きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

撮っては追いかけ乗り鉄SL撮影〜秩父鉄道(1)

天皇陛下がビデオメッセージを発せられた。それは、すでに報道されていたように生前退位(譲位)のご意向を濃厚に示唆する内容だった。先月、このご意向をNHKがすっぱ抜いた際、某巨大掲示板ではガセ説も強かったが、私は情報の出処はともかく、話そのものは本当のはずだと主張した。陛下のお人柄からして、心身が衰え、務めを果たせなくなった状態で皇位にあり続けることは好まれないと拝察したからだ。実際の御言葉では、その辺はうやむやにせざるを得ないんだろうなと想像していたが、陛下はこの部分を特に率直に表現し、それがゆえに摂政という手段も不適切と言及された。摂政説に関しては麻生副総理も述べていたが、麻生さんは皇室の関係者でありながら鈍感に過ぎるなとがっかりしたものだった。
一方、この件を憲法改正に絡めようとする動きがあるが、私は最初の憲法改正で1章をいじることには絶対反対である。陛下のご意向を政争の具にしてはならないし、そもそも必然性がない。心ある国民なら、陛下のご希望が憲法ではなく、皇室典範の改正であることを理解すべきだ。譲位のみならず、旧皇族からの婿養子も禁じる現在の典範では皇室を維持できない。このままでは遠くない将来、皇室が日本の精神的な柱として機能し得なくなることは容易に想像できる。陛下はご自分のことよりも、それを深く案じておられるのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事でSLの写真を所望された。一般の人からすれば、鉄ヲタなら全ジャンルカバーできると思われるだろうが、実際には専門があり、好みは細かく分かれているものだ。私なんかはもっぱら気動車と路面電車が好みであり、まあ要するにSLの写真はあんまり撮ってない |∀・) 新たに撮ってくるしかないが、最も近い秩父鉄道だなとここまではさっさと決まった。
とはいえ、秩父鉄道のSLパレオエクスプレスは1日1往復しか走らない。シャッターチャンスが少ない中で、どこでどうやって撮ればいいだろうか…だが鬱のため、行程の計画を立てることがすごく苦痛だ。それこそが旅の楽しみだった私なのに、こんなザマに成り果てるとはつくづく情けない。
だが、そんな私への助け舟のようなサイトを見つけた。これである。これに完全に乗っかることにして、しばらくぶりの撮り鉄に出かけた。

P1160293.jpg

熊谷駅である。10時ちょうどごろ、EL牽引されたパレオエクスプレスが入線してきた。SL(C58363)は後ろに連結されている。だがこれをゆっくり見ている暇はない。傍から発車する普通列車に乗り込み、先回りするのだ。

P1160316.jpg

明戸駅で下車。ぶっちゃけ、それほどいいポイントではない。だが駅そのものはローカルな雰囲気を横溢させ、典型的な「初めて来たのに懐かしい」佇まいだった。

P1160314.jpg

まもなくやってきたパレオエクスプレスを撮影。カメラの操作を間違え、思わず4Kフォトで撮ってしまったが、静止画に切り出してもそこそこの画質を維持している。だがヘッドマークがいかん。秋に出す本に載せるのに「七夕」はまずい。煽りの構図は架線が目立つし、とりあえずこれは没('A`)

P1160323.jpg

撮影が済むと駅に戻り、すぐにやってきた後続の普通列車に乗車、パレオエクスプレスを追うのだった。そう、普通列車で追えば追いつき、そして追い越すことができるのだ。要はエクスプレスでもなんでもないということだね |∀・) これを繰り返せば、下り列車1本を3回撮れるというのが上記のサイトのキモなのだ。
昔、友人とパレオエクスプレスに乗ったとき、並行する道路をバイクが走り、追い越しては繰り返しこちらを撮っているのを見た。彼は秩父鉄道に一銭も落とさず撮影だけをしてるんだろうし、本当に鉄道を愛する者がする行為じゃねえわなと違和感満々でそれを見ていた。その点この方法なら、1日乗車券の運賃を正当に払っている上、下車駅ごとに硬券を蒐集するので、結構な額を落とすことになる。列車を使って追っかけ撮影といえば、昔、ブルトレを新幹線で追って撮ったことがあるが、SLとなると秩父鉄道が日本唯一なんだそうで、しかも手軽に日帰りできる。これはいいことを知ったなあ。

P1160335.jpg

乗り込んだ電車は5000系。都営三田線6000形の中古である。大学が三田線沿線だったので、ずいぶん世話になった懐かしい車両だ。で、その懐かしい緑のシートをバックに撮ったのが、この写真、熊谷駅の入場券である。期間限定でガリガリ君とコラボっており、当たりが出るとなんかもらえるという趣向なのだが、私のことであり、当然スカであった('A`)(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタとアウトドア | 14:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小学生のころ、遠足で秩父(長瀞だったかな?)に行ったときに、熊谷からSLに乗ったような記憶が微かにあります。
当時は、今のような観光列車ではなく、定期運行されていたSLがまだ多少残っていたような気がします。

中国のネットに、今回の天皇の行動は、誰よりも平和憲法を大事にしている天皇が、政府の憲法改定の動きを阻止するためではないのか、というような書き込みがあったそうです。
いくらなんでも、そんなことはあり得ないにしても、それを読んだとき、へぇー、そういう見方もあるんだと思いました。
中国にしても韓国にしても、なぜか皇室に対しては批判的な言動を抑えているように見えるのは、天皇が誰よりも先の大戦を反省し、世界平和を願っていることを知っているからじゃないかと思います。

| タラ坊 | 2016/08/12 21:47 | URL |

タラ坊さん

秩父鉄道はかなり早くから電化されていたようなのですが、観光列車でないSLが走っていたかどうかはわかりませんでした。
私が知っている範囲でも、数々の味のある中古車を走らせてきた線なのですが、現在は東急のデザインが最もへぼかった時代の中古が大放出中であり、秩父鉄道を含めた地方私鉄が次々とこれに毒されていくのは、大変残念です。

中国では、次期国家主席が天皇に謁見することで自らのハク付けをするのが慣例だそうで、習近平現主席もその手順を踏んでいます。
一方、韓国は天皇を「日王」と呼び、来韓したければ土下座をしろと大統領(当時)が言い放ったことで、日韓関係は一挙に悪化しました。
このように、中韓の天皇観は明らかに違うので分けて考える必要がありますが、実は、自国では失われた君主制への憧憬が底流にある点で共通しています。
で、今上陛下が国際的にも人気がある理由としては、「実はリベラル思想で安倍首相が嫌いらしい」と噂されていることもあるようです |∀・) そこから、今回のご発言を憲法改正阻止へ動いたと解する向きは国内にもあるんですね。
ですが私は、陛下の願いはあくまで皇室典範の改正で、それを成し遂げるには、1年やそこらで倒れない安定政権の強い指導力が必要だとお考えになったのだと推察しています。天皇の意思で政治が動くという事態は建前上避けたいので、ご発言後もしばらくは動かないフリをしなければなりません。安定政権でなければ、そうした時間のゆとりも持てませんからね。

| イノテツ | 2016/08/14 10:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1472-eca2760b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT