きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

快速みえで行くお伊勢参り(2)

DSC_2548.jpg

都内では桜が満開だ♪ 毎年、癖のように上野公園に行く。もっとも、ここでは人と酒の宴を催すよりも、一人で本当に花を見ていることの方が多い。今年もそうで、この後、酒の宴のためにわざわざ移動した。基本、やかましい場所での酒は苦手だ。
公私ともに慌ただしい毎日がもうしばらく続く。せめてこうして花を見ているときくらい、余計なことを忘れて心を休ませたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【前回のあらすじ】
新幹線と参宮線を乗り継いで、伊勢市駅に着いた。近鉄もいいけどJRもね♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「伊勢神宮」とは、内宮・外宮をはじめとする神社群の総称であるわけだが、最低限、内宮と外宮だけはお参りしておきたい。外宮〜内宮の順にお参りするのが慣例で、今回の天皇皇后両陛下のご参拝もそれに沿われた。神宮の正面玄関は近鉄の宇治山田駅だが、そういう意味では、伊勢市駅で下車した方が効率がいい。駅から外宮まで、歩いても10分とかからない。

DSC_1694.jpg

伊勢市駅は勝手口みたいなものだろうか。とはいえ駅はリニューアルされ、3年ほど前に来たときと比べると、すっかり神宮への玄関といった体裁を整えていた。
今回は、当地に出張に来ている友人と合流することになっており、約束までの時間で周囲をうろつくことにした。伊勢市駅に隣接して伊勢車両区がある。ここを覗いてみた。

DSC_1557.jpg

国鉄一般色に無理矢理塗られたキハ40。当初は違和感ありまくりだったが、なんだか大分慣れた。手前にはターンテーブルが健在だ。普段使うことはないだろうが、イベントでSLを走らせれば人気が出るだろう。近鉄に対抗するには、こっちの方向しかないだろうとも思う。

DSC_1559.jpg

注目すべきことに、方向幕が「伊勢奥津」になっていた。災害によって名松線の家城〜伊勢奥津間が運休になってから5年になる。一時はこのまま廃止かともいわれたが、ようやく復旧工事が始まった。再開にはまだ時間がかかるようだが、この方向幕が「未来」を見せてくれているようで嬉しかった。

DSC_1599.jpg

駅前に戻る。内宮・外宮方面へは三重交通のバスが結んでいる。かつてはこの区間を、同社の路面電車が走っていた。このキワモノバスは、それを模したものだ。お伊勢参りに路面電車とは、昔の人はいい思いをしていたものだ。しかし、現在の道路混雑を見れば、電車の定時運行は不可能だし、といって道路拡幅も難しそうな現地の環境がある。街の魅力を削ぐのはいつでもモータリゼーションだなあと、例によってそういう結論に至るのだった。(つづく・イノテツ)
スポンサーサイト

| ローカル線紀行 | 15:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

桜が満開になりましたね。
合わせていろいな花が咲きだして、ああ、どこか行きたいという思いが募りますが、しばらくはどこへも行けそうもありません。
伊勢と高野山、四国八十八ヶ所は、生きている間に1回は行きたいところです。

| タラ坊 | 2014/04/01 17:08 | URL |

タラ坊さん

パワースポットという言い方はちゃらくて嫌いなのですが、つまり霊場のことなんですね。本来は金運だの恋愛運だのの現世利益を求めるのではなく、魂の浄化や救いを求めて足を運んだのだと思います。とはいえ江戸時代あたりからは娯楽要素が増えました。せっかく四国を巡っても一向に人格の向上が認められない某政治家の如く、金と時間をかけてお参りしても、本人の動機に不純なものがあれば意味がないのでしょう。
忙しいとき、遠くの寺社にお参りはできなくても、近所の氏神様にしっかりお参りできれば、まずは充分なのではないかと思っています。

| イノテツ | 2014/04/01 23:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1339-a91e8a8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT