きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関門海峡行ったり来たり〜平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(2)

昨日、新聞の折り込みで「広報東京都」が届いた。3面に、「東京オリンピックのエンブレムが決定しました」と大きく掲載されていた。かねてより盗作が噂されていたいわくつきのデザイン、このまま押し切る気なのかなと思っていたら、同じ日に使用中止が発表された。何とも皮肉なタイミングだった。
私ごときのモグリデザイナーが、この件に口を挟むのはおこがましい気もする。だが、同業者の端くれとして感じるのは、少なくともこのエンブレムに関して、佐野氏は故意の不正をしていないということだ。オリンピックのイメージとなって世界に周知される図案を創ろうというときに、どっかからパクってくればバレる可能性は極めて高い。パクリの烙印を押されたら、デザイナーとしての人生は終了する。そんな馬鹿なリスクをとるだろうか。そもそもこれだけの大仕事、実力のみで名誉を勝ち得たいと思うのが職人というものだ。
それを踏まえると、このデザインはチャレンジャーすぎた。「T」をモチーフとしたシンプルなデザインとなると世界中に星の数ほどあり、どう頭をひねっても何かしらに似てくる。私だったら「と」をモチーフとし、五角形で囲んだかな。逃げもまた技術である |∀・)
この騒動で知ったところでは、電通だの博報堂だのに知己がないと大きなコンペでは入賞できないんだとか。入賞歴は例の1回しかない私など、ああなるほどと思ってしまったのだが、こういう悪弊をやめて、より広く知恵を募れるようにするべきだ。今度こそ誰もが歓迎できるデザインが生まれるよう願う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

DSC_5519.jpg

終点の関門海峡めかり駅から来し方を振り返ると、鬱蒼と茂る緑の中に消えていく細い線路が、格別の旅情を誘うのだった。

DSC_5531_20150902103605503.jpg

しかし実際には、視界の上には関門橋が聳え、また横には海が近く、かなり開放的な雰囲気だ。駅の傍らにはEF30形電気機関車が静態保存されている。関門トンネルを抜けるEF30 1は1960(昭和35)年の製造ながら、塩害対策のためにステンレス車体をまとっている。今やうざいほどに増殖したステンレス車体だが、当時は相当清新に見えたことだろう。

DSC_5523.jpg

機関車の後ろには、さらにオハフ33形客車が置いてあるのだった。軽食や飲料を販売する喫茶室として、トロッコ列車の営業日のみ営業している。画像の地ビールは大変魅力的だったが、すでに売り切れていた('A`)

DSC_5529.jpg

などとやってるうちに、トロッコ列車の返しが出発した。列車の写真は、駅じゃないところを走行してるのを撮るのがかっこいいんだじぇと連れの友人二人に吹き込んでいたので、彼らも熱心にカメラを向けていた。駅から近いお手軽な場所だが、最もローカルな雰囲気が出せるポイントではないだろうか。
写真を見る限り、えらく客車の背が高いように見えるかもしれない。私もずっとそう思っていた。だが、実際には客車の背が高いのではなく、機関車が思い切り小型なのだった。客車から前方の視界を妨げないためなのだろう。

DSC_5548.jpg

駅から海辺の気持ちいい道をしばらく歩くと、関門トンネルの歩行者用通路の出入口がある(歩行者無料・自転車20円)。この通路、ぶっちゃけ単調で、ほんの800メートルほどがえらく長く感じた。だが、海を隔てた県境を徒歩で越えられる場所はレアだ。またこう見えても国道2号の一部であり、そこらの連絡通路とはわけが違うのだった。
我々はここを往復し、ふたたびめかり駅に戻った。

特定目的鉄道事業としての門司港レトロ観光線は、週末や夏休みなど、一年のうち120日ほどしか運行しない。それでも見る限りは、かなりの盛況であるように見えた。同じ方式での復活を目指す旧信越本線・横川〜軽井沢間(横軽)も、充分な需要が望めるだろう。ただ、路線が結構長いことと、かなりトンネルが含まれることが、観光鉄道としての復活への足かせとなりそうだ。山間の路線で保守に手間がかかる上、運賃を500円程度に収めないと、バスと対抗できない。門司港レトロ観光線は、それと比べると、かなりいい環境で運行できている。横軽の復活はなかなかハードルが高いなと、率直に感じたりもした。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 11:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1枚目の写真、こういう風景好きです。

エンブレムの問題、ネットで指摘している人たちは類似のものを見つけて得意になっているのでしょうが、人間の考えることですから、同じようなものがあるのは当然で、よってたかって叩いて、なんだかデザイナーの佐野さんが気の毒になってしまいました。

明後日、岡山に行ってきます。久しぶりの遠出です。

| タラ坊 | 2015/09/03 20:47 | URL |

タラ坊さん

1枚目のは、記事にも書いたように絶妙に切り取って撮っているわけですが、にしても、これが貨物専用線で、長らく一般人の目には触れなかったということが勿体なかったと思いました。

エンブレムの問題は、デザイナーの創作意欲を萎縮させる恐れがあります。また、チラリと書きましたが、コネが不可欠の世界らしく、その辺の不透明さがネット民の免罪符となって、彼らを増長させているんだろうと思います。
昔、ビートルズのジョージ・ハリスンが、盗作疑惑で訴えられ、かつ負けました。以前作られていた元曲は全く売れず、しかしてジョージを含めて誰の耳にも届いていないような代物でした。その曲の作者は、自分は売れなかったのにこいつばっかり売れやがってと悔しかったのでしょう。今回の問題の発端も、これに近いものがありますね。

姫新線の新見方は、相当なローカルっぷりですね。せっかく足を運んでキハ120だと泣けますが、うまくキハ40に遭遇できると、短い区間とはいえ、昭和を追体験できるでしょう。良い旅になるようお祈りしております。

| イノテツ | 2015/09/04 05:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1428-b31d613d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT