きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大雪の都電・未明の試運転

東京は、先週に続いて20年ぶりの大雪だ(わけわからん表現だな)。私の部屋は、急な階段を上った3階にある。隣にもう1部屋あって、そこの住人には小さい子供がいる。滑って落ちたら痛いでは済まないから心配だ。大家さんは高齢で無理を言えないことでもあり、入居以来、ひたすら私が階段や路地の雪をかいている。ああ過労と腰痛が悪化する_ノ乙(、ン、)_ しかも生来の照れ屋なので、こういう作業も人に見られないように、夜にこっそりやる。それで、どうやら雪をかいているのは隣の子供の親ということになっているらしい。まあ実際、そう考えるのが自然だろう。誰がやろうが、安心して歩けるようになるならそれでいいのだが、四十路の一人暮らしには偏見がある。それがこの話の要旨だ('A`)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしても天気予報には大嘘をこかれた。こんなことなら、明るいうちから撮影を始めとくんだった(そういう意味かよ)。実際には打ち合わせが2件あり、外を歩き回っても撮影どころではなかった。また、鉄道だけが趣味というわけでもないので、雪の写真とか撮ってるうちに微妙なロマンスも絡み、鉄の撮影に入った頃にはすっかり夜だった。この辺の写真は今後小出しにするとして、今日は大雪と都電の夜の話だ。

DSC_2089.jpg

深夜、いつものように飲んだくれていると、外の様子が天気予報と違うことに気付いた。20年(あるいは45年)ぶりといわれた先週の雪の勢いをしのぐレベルで積もっているし、降雪の勢いも半端ない。これを朝まで放っといたら、都電は動けんだろうなとネットでググると、果たして非営業の電車が動いている。都電ヲタは、日頃、こういうのをチェックしてるんだよ |∀・) お、7029号車がこっちに向かっている! 目の前の酒が無駄になるのが心残りだったが、早速着替えて見に行くのだった。
写真のように、線路は完全に雪に埋もれていた。これだけの図を見たのは初めてだった。新庚申塚電停で待ち構えていたのだが、予想の時刻を過ぎても、7029はなかなか来ない。もしかすると飛鳥山に行き着く前に明治通りで立ち往生しているのか? 雪道を飛鳥山へ向かうことにした。深夜の風雪、都電沿いの道はほぼ新雪だ。気象庁発表と実際は違うわけで、吹き溜まりの積雪は40センチを超えていた。過労と腰痛を抱えながらも、そこをガシガシ進んでいく。雪山登山の経験もあるので、雪道には慣れている。夏の生ける屍っぷりと比べて、この、冬のバイタリティは何だろうか。以前、前世占いで「リトアニア人」と出てなんだそりゃと思ったものだったが、あながち間違ってないのかもしれない。

DSC_2105.jpg

滝野川一丁目電停付近まで来た。電停の西側は坂道になっており、ここにさしかかる車が次々立ち往生していた。大した積雪にはならないという予報を信じたせいだろう。天気予報のあてにならなっぷりは近年際立つが、おそらくは、これまでの統計通りに天気が推移しないせいなのだろう。この大雪も、異常気象の一環と見ていいのではなかろうか。

DSC_2107.jpg

飛鳥山まで行くつもりだったが、ここで7029に遭遇。先週同様に電停の除雪を兼ねているのかと思ったが、速度を落としながら電停を通過していった。

DSC_2118.jpg

電車が通り過ぎると、埋もれていたレールが現れた。こうして見ると単線のようだ。ラッセルの役目を担っているのだろう。都電にはアタッチメントのスノウプラウがあり、大雪のときには7000形7022号車にこれを取り付け、ラッセル車として走ることになっている。しかし、これだけの雪が降ってもラッセル車は動かなかった。以前、ラッセル担当が6000形6152号車だった頃は、これより緩い積雪でも出動していた。機械的なことはよく分からないが、7000形はラッセル車に適さないらしいと聞く。今後、都電にラッセル車は走らないのかもしれない。
写真のように、電車は電停よりも駅間で長く止まり、何か作業していた。何をしていたのかは分からない。だが、その進行の遅さのおかげで、新庚申塚まで7029を追跡することができた。

DSC_2145.jpg

今回は線路の除雪が優先され、電停の除雪は後回しになったようだ。それだけ余裕がなかったわけで、先週の雪を上回る勢いだったことが感じられた。(イノテツ)

スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 02:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

またまた降りましたね。前の雪が溶けずに残っているうちに、その後も数回の積雪が、というのは過去にもありましたが、今回は積雪量が半端ではなく、甲府では1mを越えたとか。
昨日は電車で都内へ向かう途中、車窓を眺めながら、東京もすっかり雪国になってしまったなと思いましたが、道路は雪の後の雨でべちゃべちゃのシャーベット状態になっていました。
旅先で見たり降られる雪はいいですが、生活の場では、もう雪はいいという感じになります。
早く春にならないかなと思います。

| タラ坊 | 2014/02/16 11:00 | URL |

タラ坊さんは、夏の方がお好きのようですよね。私は、冬の方が好きです。まあ、比較的体がしんどくないからとかいう、極めて情けない理由ではあるのですが('A`) 雪も大好きで、体さえ悪くなければ、雪かきなんかも喜んでやってしまうクチです。雪への嫌悪感がないあたり、私の前世は北国の、かつ豪雪地帯ではないところなのでしょう。
前も書いたと思いますが、関東に雪が降るのは、冬型の気圧配置が緩んでいる証拠で、春近しを告げています。寒いわ大雪だわでにわかに信じられませんが、これも地球温暖化のなせる業のようで、それを思うと、私あたりは今から夏の暑さを予感して鬱になります。

| イノテツ | 2014/02/16 16:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1333-b3ef7997

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT