きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京急沿線梅見散歩

パート先の大学が春休み期間の2~3月にかけて10日間の休みが取れるので、2月と3月にそれぞれ5日間ずつ休みを取った。
時給なんぼのパートだから休むとお金にならないけれど、休めるのは、朝早く起きなくてもいいというだけで嬉しい。
そんなわけで今週1週間をその休みに当て、そのうちの1日、俯瞰の本でイノテツ氏がガイドされていた田浦梅林に出かけた。
ガイドではJR田浦駅が起点になっていたけれど、その日、総武快速線が人身事故でストップしていたので、各停で秋葉原経由品川まで行き、京急に乗り換えて安針塚駅を起点にした。
人身事故は例によってまた新小岩駅だ。あの駅はなんなんだろう。誘うものがあるのだろうか。一度お祓いとか受けたほうがいいのではないかと思う。
それはともかく、安針塚駅で降りると、「田浦梅まつり」の幟が道々に立っていて、迷うことなく梅林の山の登り口まで導いてくれた。
今は「田浦梅林」ではなく、「田浦梅の里」と呼ばれているらしい。

田浦1

京急の線路沿いにあるその登り口にはトイレと自販機があり、灰皿も用意されていた。家を出てからタバコを喫っていなかったので、ちょうどよかった。
そこからやや急な階段がしばらく続き、途中、梅の木越しに京急が見下ろせるところがあった。

田浦2

梅の花は、木によって咲いていたり咲いていなかったりで、満開状態にはまだ少し早かった。それでも、山頂の芝生広場からは梅の木越しに横須賀の海が見渡せて気持ちよかった。

田浦3

田浦3ーA

田浦3-B

戻りがてら、これもガイド本で紹介されていた十六天神社に立ち寄った。
神社と言っても、小さな祠が建っているだけのところだけれど、ここからの眺めの良かった。

田浦4

安針塚駅に戻り、横須賀中央まで行って、その駅ビルのレストラン街の、みさきの魚と書かれていた「仕立屋」という和食店で昼を摂った。
みさき鮪の竜田揚げ定食(990円)を頼む。レモンを絞って振りかけた竜田揚げも美味しかったけれど、みうら野菜のサラダや、白菜の漬物も美味しかった。
お腹もできて満足したところで再び駅に戻り泉岳寺行きの快特(クロスシートだった)に乗った。
京急蒲田で各停に乗り換え、新番場で降りて品川神社にお参りした後、北品川温泉天神湯で黒湯(珈琲のような色だった)のお風呂に入って、この度のショートトリップも終了した(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああ懐かしいですね。あの日の田浦は真夏でくそ暑かったのですが、今の時期なら穏やかで、快適に歩くことができたでしょう…ていうか、この梅の時期に撮影して掲載するべきだったと、今更ながら痛感しました('A`)
私は俯瞰の本で張り切りすぎて体を壊したこともあり、あの頃訪れた場所への再訪はほとんどできていません。特に只見線沿線の蒲生岳には、是非列車と合わせて撮りたいと思いながら叶わなかったポイントがあるのです。しかしどうやらこの区間は廃止の方向のようです。

新小岩駅は、特急が速度を落とさずに通過するため、自殺が完遂しやすいのです。自殺の名所として知られてしまったことで、志願者が吸い寄せられやすくなっているのもあるでしょうね。
しかしこの死に方はいけません。本当に自分の存在を消したいのなら、昔ながらの東尋坊や樹海といった手段があるはずです。列車飛び込みという手段には自己存在を主張したいという意思があるわけで、そんな意思があるうちに死ぬものではないと思ってしまいます。

| イノテツ | 2016/02/19 22:23 | URL |

イノテツ様

昨日はお疲れ様でした。

あの本は、しかし、なかなか役に立つと、今回改めて思った次第です。

2枚目の場所は、もう少し梅が咲いていればよかったのですが、ちょっと残念です。と言って、もう少しすると今度は葉が茂りすぎてダメでしょう。
行った日は少し風が強かったもののポカポカと温かく、絶好の散歩日和でした。

以前「引き寄せの法則」みたいな本がありましたが、自殺の名所と呼ばれているところにも、そういうのがあるのかもしれません。
私も誰にも迷惑をかけず、人知れずこっそりいきたいと思っています。

只見線のあの区間、やはり運転再開は難しいのですね。そうなると只見線は会津若松から会津川口までと、只見から小出までの2つの区間に分かれてしまいますね。

| タラ坊 | 2016/02/20 17:08 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1455-8af401d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT