きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

失われゆく風景〜2016空梅雨・仮線敷設が進む都電沿線(1)

アラフォーで仕事をバックれて失踪し、金も住所も失えば、再起は極めて難しいだろう。しかも氷河期世代である。氷河期世代だというだけで社会から爪弾きにされ、数々のハンデを背負っている。だからこそキャリアを積まなきゃならないのに、むしろまた可能性を狭めてしまった、件の後輩である。
まあ、失踪の主な動機は分からんでもない。仕事ではない部分で、私ならすでに暴れてるだろうなという状況に彼は耐えてきた。だからこそ、その苦労を無駄にしてほしくないのだ。叶うなら、私からも会社に訴え、知ってもらいたいと願っている。
とはいえ、所詮は他人だ。他人にできることには限界がある。今回、私は警察に捜索願を出せないかと考えた。だが、それは基本的に家族や親族でないとできないことらしい。しかも成人男性が自分の意思で失踪した場合は、警察はまず動いてくれないんだそうだ。しかして「捜索願」という名称は既に廃止され、「行方不明者届」に変わっているのだった。よしんば届けられても、行方不明者としてリストに載るだけということだ。無力感に鬱は深まる。
後先を考えられなくなるような出来事が、きっと最終的に起きたのだろう。頭を冷やす期間がしばらく必要だというのなら、下手に探さない方がいいのかもしれないな。事件や事故に巻き込まれないことを、今はひたすら祈るしかない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらくぶりの「失われゆく風景」シリーズ。変化の著しい都電、向原〜鬼子母神前間の様子を追って早7年。今回は(ネタも乏しいことだし)情緒的な部分と情報的な部分とで2回に分けてみようと思う。今日は情緒編。

P1140684.jpg

もともとこの区間は路地裏を走り、並行する道路もないために、撮影するには沿線をうろうろ歩き回る必要があった。路地は線路を細い踏切で渡っている。そのそれぞれが個性的で、私も愛着を持って歩いてきた。

P1140685.jpg

今回の工事により、通常の路面電車同様、線路の両側が道路となるので、これら踏切も一掃されることだろう。すでに工事に関連して多くの踏切が閉鎖されてしまったが、そんな中、4種踏切が1箇所だけ奇跡的に残っている。4種踏切とは、遮断機も警報器もない踏切のこと。「止まれ見よ」がかろうじて判読できる錆びた標識。綺麗に更新されることは最後までないだろう。

P1140672.jpg

これまでは、通常の鉄道のように専用の軌道を走っていた区間だが、併用軌道に作り変えるにあたり、一旦線路を脇にどかす仮線敷設の工事が進んでいる。ここも間も無く仮線に切り替わるからだろうか、線路はすっかり草に覆われ、ローカル線の風情すら醸していた。

P1140692.jpg

草むした線路を、オリジナル塗色の7022号車がやってきた。背後の湾曲した線路が仮線である。
かつては31両が在籍した更新7000形も、この頃は5両程度が動くだけとなり、すっかり影が薄くなった。もっとも、その面影が全く失われるわけではなく、8両が機器更新の上7700形に生まれ変わって走り続けることになっている。7700形が8両揃う今年度末が、7000形の終焉ということになる。
このわずかな期間のうちに、両者が共存している様子を捉えておかなくてはと思っていた。特にこの、7022とのツーショットは残しておきたい。ただ、7700形は現在7701号車のみしか動いておらず、そんな図を見ることは思いの外難しい。それでも、なんとなくここで待ってれば見られる気がして、カメラを構えた。

P1140701.jpg

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
ちょっとこのタイミングは神がかってるとしかいいようがない。荒川車庫でのイベントの展示なら有り得るだろうが、やっぱり営業運転しているところを撮りたかった。真新しい7701の塗装に、7022の姿が写り込んでるのがまた良いぢゃねえですか。動画撮影にして音も録っとけばよかったと後で思ったが、まずはこの貴重な写真を撮れて満足の昼下がりだった。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 05:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今回の件は、そういうのとちょっと違うのかもしれませんが、私も仕事の途中で投げ出したくなることって、何回かありました。
でもやはり、後さき考えるとできなかったですね。

路地の間からちらっと顔を覗かせるのって、江ノ電にもよくそういのありますが、いいですね。
草むした線路も好きな風景のひとつです。
4枚目の写真の白十字の看板を見て、何年か前、そのあたりで、立葵の写真を撮ったのを思い出しました。

| タラ坊 | 2016/06/19 18:30 | URL |

タラ坊さん

そう、やっぱり普通は後先考えますよね。おっぽり出せば、これまでの苦労が無駄になると思いますから。彼の場合、そうしてまんまと苦労を無駄にすることを繰り返してきました。いよいよやばいなあと、本当に心配です。

私がこのシリーズで追い続けている区間は、専用軌道を併用軌道に作り変えるという非常に珍しい工事をしています。その他の区間でも道幅が拡がったり建物が変わったりとだんだん開放的になっており、従来の路地裏の路線というイメージが変わってきています。写真の4種踏切も、おそらく1年ほどして行くと、もうないんじゃないかと思います。こざっぱりする一方で、こうした景色が失われるのは残念なことです。江ノ電のように、沿線が寺社、文化財てんこ盛りならこうはならないんだと思いますが、これが都電の運命なのかもしれませんね。

| イノテツ | 2016/06/19 23:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1467-bc6bb223

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT