きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

快速みえで行くお伊勢参り(3)

繁忙期も一区切りとなり、この2年ほど、常に4〜5件ほど同時進行していたのが、今は2件。しかも原稿が来ないので作業ができず、故にヒマだ。ところが、ようやく自由にできる時間がとれても動く気力がわかない。ほとんど休みなしで突っ走ってきた反動だろう_ノ乙(、ン、)_
昨日はラーメン屋で、食い終わった丼をカウンターに上げようと立ち上がりかけてふらつき、そのまま倒れてしまった。過労のくせにラーメンとか食ってるせいじゃないのかと思ったので、今日は蕎麦にした。倒れなかった |∀・)
何もせず、無為に過ごす時間に罪悪感みたいなものを感じても、ここは自分を許し、心身を癒すのを優先させたい。鉄の遠征が再開できるのはもう少し先になるだろうなと予感している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【前回までのあらすじ】
快速みえで伊勢市駅に着いた。現地で友人と落ち合うまでの間、周囲を徘徊した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お伊勢参りネタは3年ほど前にもやったことでもあるし、実は微妙に仕事も兼ねていたので、今回は内宮と外宮の画像は端折ろうと思う。
まあいろいろあり、現地で落ち合った友人と、内宮・外宮を2回ずつお参りすることになった。私は昨年末以来、ご朱印帳を携えて各地を参拝している。お札は1年経てばお炊き上げになるのだが、ご朱印ならば参拝の記念としてとっておける。また、目の前で書いてくれるので有り難みもある。これは前からやっておけば良かったなあ。

DSC_1663_201404011449218ac.jpg

で、伊勢うどんである。ルーツを四国にもつ私にしてみれば、( ´,_ゝ`)プッてなもんである。父も亡くなる数年前に参拝ついでに賞味し、「噂通りのまずさだった。うどんはやっぱり四国」と言い残しているw だが、愛知がルーツの友人は私のその態度が気に入らない。「おまえ、食ったことあるのか」「ないw だからさ、食いにきたんだよ」。
入ったのはカウンターのみの小さい店で、厨房の様子がよく見えた。衝撃だったのがこの図。小鍋に沸かした湯の中にゆでうどんの玉をぶっ込み、ひたすらぐつぐつ煮込むのである。げげぇっ、確実にドロドロになるだろこれ('A`)

DSC_1665_20140401144953605.jpg

で、出てきたのがこれ。おおっ、汁がない! かきまぜて、タレと絡めて食うのが流儀らしい。なるほど、ぐつぐつ煮込んだのは、表面を煮崩してタレを絡めやすくするためだったのだ。うどんだと思って食うと面食らうが、先入観を捨てれば、ジャンキーな感じが後を引く。「意外と旨いぢゃねえか」「だろ?」私の反応に、友人も溜飲を下げたようだった。

DSC_1688.jpg

一連の参拝の最後に友人に「穴場だぜ」と連れられて参ったのがここ茜社(あこねやしろ)。外宮の宮域内ながら、伊勢神宮には属さないらしい。外宮の喧噪を勾玉池の対岸に眺めながら、心穏やかになれる空間がここにあった。

DSC_1700.jpg

思いのほか伊勢でゆっくりしたため、夕方になってしまった。帰りは近鉄でとホームまで下りたが、それだと友人が持っている名古屋からの新幹線指定券の時刻に間に合わないことが判明。しかも、友人の現地での仕事は完全に終わったわけではなく、電話連絡などをしまくっていた。

DSC_1705.jpg

一方の私は気楽なもんで、こんな写真を撮っていた。近鉄のホームから見るJRは、より伊勢っぽくていい雰囲気だった。
JRの方が列車は少ないが、すぐに快速みえ22号が出ることが分かった。これに乗れば新幹線に間に合う。友人にとって参宮線は初体験。キハ75のステンレスボディは気に入らないまでも、車内の転換クロスシートや、近鉄とは異なる渋い車窓に旅情を見出したようだった。
名古屋で、私も友人に合わせた指定を取り、無事帰京。慌ただしいながらも、濃い一日を過ごすことができた。(イノテツ)
スポンサーサイト

| ローカル線紀行 | 03:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やっと、時間に余裕ができたようで何よりです。
しばらくはのんびりなさってください。
私のほうは、やっと溜まっていた仕事に手が付けられるようになってきたというところです。
伊勢にも行きたいけれど、もっと近場でもいいので、どこか行きたいなあという思いしきりです。
伊勢うどん、美味しそうですね。

| タラ坊 | 2014/05/14 17:53 | URL |

タラ坊さん

余裕ができたのはいいのですが、それというのも原稿がすでに1週間以上遅れているからなのです。どうせケツは変わりませんので、またこっちにしわ寄せがくる流れ、やれやれです。

うどんの旨さというのは、基本的につるみとコシではかられると思います。伊勢うどんでは、この2つが徹底的に排除されているため、一般にまずいと評されます。とはいえ例えば昔、駄菓子屋で買い食いしたカップラーメン、そのものは相当まずい代物にもかかわらず、雰囲気込みで旨かったものです。伊勢うどんも、現地で食ってこそ、という部分が大きいでしょう。
日本人なら、一生に一度はお参りしたいといわれる伊勢神宮ですが、神社そのものは全国津々浦々にあります。道すがら、偶然見つけた神社に引き込まれるようにお参りするのもいいのものですね。

| イノテツ | 2014/05/15 05:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1344-4c4b7dd0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT