きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふたたびの、鎌倉海RUN

このお正月は恒例の低山ハイキングに行かなかったので、その代わり、というわけでもないのだけれど、1月5日に鎌倉海RUNをしてきた。去年の夏以来だが、やはり、ここは気持ち好い。
当初、北鎌倉から入り、ロウバイなどが咲き始めているだろう明月院などを巡ってからと思っていたのだが、家を出るのが少し遅くなってしまい、大船で湘南モノレールに乗り換えて、江ノ島経由、龍口寺、万福寺、小動神社とお参りし、江ノ電沿いを稲村ケ崎まで歩いて鎌倉入りした。

腰越の浜から江ノ電

腰越の電柱に稲村ケ崎まで2.8㎞という標示が出ていた。材木座から稲村ケ崎までは2㎞くらいだろうから、やはり材木座から腰越まで5kmくらいはあるのだ。

プリンスホテルわきの坂から

プリンスホテルわきの坂道から写真を撮っていて、ふと、同ホテルのバンケットホールの駐車場が目に留まった。そこからなら江ノ島も含めて江ノ電が撮れそうだ。
駐車場とはいえホテルの敷地内だから入るのが躊躇われたものの、こっそり入ってしまった。

バンケットホール駐車場から

逆光なのが残念だが、いままでにない絵が撮れた。その日はバンケットホールで何もないみたいで駐車場にほとんど車が停まっておらず閑散としていた。端のほうで、ホテルの制服を着た人が車から荷物を運び出していたものの、特に咎められることはなかった。
その後稲村ケ崎から江ノ電に乗り鎌倉駅へ。いつものように駅裏のカフェ・ロンディーノで一休みしてから材木座の清水湯へ向かった。
その日はいつになく足が軽く快調で、楽に片瀬東浜まで走れた。戻って来るときも稲村ケ崎公園で少し休んだだけで通して材木座まで余力を残して戻り着けた。
戻って来るときは、かなり薄暗くなってしまい、稲村ケ崎の少し手前あたりで完全に日が暮れてしまったけれど、鎌倉高校前駅は柱など駅全体に電飾が施されていて明るかった。電飾というのも、パーマネントを電髪、JRを国電、省電(大正生まれのうちの父親は省電と言っていた)というのと同じで時代がかっていると思うが、今は何と言うのだろう。ああ、イルミネーションか。
稲村ケ崎公園から見た江ノ島のタワーもライトアップされていてきれいだった。
しかし、鎌倉に走りに行くのはいいのだけれど、帰りが面倒だ。行きは行くことで頭がいっぱいだからそうでもないのだが、帰って来るときは、神奈川から東京を経て千葉まではやはり遠い。清水湯を出る時、番台のおばさんから「お休みなさい」と言われたけれど、まさか私が千葉から来ているとは思わないだろう(タラ坊)。

スポンサーサイト

| 未分類 | 18:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

新年明けてからは晴れて暖かい日が多いので、走るのにも好適だったでしょうね。
江ノ電を順光で撮る難しさは、俯瞰の本のときに痛感しました。南岸沿いを走る路線なので、海を合わせようとしても、多くの区間で終日逆光になってしまいますからね。
「電飾」は私も使いますが、「電髪」は知りませんでした。そういえば、床屋の多くが月曜を定休日にしているのは、昔、月曜が休電日だった頃の名残だとかなんとか聞いたことがあります。

| イノテツ | 2016/01/06 22:19 | URL |

イノテツ様

床屋の月曜定休の由来、知りませんでした。休電日なんていうのがあったんですね。
その日(1月5日)は暑いくらいの陽気で大分汗をかいてしまいました。そんな陽気ですべて花が早く、家の近所の庭では、紅梅、蠟梅、菜の花などが咲き出しています。
しかし、何年か前、東京に大雪が降った年も12月から1月にかけて温かい日が多かったように思います。
センター試験のときは、雪が降ると雪かきに動員されますが、降らなければパートのほう休みになりますので、どうか降らないように願っています。

| タラ坊 | 2016/01/07 17:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1449-c363e3f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT