きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ようやく撮った都電の新車8900形

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の交渉が妥結した。これは短期的に考えればアメリカのアメリカによる、アメリカのための貿易協定である。こんなもんに参加すれば日本の国益が吸い取られる。私はそう思って、以前は反対デモにも参加した。
しかし、状況は急激に変化した。中国の膨張と無法ぶりが世界規模の影響を及ぼす中、肉を切らせて骨を断つ的な対応をしなければ生き残れないという段階に至っている。この日米その他参加国共通の危機感から、妥結の道が見出されたように思う。結果、当初心配されたよりは日本に有利な条件を確保できた。
幸い、交渉は政権交代後、安定した安倍政権下で、甘利担当大臣が一貫してあたってきた。癌に倒れようと代えてもらえず、髪を白くしながらフロントマンを務め続けた。日本にしては珍しいこの安定感こそ、交渉参加が遅れたにも関わらず主導権を握れた要因だったと思う。
これに慌てているのが韓国である。おそらく、TPPは決裂し、実現しないと踏んで中国に傾倒したのだろう。交渉が長引くうちにAIIBに参加し、中国の軍事パレードに出席し、あまつさえ米国大使を襲撃し、THAAD配備をも拒んだ。これで西側(自由主義)陣営と距離ができてしまった。今さらTPPへの参加を模索したところで、失った信用は取り戻せない。
TPPは、実は貿易だけの協定に留まらない。今後、政治や国防面へも発展していくであろう、ある意味同盟に近いものなのだ。これの原加盟国だったか否かは、今後の国運に大きく影響していくと予想する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先月、いよいよ都電に5年ぶりとなる新車8900形がお目見えした。画像は、今回入った2両のうちの8902号車である。

DSC_7385.jpg
8900形8902号車(新庚申塚)。

とかいうのであるが、かつて、都電情報ならマスゴミより早い(場合もある)と自慢してた当ブログの、今回の遅さは何だろうか。それはもうひとえに、私個人のテンションが低かったからに他ならない('A`)
今回の新車については、アルナ車両での製造途上からチェックしてきたのであるが、その時点で、新味に乏しいものであることを知っていた。某巨大掲示板で構体のみの画像が上がってきたとき、本当に都電だろうかという話題にもなったが、そのとき私は「都電以外の使い道が思いつかない」と書いたのだった。そのくらい、いかにも都電、しかも7000形っぽい形をしていた。

DSC_5095.jpg DSC_5112.jpg
8800形8808号車(左)と7000形7013号車(右)(いずれも新庚申塚)。

ここで、在来の車両と比べてみよう。右が7000形だが、驚くほど雰囲気が似ている。8500・8800形で見られた、車体と一体感のある大型のスカートは、より古典的な排障器に戻り、この辺からも7000形っぽいイメージを抱かせる。
一方塗色は、窓下に帯が追加された以外、8800形の踏襲となる。あまり指摘されないことだが、この塗装デザインは、側面にラッピング広告が入ったとき、あまり違和感がない利点がある。今回入った2両はオレンジだが、この後、ピンク・青・黄色が2両ずつ入り、合計8両になるそうだ。色のバリエーションも8800形と全く同じということになる。7000形の後継となる車両なので、緑を入れてくるだろうと予想していたが外れた('A`) まあつまるところ、私の感想を突き詰めると、先日書き込んだこのレスに行き着くだろう。

>94 :名無しでGO!:2015/09/16(水) 22:46:02.50 ID:Agy6KSao0
>>>92
>まあ、悲しいくらいに新味がないわな。
>そもそも8800デザイン案の残り物だし、
>直線を多用した正面一枚窓ということで、「厚化粧の7000」というイメージ。
>実質、「8800形100番台」くらいの受け止め方でいいと思う。

8900形は、私がこれを書き込んだ2日後、18日にデビューしたが、仮にも新形式だというのに式典めいたことは行われず、そもそもこの日は平日だった。9000形や8800形のデビューのときは華々しくイベントが催され、荒川車庫は大変な賑わいだった。それと比べるといたって地味な扱いであり、実質、8800形の増備車であるという解釈もそう外れていないのかもしれない。

もっとも、デビュー1ヶ月となる18日には、荒川線の日イベントが催される。ここで遅ればせながらのお披露目となるわけだが、「え? 新車?」と、一般人には思われるんだろうなと、濃厚に想像できる('A`) まああれだ、新味には乏しいが、よくいえば飽きがこないデザインともいえる。すでに他の車両に混じって、全く違和感なく走っており、今後、長く親しまれる車両になるだろう。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 11:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

TPPは、「中国のような国に世界経済のルールを書かせることはできない」というオバマさんの言葉が象徴すように、アジア太平洋地域でのアメリカの影響力を増大させ、中国を牽制するためのものだろうと私も思います。
消費者としては牛肉などのモノの値段が安くなるのは歓迎ですが、農業や畜産業など、特に規模が零細なところは打撃を受けるでしょう。国もそれなりの対策は立てるにしても、これからは、農業法人など大規模にやっているところしか生き残っていけないかもしれません。
都電は新車が導入されたんですね。
私から見てもあまり新味がない印象ですが、違和感がないというのはデザイン的には大事な要素ですね。
パッと見、何でもないんだけれど、よくよく見ると細部にまで神経が行き届いていて違和感を感じさせないというがいいデザインだと私は思っています、と、デザインには素人の私がエラソーなことを言っていますが、料理や生け花などもそうなのですが、奇をてらったようなものはに私はあまり好ましいものを感じません。

| タラ坊 | 2015/10/07 17:43 | URL |

タラ坊さん

国を支える基本はなんといっても農業、畜産業などの第一次産業です。ところが、そう思うあまり、手厚く保護しすぎたために海外との競争力を失ってしまいました。これはまさに、票に目がくらんだ自民党の失策です。競争力とかどうでもいいから、いっそのこと鎖国して、自給自足しようぜみたいな話を友人とするのですが、現実問題、大国である日本にそれは許されません。TPPは、黒船みたいなものなのだと思います。日本の第一次産業に求められるのは、保護ではなく、強化ということになるのでしょう。

都電の新車8900形は、7000形を置き換えるために登場した車両です。7000形といえば、日本の路面電車史に燦然と輝く名車なわけで、そのイメージを継承しようとした交通局の意識が強く感じられます。
デザインの世界では、違和感を持たせることに意味があるものもあると思いますが、ただ、都電のような路線の車両で、違和感は無用でしょうね。

| イノテツ | 2015/10/07 19:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1435-4eb2d560

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT