きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最後から二番目の冬〜JR江差線・木古内駅

大阪都構想の是非を巡る住民投票、部外者ながら関心を寄せていたのだが、残念な結果に終わった。大阪府と大阪市という二重行政の解消が目的だったが、打破すべき既得権益が巨大すぎたのだろう。例えば、高齢者の反対票が際立って多かったのは、これまで受けてきた優遇の目減りを恐れたからに違いない。今回の投票の結果、引き続き無駄は垂れ流され続け、そのツケは高齢者ではなく、若年者が払うことになる。
そもそも、市を廃止して特別区に再編するという発想は東京市の例があり、新しいものではない。反対派は「大阪がなくなる」と感情論に訴えたが、特別区に再編された東京はなくなっただろうか。
これらのことは、自主的に少し勉強すれば分かることなのに、「よく分からないから反対」という有権者も相当数いたらしい。これはあまりにも残念なことだった。
東京の再編は戦時中、非民主的に行われたので多少の無茶もきいたわけだが、こうした改革を民主的に行う場合、悲しいことに、不勉強な有権者が足かせになってしまう。特に大阪の場合は闇が深すぎて、橋下氏ですら敵わなかった。だが、これが契機となって、他の大都市で改革が進むことになれば、今回の挫折も無駄ではなくなる。そうなると信じたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

氷点下の朝、電車通りを函館駅へ向けて歩いた。朝市は駅に隣接していて、人も多く熱気を感じる。実際に気温が高いんじゃなかろうか。毛ガニを買って実家に持って行こうと、中でも旨そうな湯気の出ている店で交渉した。今年は相場が上がってるとかでえらい値段だったが、その代わり、見たこともないくらい立派なカニを出してきてくれた。茹でて梱包するのに30分くらいかかるとのこと。「その間にラーメンを食いたいんですが」とお勧めを訊くと、近くの「函館らーめんかもめ」を紹介してくれた。

DSC_1104.jpg

せっかくなので、看板メニューらしい「かもめラーメン」を注文(1150円)。そしてさりげなく、朝っぱらからのビール |∀・) 今や全国区となった函館ラーメン。実は、ここはその中でも有名な店なのだった。あっさりした中にも出汁が効いていて、朝から食うラーメンとしては最適だ。エビやカニがごっそり入っていてボリューム感も半端ないのだが、殻を剥いたりしてる間に麺がのびてしまうという難点があるのだった('A`)

DSC_1143_2015051823452869d.jpg

列車の時刻まで、意外と時間がなかった。梱包してもらった毛ガニをぶら下げ、急いで普通列車に乗り込んだ。この旅で乗る最後のキハ40。じっくり味わってるヒマもなく、40分ほどで終点・木古内に着いてしまった。この区間も激変のときを迎えている。写真のように、木古内駅は絶賛建て替え中だ。北海道新幹線の停車駅になるので、奥に新しい高架ホームが構築されている。

DSC_1154.jpg

駅名版にも変化の跡が見える。隣駅だった知内や、吉岡海底、竜飛海底の各駅が廃止され、現在では隣駅がいきなり青森県の津軽今別になっている。駅間なんと74.8km! この津軽今別駅も、新幹線開業によって新幹線のみの駅に生まれ変わり、在来線の駅としては廃止される。そうすると新しい隣駅は中小国ということになるのだが、津軽線のキハしか止まらない駅だ。事実上、青函トンネルを抜ける在来線旅客列車は全廃されることになるのだろう。
そして奥の駅名板では隣駅の表示が消されている。

DSC_1142.jpg

そう、江差方面はすでに廃止されてしまった。信号機に付けられた×印が寂しい。江差へ行かないのにいまだに江差線を名乗っている。残りの区間、つまり今乗ってきた区間もじき三セク「道南いさりび鉄道」へ移管されるので、わざわざ改名しないのだろう。移管の時点で、江差線の名前は名実ともに消えてしまう。

DSC_1158.jpg

降りしきる雪の中を、白鳥22号新青森行きがやってきた。国鉄型の485系で運転される貴重な列車だ。おそらく、来年の廃止まで頑張るだろう。ホーム上で列車を待つ客が、誰一人傘をさしていないのは北海道ならでは。新青森で新幹線に乗り換えれば、もう感覚は味気なく、旅というより移動だ。だから、今回の旅の最後の列車は、事実上これだったわけだ。
なんかもう全然時間が足りなくて、消化不良の旅だった。まだ帰りたくねえなあと強く思いはしたが、この翌日、高熱を出してぶっ倒れることを思えば、これで良かったのだ。北海道新幹線開業の前に、なんとかもう一度行けたらと思う。(イノテツ)
スポンサーサイト

| どこかの駅にて | 01:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「大阪の闇」というの、何となく見当がつきますが、橋本さんは既得権益やら既存政党やら、あらゆるものと戦ってきたという印象があります。でも、やはり勝てませんでしたね。

「かもめラーメン」というの、なんだかすごいラーメンですね。
カニもしばらく食べていなく、最近はもっぱら「ほぼカニ」で済ませていますが、酢醤油で食べると、まさしく「ほぼカニ」です。

雪が降っていても傘をささないというの、会津もそうでしたが、春先に振る東京の雪はベチャベチャなので、傘をささないと濡れてしまいますね。

| タラ坊 | 2015/05/20 17:23 | URL |

タラ坊さん

この「大阪の闇」に、政治的立ち位置の左右は関係ありません。自民党から共産党までが同じ演台に立ち、構想反対の共同歩調をとりました。これに維新だけで対抗していたのですから、思えばすごいことでした。
かもめラーメンは、店で一番高いやつなんですが、カニやエビに気をとられて、肝心の麺とスープをゆっくり味わえないのが難点です。正直なところ、シンプルなラーメンとチャーハンを組み合わせた方が良かったなと思いました。
北海道の雪は濡れないということもありますし、両手をあけておかないと滑ったとき危ないというのもあるかもしれません。そういえば、会津の道も冬には凍結して怖いですね。

| イノテツ | 2015/05/20 22:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1417-d422aa5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT