きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

都内花見行脚 池上線レトロラッピング車に遭遇

クリスマスといえばキリストの誕生日ということで知らない人はいないわけだが、一応仏教国であるはずの日本で、今日が何の日なのか知っている人がどれくらいいるものだろうか。
今日、4月8日は花まつり。お釈迦様の誕生日である(とされている)。お釈迦様は生まれるとすぐ東西南北に7歩ずつ歩き回って両手で上下を差し、「天上天下唯我独尊」とのたもうたのだという。後年加えられたに違いないこの挿話によって、お釈迦様の誕生が妙に胡散臭いイメージになってしまったのは残念というほかない。お釈迦様の素晴らしさは、一人の人間が悟りを開くに至る過程にあるからだ。
だが、この話から「誕生仏」という仏像が作られるようになった。花まつりには、寺の境内にしつらえた御堂にそれを祀り、甘茶をかけて祝う。で、寺のお坊さんがふるまってくれる甘茶を飲むのである。

20160408133621.jpg

自宅から一番近い寺というととげぬき地蔵になるので、仕事の合間にお参りしてきた。まあこの花まつり、クリスマスと比べてイベントとして地味なのは否めない。だが、宗教行事とはそもそも、イルミネーションで飾ってチャラチャラするものではなかったはずだ。だいたい宗教行事をイベントとか言うのはやめろやと自分にツッコミを入れるわけだが、もっと広く知られてもいいはずだとは、毎年思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1130096.jpg

桜が咲くと天気が崩れる。なんかそんな不思議なパターンがここ数年続いているような気がするが、この日は珍しくいい天気だったので、カメラを持って出かけた。まあもっとも仕事が目的だ。原稿としてもらった画像がどうしても厳しく、撮り直すために都内7カ所を一気に回るハードスケジュールだった。
中でも、ここ、千鳥ヶ淵から皇居周辺は見事だった。ここは日本一有名なジョギングコースであり、私も元気な頃はタラ坊さんと一緒に毎週走った。久しぶりに来た今回は歩いて半周程度しただけだが、それでも充分疲れた。

P1130168.jpg

この日最後に訪れたのは五反田だった。目黒川にかかっている山本橋から、桜と電車がよく見えた。手前が山手線、奥の高架は東急池上線だ。さらに、客を満載した観光船が川を上っていく。これはさぞ気持ちいいことだろう。
それにしても池上線の電車は変な色だなと、撮った後で気づいた。

P1130235.jpg

近所に酒屋もコンビニも見つからず、仕方がないので自販機のコーヒーを飲みながら花を見てまわった。池上線は短い路線なので、そうしているうちにさっきの電車が蒲田から返して戻ってきた。レトロ風だが、電車そのものは新しそうだ。

P1130255.jpg

近づいてみると、やはり1000系にリバイバル色のラッピングをしたものだった。あんまりリアルに写すと興ざめなので、こんな感じでぼかした方が雰囲気が出て良さそうw このラッピング車両の運行はこの3月からと最近で、まだあまり知られていないようだ。ちょっとした幸運に遭遇できた。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 花と列車 | 16:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クリスマスにしろ、ハロウィンにしろ、バレンタインデーにしろ、関係する業界が仕掛けているんだろうと思いますので、お釈迦さまの誕生日もいずれかの業界(どのような業界か思い浮かびませんが)が仕掛けるともっと盛り上がるんじゃないかと思います。

池上線のこの塗色、初めて見ました。
最後の写真は、桜といい、車両のボケかたといい、いいですね。これくらいボケていると、さほど違和感を覚えません。

もう1か月ほど皇居に走りに行っていませんが、前の日曜日は句会で、千鳥ヶ淵を吟行しました。朝のうち雨という生憎の天気でしたが、それでも結構な人出でした。その人混みのなかを走っている人がいましたが、あの状態では走れないだろうと思います。
長くあそこ走っている人なら、花の時期は通行人が多くて走れないというのを知っているので、多分初心者なのでしょう。

| タラ坊 | 2016/04/09 18:37 | URL |

タラ坊さん

宗教行事を「イベント」と表現したのは皮肉なわけですが、花まつりにしても、ハロウィンや恵方巻同様、電通などの広告代理店が暗躍すれば無理やりメジャーにすることはできるでしょう。腐りきったイベントになるに違いありませんが('A`) もっと健全な形で広まることが私の願いです。

昔、それこそ「池上線」が流行っていた頃は緑1色でしたね。私にとって懐かしめるのはあれなのですが、現在、この辺の線では、新車に緑の帯を巻くようになっています。この紺と黄色はさらに昔、戦前の塗色みたいです。

私も大混雑の千鳥ヶ淵を無理やり走るランナーを数人見かけました。一応「日比谷通りへ迂回せよ」と告知も出ていましたが、初心者だと、日比谷通りがどこなのかもわからないことでしょう。ならやめとけばいいのですが、ランナーの中には中毒化していて、無理しても走ってしまう人もいるんですよね。

| イノテツ | 2016/04/10 18:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1461-c0d83bd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT