きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【鉄ヲタとアウトドア】遅い花見で山に登る

熊本を中心に地震が起き、大きな被害が出た。政令指定都市が震災に見舞われるのは東日本大震災以来。地震の規模や被害状況から、私はすぐに新潟地震(昭和39年)を思い出したが、やはり気象庁はこの地震を「熊本地震」と名付けた。ところが、本震かと思って名付けてみたら実は前フリに過ぎなかったとか、余震と呼ぶにはでかすぎるのが次々襲ったりとか、どうも従来の大地震のイメージとは違う。
当初の地震発生時、新幹線は脱線したが熊本市電は翌朝から運転を再開した。「災害に強い路面電車」が再認識されたわけだが、今回の地震独特の波状攻撃を前に、さすがに運休を余儀なくされているようだ。被災地の早い復旧を祈りたいところなのだが、長期化は避けられなそうだ。
で、自衛隊だけでは手に余る事態に、政府は米軍の支援を仰ぐことにした。ところがこれに反発する意見がネット上には多い。自国だけでどうにかすべきという考えは、一刻も早い支援を願う被災者の気持ちに寄り添っていないし、日米同盟が機能していることが気にくわないという発想があからさますぎて実に不快だ。災害を前にして、イデオロギーの話はやめろと言いたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1130523.jpg

取引先つながりの人たちと、しばらくぶりの山歩きに行ってきた。
早朝の大塚駅に現れたのはE235系。先日、車内にそれほど新味はないとか書いたけどごめんなさい、あのときは10号車に乗ってました |∀・) 10号車は、まだ車齢の若いE231系4600番台を改造したもので、新味がないのは当然だった。今回は6号車に乗車。手すりなどにも曲線が多用されており、走ルンですシリーズにつきまとうチープさはかなり払拭されていた(外見は以前にましてしょぼいけどね)。「うわすげえ、広告が液晶だ! 近未来っすね!」と興奮気味に話してる人がいた。
新宿で下車。山手線はホーム柵の設置が進み、駅撮りが難しくなったが、延々工事が続く新宿駅は未設置で残っている。カメラをGX8に替えて以来、初めて流し撮りに成功♪

P1130532.jpg

中央線に乗り換えて西国分寺で下車。以前、ここにお客さんがいて結構乗り降りした駅なのだが、駅撮りには絶好ですねここ。インカーブで見晴らしも良く、快速にグリーン車が増結されて12両編成になっても余裕で撮れそう。一方それに伴い、朝晩に入線してくる各駅停車の黄色い電車は三鷹以遠の運用がなくなるという噂。とりあえず記録しとくことにした。
駅前で拾っていただいて、中央高速で山梨へ。

P1130545.jpg

この辺り、近隣の町村が合併して「中央市」という、えらく味気ない名前になってしまった。他に甲斐市と甲州市ができ、すでに甲府市と山梨市があるのでわけわからんことになっている。
その中央市最高峰がたいら山(934メートル)である。付近に鎮座する山之神社までの参道は山の神千本桜と呼ばれている。もともとあった桜に加えてさらに植樹したものなのだそうで、山梨県名花百選にも選ばれた見事さ。
展望もなかなかのもので、写真左上に顔を出している白い山は北岳。元気な頃に2回登った。また行けるだろうか。

P1130538.jpg

歩き易い山道ながら勾配はそれなりにあり、つい視線が足元に落ちてしまう。そんなときに、こうした小さい花が目を楽しませてくれるのだった。これはヒトリシズカかな? と一行で話し合っていた(あまり詳しい人がいないw)。後で調べたら、それで間違いないようだ。
それにしても、桜の写真はどうした。あれ、そういえば撮ってない |∀・) まあぶっちゃけ、沿道の桜は概ね終わっていた。周囲の山にはまだまだ満開の樹も見えたのだが、これはちょっと残念だった。

そして、さらに残念なことが起きた。山之神社付近まで登ってきたとき、行く手にエンジン音が聞こえてきて、数台の軽トラックが止まったのだ。思わず膝が落ちたw 裏に林道が通じており、「神社まで徒歩5分」とか標識が出ていた/(^o^)\ナンテコッタイ なんでも翌日が例祭だとかで、その準備をしているのだった。さすがに普段から車で乗り付けることはないのだろう。
まあ純粋に登山が目的だとしたら興ざめだが、今回はむしろ宴会が目的に近かった。メンバーそれぞれが食事やつまみなどを持ち寄っており、私も酒を持ち込んでいた。日差しが暖かい穏やかな日和で眺めも良く、(花は咲いてないが)花見には絶好だった。

P1130557.jpg

ひとしきり楽しい時間を過ごして麓まで戻ってくると、近くに浅利与一の墓があった。壇ノ浦の合戦などで活躍した源氏の弓の名手であるが、船上の揺れる扇を射抜いたあの人(那須与一)とは違うらしい。五輪塔は相当ぼっこいが800年残っている貴重なもの。向かいに弓道場があるのは、いうまでもなく与一にちなんだものだろう。思いがけず、歴史のロマンに触れることができた。

帰りに「みはらしの丘みたまの湯」で汗を流した。褐色のいい湯で、露天風呂からの景色は絶品。空気の澄んだ冬ならさらに素晴らしいだろうな。皆様お世話になりました。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタとアウトドア | 14:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

しかし、揺れが続きますね。
関東も覚悟しておいたほうがいいかもしれません。
緊急支援物資が届くのは早くて災害発生後4日目なので、少なくても3日分の水や食料を各自備蓄しておくようにと政府は言っていますが、現実問題として置いておく場所がありません。
比叡山の千日回峰では、9日間堂にこもって飲まず・食わず・臥せらずという行があるそうですが、それを考えると、3日ぐらい、飲まず・食わずでもなんとかなるかと思っています。

たいら山という名前、はじめて知りました。
なかなか眺めの良いところですね。
ヒトリシズカ、もう咲いているのですね。
私の好きな花のひとつです。
扇山に行く頃には、フタリシズカも咲いているかもしれません。

| タラ坊 | 2016/04/18 16:08 | URL |

タラ坊さん

関東の場合、東日本大震災がありあれで一息ついたんじゃね? 的な空気がありますが、今回のような活断層が動く直下型地震は全くの別物ですので、気をつけないといけませんよね。
飲まないのはさすがにきついですが、3日程度なら食わずともなんとかなるでしょうね。私は普段から1日1食ですし、気まぐれに2日程度食事をしないこともあります(特異体質なので、それでも全く痩せません)。被災者となって避難所暮らしをするとき、食料以上にきついのは、トイレとプライバシーの崩壊でしょうね。想像してぞっとするのはいつもそれです。

今回の山は車に乗せて行ってもらいました。鉄道だと身延線の沿線になるようです。公共交通機関でアクセスできない山にはまず行かないので、貴重な経験でした。あの林道さえなければなお良かったのですがw

| イノテツ | 2016/04/19 02:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1462-b7b9e28a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT