたくなる。道路新設に伴い、併用軌道化される区間だ。アップダウンとカーブを繰り返すこの区間は線形も非常に魅力的だ。沿線の立ち退きはほぼ完了し、昭和の残り香は微かになったが、専用軌道時代の最末期の、しかも貴重な雪景色を味わった。

DSC_1847.jpg

以前、俯瞰の本のときに紹介した千登世橋だが、冬で街路樹の葉が落ち、ちょっと違う構図で撮ることができた。橋についている階段で、下に見える明治通りに下りられる。傍らを、女性が一人、手すりに摑まりながらおそるおそる下りていった。階段も半ば雪に埋もれていた。私は登山靴を履いてきていたので、こういう処でも楽だった。

DSC_1886.jpg

面影橋は、その名の美しさに反して実にしけた橋である。桜の時期くらいしか足を向けることもないが、これだけ雪が積もれば、絵的に面白くなっているかもと思い、橋の中程から見たのがこの光景である。おお、これは花以上に綺麗くねえか♪ 暗いわ寒いわで通行人はわずかだったが、みんな足を止め、中には記念写真を撮る人もいた。

DSC_1893.jpg

予想通り、雪の積もった面影橋と都電を合わせた構図はなかなか良かった。しかも、ここで再び7001。そう、こうして小さめに側面から、しかも多少ブレをつけて撮った方が絵になる車両だ。

DSC_1937.jpg

手がかじかんでカメラの操作がおぼつかなくなってきたので、面影橋電停から電車に乗り、大塚まで戻った。この、ホープ軒と電車を合わせる構図は前もやったが、雪があると全く雰囲気が変わって驚く。店から吹き出す湯気が目立って一層味がある。とにかく寒いのだ。この後ホープ軒のラーメンで温まったのは言うまでもない。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 16:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どれも絵的にいいですね。
特に面影橋、いいです。
おっしゃるように、名前のわりに橋自体は桜の季節以外は絵になるようなものではないのですが、雪もいいなぁー。
夜景もいいですね。ホープ軒の湯気も、会津のおまんじゅう屋の湯気同様、いかにも寒そうな景色のなかで利いています。
梅が咲き始めてきているというのに、雪の日以来寒いですね。早く温かくならないかなぁーという思いしきりです。

| タラ坊 | 2014/02/12 16:22 | URL |

タラ坊さん

寒いですね。私はこの撮影でまんまと風邪をひき、「早めのパブロン」の薬効も、症状の悪化に押し返されている感じです('A`) 今週末もまた雪だとか。まだもうしばらく寒いでしょうが、関東の冬は晴れているのが基本です。それが崩れてきているのが、春の予感だったりもします。
ホープ軒の写真は、個人的に気に入っています。湯気は常に出ているわけではなかったので、電車とのタイミングが合わずに、かなり粘りました。

| イノテツ | 2014/02/13 04:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1332-8bc5228d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT