きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

岬めぐり

何年か前に三浦海岸の秘密のビーチのことを書いたことがある。
それ以来、毎年、夏になるとそこへ行くようになり、今年も行ってきた。
そこへ行くには、京急の三浦海岸駅から剣崎行きのバスに乗り、松輪というところで降りる。松輪サバで有名なところだ。バス停の周囲は一面スイカ畑(冬は大根畑になるのだろう)が広がっており、畑の先に海が見えて、対岸に横たわる房総半島が遠望できる。
三浦海岸駅から海岸沿いを走ってきたバスは、この松輪のバス停の少し手前で海岸から離れ山側へ上るようになる。

三浦海岸1

このバスに乗っているといつも「岬めぐり」の唄が頭のなかを流れる。
上の写真がちょうど、海岸から離れて山側に入るところだ。ここにバスが通っていれば、それこそ♪岬めぐりのバスは走る♪という唄の通りの景色になるのだが、残念ながら、上り下りとも、いずれも40分前後待たなければバスは来ない。炎天下、40分も待っていたら倒れること必定なので、バスと合わせて撮ることは諦めた。
その帰り、5月の連休に京急沿線を歩いたときに気になっていたところへ寄った。
京急長沢駅とYRP野比駅の間で道路を横切るところがあり、その道路の先に海が広がっていたのだ。
京急長沢駅で降りて約10分、照りつける強い日差しのなかを歩き、クラクラする思いでやっとその道路に出たのだが、高架であることをうっかりしていた。したがって電車からは海が見えたものの、下の道路からは見えない。

三浦海岸2

三浦海岸3

向こうに見えている青い道路標識の先が海だ。
再び京急長沢駅に戻り、せっかくなので、鎌倉海ランもしてこようと、今回は京急久里浜駅でJRに乗り換え、鎌倉にも寄って来た。
小笠原あたりを横切っている台風の影響だろうか、その日は波が高かったので、海水浴場になっていない七里ガ浜にはたくさんのサーファーの姿が見られた(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本来なら今頃旅の空なのですが、いろいろあって本日、お盆休みが完全に消えました('A`)

「岬めぐり」は、大学時代にフォークソング同好会に属していた私にとって、青春のテーマソングのようなものです。
就職するためにいろんなものをを無理矢理捨て、それから初めて三浦半島へ行き、岬めぐりのバスに乗ったのでした。たまらない気持ちになったのを覚えています。

夏の景色はいいものですね。強い光と熱気が、写真から伝わってくるようです。
夏空の下で走ることができたら爽快だろうなと思いますが、残念ながら、どう鍛えようと生まれつき心臓が悪いので、無理ができません。それでも、なんとか今月のうちに、どこかの山に行きたいと目標を立てています。

| イノテツ | 2015/08/12 23:23 | URL |

イノテツ様

私の場合、アルバイトからそのままズルズルとそのバイト先の出版社に就職してしまったので、いわゆる「今日から立派な社会人」という節目がないのですが、私にとっての青春のテーマソングは吉田拓郎の「今日から、そして明日から」でしょうか。
これを聞くといつもたまらない気持になります。
「スタンド バイ ミー」も、ちょっとたまらない気持がよみがえる曲です。
その日鎌倉の海は波が高く、防波堤に打ち付けられた波が道路にもはねあがって体に少しかかりました。
でも、やはり。ちょっと暑かったです。

| タラ坊 | 2015/08/13 10:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1426-19911865

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT