きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ススキが揺れるホーム〜鹿島鉄道・桃浦駅2014

DSC_8644.jpg

実家の庭に柿の木がある。庭のシンボルツリーである。後先考えずに枝が伸びる。人の手を加えないと自重で折れるんだそうだ。枝落としは父がやってきたが、今は私がやるしかない。体の弱い母にやらせるわけにはいかないわけだが、私も負けずに虚弱であり、一通り作業を終えるとヘトヘトだ_ノ乙(、ン、)_ 今年は、大した台風も来なかったせいか、たくさん実がなった。見た目は市販のものと何ら遜色ない立派な甘柿だし、実際旨い(ただし種はある)。もともと、母方の祖父がくれた苗木だった。祖父は奈良出身の僧侶であり、柿が好物だった。母もその影響なのか、「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の句が妙に好きだと言う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実家に帰ると、母とともにドライブに出かける。もっとも、私の運転がへたくそなこともあり、茨城県内を出ることはほとんどない('A`) 今回も、霞ヶ浦方面へのドライブだった。

DSC_9177.jpg

霞ヶ浦湖岸にある、鹿島鉄道・桃浦駅。美しい景色に変わりはなかった。こうして見ると、ブタクサもきれいなものだ。若い頃、ブタクサを採ってきていけたら大家さんに嗤われ、代わりに菊をもらったと母が語った。

DSC_9176.jpg

桃浦駅に列車が来なくなって7年が過ぎた。レールは剥がされたが、駅舎とホームは現在も遺されている。沿線では、「関東の駅100選」の1つだった終点・鉾田駅に並んで人気のある駅だった。残念ながら廃止前のこの駅で下りたことはなく、訪れたのは今回が初めてだった。

DSC_9180.jpg

もとより旅客輸送は芳しくなかった。航空自衛隊・百里基地への燃料輸送と、親会社である関東鉄道からの支援によって存続してきたのだが、その両方を失ってから廃止への動きは早かった。ひたちなか海浜鉄道と違って沿線自治体が複数に跨がったことも、三セク設立を妨げた。茨城県内では最も美しい沿線風景を誇る路線だったが、美しいだけでは鉄路は保てないのだった。

DSC_9178.jpg

駅が好きな母は、この景色に感激したようだった。線路がないのは残念だけど、風情があると。母はホームに揺れるススキを2本採り、帰宅後、玄関にいけた。玄関の雰囲気が一気に秋になった。単なるススキではない。桃浦のススキだ。風情のみならず寂寥感までが玄関に持ち込まれたように私には見えた。

基本的にレールは剥がされているが、踏切部分は遺されており、かつてここに鉄道があったことを伝えてくれる。
鉄道が廃止された後、沿線の人はどうやって移動してるのかと母が問うた。基本的には並行する国道355号線に代替バスが走っている。また、廃止された線路の一部は、アスファルトで埋めてバス専用の道になってるんだぜと蘊蓄を垂れておいた。「BRT」みたいなめんどくさい言葉は避けておくのが、非鉄ヲタへの気遣いというものである。一方で、代替バスになっても、かつて駅だったバス停では「小川駅」とか「玉造駅」のように、今でも駅と名乗ってるんだぜ、みたいな話しはした。そういう話は、それなりに興味深いでしょ? |∀・)

震災を経て、大船渡線や気仙沼線がBRTとなったが、BRTの先駆けとして、また同じく被災地の路線として、鹿島鉄道が参考になったであろうことは想像に難くない。震災によって、鹿島鉄道線の遺構は大きなダメージを受けている。仮に平成19(2007)年の廃止を逃れたとしても、震災を乗り越えることはできなかっただろう。あの時点での廃止が、傷口を広げない選択としては悪くなかったのかもしれないと、今は思う。…と、いろいろありつつも、往時の姿をとどめている桃浦駅は、ある意味奇跡なのかもしれない。

DSC_9189.jpg

帰宅する前に、国道6号に乗る途中で高浜に寄った。恋瀬川は霞ヶ浦に注ぐ川である。ここは河口付近。鉄橋で渡る常磐線の列車を見ることができた。やっぱり、鉄道は生きているのが一番だ。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 廃線、廃駅…時間旅行 | 17:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

美味そうな柿ですね。
柿は好きな果物のひとつです。
2枚目の写真に写っているのは、ブタクサではなくセイタカアワダチソウのようです。繁殖力が旺盛でほかの植物を駆逐してしまうところから、いずれにしても嫌われものの植物であることに変わりはありません。
桃浦駅、いい雰囲気ですね。
もうここに列車がこないのは残念ですが、そのことでかえって寂寞としたものが、より強く感じられてしまいます。
最後の写真も雰囲気があって、いいなぁと思いました。

| タラ坊 | 2014/10/27 18:46 | URL |

タラ坊さん

今年の柿は豊作で、いくつも食べました。かなりの部分は鳥に食われましたが、自然への分け前ということで、1つだけ収穫せずに残す風習の延長のように思っています。
ご指摘の通りで、正しくはセイタカアワダチソウですね。実家のあたりで一緒くたに呼ばれているのにならい、あえて間違いのままにしておこうと思います。おそらく、庭や農地を脅かすいまいましい存在への呼び方として「ブタクサ」の方が合っているからでしょう。
鹿島鉄道には2度行きましたが、純然たる乗り鉄だったため、起終点の石岡と鉾田でしか降りたことがありません('A`) 今にして思うと、実に勿体ないことをしました。また、最後の写真の高浜の辺りは、常磐線のこの区間の中でも特にローカル色が強まるところで、景色が美しいことで知られています。今回初めて訪れましたが、改めてゆっくり歩いてみたいと思いました。

| イノテツ | 2014/10/28 07:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1368-c1bbecee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT