きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東日本豪雨と関東鉄道常総線(1.9月11日の取手駅)

北関東と東北に大きな被害をもたらした今回の豪雨。主原因となった台風18号そのものはいたってしょぼいものだったが、かねてより日本列島に居座っていた秋雨前線を思い切り刺激した。イヤな流れだなと漠然と思っていたが、現実に悲劇はもたらされた。
今回、最大の被災地となった茨城県常総市は、実家のあるつくばみらい市の隣だ。平成の大合併の前に上京した私にとっては、「常総市」より「水海道市と石下町」のほうが馴染みがある。ていうか、「常総市」はうちが名乗るはずだったのに水海道・石下組に奪われ、結果、世にも恥ずかしい市名にさせられた怨恨はいまだにある。市名反対運動にも参加したが実らなかったのは、私の人生の挫折の一つだ('A`)
だがまあこの際、そんなことは置いておこう。多くの死者・行方不明者が出たほか、家が流され、財産が失われている。ネットで見ていると、「田んぼばっかりだから被害が少なくてよかった」とか抜かしてる輩が多くて腹が立つ。農業なめてっぺ。刈り取り間近だった稲は、濁流をかぶって台無しだ。あるいはすでに刈り取ったものも、きっと多くが流されてしまっただろう。丹誠込めて育ててきたお百姓さんの落胆たるやいかばかりか。

堤防が切れた9月10日、つくばみらい市にも特別警報に加えて避難勧告が出ていた。今回、鬼怒川ばかりが話題に上るが、茨城県南には小貝川という兄弟分の川が並行しており、暴れ川っぷりはむしろこちらの方が上。実家はこの小貝川にほど近いのだ。心配で電話してみると、母は普通に出た。いや、逃げとけよ('A`) まあ結果として実家が被害を受けることはなかったのだが、今回の被災者の多くもまた、自分がその立場になるとは思っていなかったはずだ。報道されているよりも実際の浸水範囲は広い。うちの市内でも多くの人が避難生活を送っている。自分は大丈夫と思いたいのが人情だが、災害に際しては、チキンくらいがちょうどいい。
当日は私の誕生日だったが、親すら祝ってくれなかったのはいうまでもない('A`) ただ、静岡で警官をしている友人がメールをくれた。救助のために、静岡からも出動しているという内容だった。現状都民である私が言うと白々しいが、でもやっぱり有り難い。

翌日の夜、私は実家に帰るため、取手駅に下り立った。やはりまず、常総線ホームに目がいった。

DSC_6984.jpg

うわすげえ! 常総線新塗色の5連! 一見大手私鉄みたいくね?…などと一瞬心浮き立つのだが、ホームも列車も消灯されている。やはり動いていない。
取手〜水海道間各駅のホーム有効長は5両(ゆめみ野駅を除く)。私が地元にいた頃は、ラッシュ時に5両編成が走っていた。それが、過疎化やらTX開業やらで、いまや取手口にも単行の列車が来るようになった。特にこの新塗色になってからは、長くて2両。だからこれは、すごく珍しい図なのだ。おそらく、運休が決まってからも、上り列車がホーム有効長ギリギリまで走り続けたのだろう。私が見た限りでは、寺原駅上りホームにも5連が留置されていた。

DSC_6989.jpg

「報道されているよりも浸水範囲は広い」。こう直感したのはこの図を見たからだった。常総線はこのとき、全線の運休を余儀なくされていた。水海道駅、さらに車両基地が被害を受けていなければこうはならない。

DSC_6990.jpg

茨城の田舎故、振替輸送といっても手段が限られる。画像の図は一見親切そうに見えるが、取手から下館へ行きたければ友部を経由しろなどと鬼のようなことが書かれている。一方、男性が指差しているルートは、取手〜谷井田(つくばみらい旧市街)経由〜守谷行きという通常のバス路線。これは、TX開業に伴い、それまで谷田部(つくば旧市街)行きだったバスの大半を振り向けて新設した系統だ。こんな形で役に立つとは。

DSC_7022.jpg

で、私もこのバスに乗るのだった。しかし今回は振替輸送の乗客が多くて混んでおり、一本見送った。田舎のバスながら、1時間3本走っているからできることだ。こういう事情だとはいえ、ガキの頃から馴染んできたバスが盛況なのは、不謹慎ながら内心嬉しくもあった。私が地元にいた頃は、取手を出発するバスは、常にこのくらい混んでいるものだった。(イノテツ)
スポンサーサイト

| ニュースなど | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご実家は無事とのこと、何よりでした。
ほとんどTVに釘づけ状態で見ていました。
濁流渦巻くなかをヘリコプターで救出される人をTVで見ながら、先の震災の際の津波被害のことを思い出していました。
電信柱にしがみついていた人も間一髪で救出され、よかった、と思ったものです。
しかし、自然の力というのは凄いものだと改めて思いました。
今住んでいるあたりも崖地が多いせいか、避難準備地区になっていましたが、幸いたいしたこともなく過ぎていきました。

| タラ坊 | 2015/09/15 18:22 | URL |

タラ坊さん

直接浸水の被害はなくても、電気や水道が止まったりすれば、やはり自宅に残ることは難しいですよね。うちはそういうこともなく、有り難いことです。
今回、多くの人が逃げ遅れたことに関して、避難指示が遅れたとして行政の責任を問う声があります。それはまあそうなのですが、その何時間も前に特別警報が出ていました。特別警報はよっぽどやばくないと出ませんので、これをもって避難を開始してしかるべきものです。情報のソースを複数もって、早めの行動を心がけることが大事だなと思いました。

| イノテツ | 2015/09/15 21:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1431-b615dd7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT