きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

眠る線路

後輩と飲んでいて、彼の同僚のことで愚痴られた。
「『確かにミスをした。だがしようと思ってしたわけじゃないから俺は悪くない。非難するおまえらが悪いんだ』とか抜かすんですよ」
「そりゃ確かに通用しない論理だよね。明らかに基地外だわ」
やがて、話題が朝日新聞の例の大誤報の件に移った。検証記事以降、意固地になる社風がもろに噴出して、一層叩かれている。気に入らない広告は掲載を拒否(後に伏せ字入りで掲載w)し、池上彰氏の批判的なコラムも拒否(池上氏に連載打ち切りを通告されてへたれたが)。朝日は、言論の自由を最も大きな声で叫んでいたのではなかったのか。ギャグと呼ぶにしても質が悪すぎる。で、話は元に戻るのだった。
「なーんだ、朝日は、君の同僚と同じじゃねえかw」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏が苦手だ。暑いのが苦手だ。特に近頃は、夏の日差しに生命の危機すら感じるので、一層引きこもりの度合いが深まった。故にネタがない('A`) ここのところは涼しくて助かるが、それでも日中の外出は控えている。今回のも、未明の徘徊で撮ったガラケー写真である。

20140905002740.jpg

深夜、列車が来ない線路を眺めているときの妖しい気分が好きだ。街灯や月明かりに照らされるレールの光が好きだ。

20140905003011.jpg

レールの光を追いかけるようにして歩いていき、深夜の徘徊が長引いたりもする。だがこのときは酔っぱらっていたので長く歩くのも面倒であり、せいぜいのところで帰ることにした。

20140905011506.jpg

駅前では、深夜になって動き出しているものもあった。工事である。駅前広場の地下に広大な自転車置き場を建設している。バス停兼タクシーだまりだった広場は、イベントスペースへと生まれ変わるらしい。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都会の鉄道 | 14:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昔、盛んに徹夜仕事をしていたとき、いつもラジオ(オールナイトニッポン)を聞いていましたが、そうすると、この時間、同じように起きている人がいて、ラジオを通してその存在が確認できて、何か安心するというと変ですが、そんな思いがしたものです。
ちなみに、その頃のパーソナリエィは中島みゆきで、最後にいつも「狼になりたい」をかけていて、「なんとかしようと思ってたのに」というような歌詞が妙に琴線に触れて、泣けたものです。
完全に朝になってしまうと、そんな感傷はどこかいってしまうのですが、なんにしても、深夜というのは不思議な時間です。

| タラ坊 | 2014/09/05 17:33 | URL |

タラ坊さん

常々団塊の世代が恵まれていると思うのは、その年齢時々に合わせた素晴らしい文化がついてきていたことです。ラジオもまた然りですね。私の世代になると「オールナイトニッポン」の勢いはすでに失われ、深夜放送のパーソナリティはアニメの声優とお笑い芸人ばかりになって辟易したものです。それでも、普通の人が寝ている時間帯に起きている人がいるという、勝手な連帯感みたいなものがあって、それが深夜の時間を楽しいものにしていました。
今調べましたが、「中島みゆきのオールナイトニッポン」は現在も月に一回だけ放送されているようですね。もっとも27時からという極めて深い時間帯なので、聞くには覚悟が要りそうです。

| | 2014/09/07 00:53 | URL |

都電関連のサイトをめぐるなかで貴サイトにたどりつきました。読みふけっております(笑)。

多くの美しく巧みな構図の写真、さりげない風景の切り取りに、自分が暮らしているこの沿線はそんなに魅力的な場所だったかとあらためて気づかされ、また驚かされています。何なのでしょう、これは。
今ではすっかり、目に映る日常風景がなんだか以前より素晴らしいもの、深みのあるものに変わってしまいました。イノテツさんをはじめとした皆さんのおかげです。

勝手ながら、お礼申し上げたく書き込ませていただきました。

| 都電沿線住人@北区 | 2014/09/09 02:13 | URL |

都電沿線住人@北区さん

ありがとうございます。今回の話では、きまぐれに都電沿線であることを伏せてみたのですが、沿線の方なら、大塚であることが一発でお分かりだったことでしょう。
都電の沿線には、他都市の路面電車にはない魅力があります。都心を通らないことによるリラックス感というか、敷居の低さというか、そういう雰囲気が醸されていて、そこに惹かれるのかもしれません。しかも、見た印象は、季節や天気、さらには自分の気分によって全く違ってきます。飽きせんね。
実は体調が思わしくなく、そのために更新の頻度が落ちてしまっているのですが、ゆっくりながらも続けていきたいと思っております。今後とも、ぜひいらしてくださいね。

| イノテツ | 2014/09/10 05:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1359-25cedbcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT