きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

撮っては追いかけ乗り鉄SL撮影〜秩父鉄道(2)

毎度ご迷惑かもしれませんが、宣伝の時間がやってまいりました |∀・)
私がデザイン(と一部写真)を担当した、ムックとくたび ザ・ベストが出ました♪
これは、去年出たやつの最新版で、新ネタもいろいろ載ってるようですよ。この仕事では実際の編集には関わっていないのですが、前回よりだいぶ鉄道色が薄まり、私の写真もかなり没られました。都電の写真は是非使って欲しかったんだが残念至極('A`)

また、これまで紹介できずにいた今年の鉄道関係書の仕事も、ここで一覧にしちゃいましょう。
鉄道裏ワザ大全
あなたの知らない大阪「駅」の謎
愛知県 駅と路線の謎

これらの仕事が、鬱の闇に堕ちようとする私を引き上げてくれているのは間違いないことで、本当にありがたいことだ。ベストセラーとはいい難いまでも、渋く売れてくれてる(らしい)のも嬉しい。なんとか心身を回復させて、良い本作りをしていきたいと改めて願う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【前回のあらすじ】
編プロの指令でSLを撮りに秩父鉄道へ。
明戸駅近くで撮影後、SLを追う普通列車に乗車した。

P1160337 (1)

SLパレオエクスプレスが、エクスプレスとかいいながら普通列車より遅いということは前回書いた |∀・) それを逆手に取り、普通列車で追いかけながら、SLを何度も撮る企画の2回目である。
普通列車は、寄居でパレオエクスプレスを追い越した。いうまでもないが、寄居は東武東上線の終点である。私みたいな豊島区民の場合は、律儀に熊谷から回らなくても、池袋から直行する手もあったなと後から思った。
普通列車を上長瀞で降り、駅の右手へ荒川の河川敷を目指す。だが、ここは一般的にいわれる有名ポイントではない。ちょっと分かりにくい取り付きから山道を行き、狭い岩場に降りるのである。好天に恵まれた夏の週末、周囲には川遊びの観光客が多い。一人、カメラを荒川橋梁に向けて集中する鉄ヲタの私は明らかに周囲から浮いた存在だったが、周囲から浮くのには昔から慣れっこなので苦にはならない。
川下りの船がいく。おお、これが有名な川下りか。初めて見たので珍しくて必死に写真に撮ったが、拍子抜けするほど次から次へと来る。どうやら、ここでは大して珍しいものではないらしい。

P1160352.jpg

次から次へと来る割に、列車が通過するときにはぱったり来なくなるのが不思議だった。交錯しないように決まりでも作ってるのかもしれない。
その一方、構図に迷っていた。夏空を大きく入れたら高揚感が出るだろうな、川を強調すれば涼しげだな、どっちも入れたいけど日の丸構図になっちゃうな…。だが私は自称・雲を呼ぶ男(←嵐を呼ぶ男みたいにかっこよくはない)だ。このときも、すごい勢いで雲が湧いてきて空は絵にならなくなり、悩まなくてよくなった('A`) ついでに言うと、ネットで見た作例ほどSLが煙を吐いてくれず、なんかしけた絵になってしまった。基本的な資質が撮り鉄に向いてないんだな俺(絶望感)。
ああ釈然としねえ! とかぶーたれながら山道を登り、上長瀞の駅に戻った。屋根のないホームには日差しが戻り、いるのは白いスカートの少女が一人、俯き加減に歩いている。一瞬そこに美を見出しそうになったが、ポケモンGOをやってるらしいことが知れ、一気に興ざめした('A`) 文明の利器は、何よりも風情を削ぐ能力に優れる。

P1160374.jpg

乗り込んだ普通列車は、秩父駅で再びパレオエクスプレスを追い越した。列車の最後尾から、追い越しざまに撮った写真がこれである。黒い煙がもくもく出てるし、脇ちょに並ぶ不似合いな電車や、カメラを向ける観光客の様子も面白いなと思い、編プロにはこの写真をトリミングして提出。私が雲を呼んじゃったせいで天気は悪いが、最後の奥付ページに使う用の飾り写真なので、ダブルトーンに加工することで、雰囲気のある絵にできた。

P1160388.jpg

この列車を白久(しろく)駅で下車。ここは渋い駅だった。あまりに渋くて写真が白黒だ |∀・) 秩父鉄道は現在でも全駅が有人駅なので、こんな山間の駅にも駅員がいる。そこに地元民らしいオサーンがやってきて話し込み始めた。麦わら帽子がたまらなく決まってるぢゃねえか。これだよ、俺が鉄道に求める原風景ってやつわさ…などとしばらくこの雰囲気に酔っていて、SLを撮りに来てたことを忘れてしまった。我に返って撮影ポイントに着くと、車で乗りつけていた撮り鉄たちにいい場所はあらかた取られていて、ろくな絵にならなかった。まあ天気も悪かったし、別にいいか。

P1160398.jpg

終点の三峰口までは1駅なので充分歩ける。3カ所でどんよりとしけたSLの写真を撮った後は嘘のように晴れた。嫌がらせかよとも思わされたが、例えばこの4種踏切の写真は、列車がいたら逆に邪魔だろう。それでなくても4種踏切なのに、未舗装というところがなおそそる。私は常々、最近の鉄道車両のへっぽこぶりを嘆いているクチだし、鉄道写真といっても、車両は脇役か、あるいは全く写ってないこんな写真を撮ってるときのほうが楽しめてるような気がする。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタとアウトドア | 09:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああ、いろいろお仕事されていますね。
「とくたび」は参考になりそうです。
白久駅、いい雰囲気です。人がいるといないとでは、雰囲気が全然散ってくるだろうなと思います。

以前お話しした女性の銭湯絵師の件、ブログに電話番号が載っていたので電話してみました。今、企画書を書いています。その企画書を拝見したうえで考えてみます、ということでした。
このところ、本づくりに以前ほどの情熱が持てなくなっていますが、久しぶりに「本にしたい」という思いがよみがえってきました。

| タラ坊 | 2016/09/11 11:24 | URL |

タラ坊さん

『とくたび』では、表紙は版元の担当でして、おねえさんなどもあしらわれた垢抜けたデザインとなっています。私自身、内容はほとんど知らないので、後で読んでみたいです。
秩父鉄道にも東急の中古車が流入して車両の風情は崩壊しつつありますが、沿線の雰囲気には今も魅力があふれていますね。

スケジュールや予算で無茶な条件を強いられ、やっつけで仕事をしていると、悪い意味の疲れが蓄積していきます。出版は斜陽の時代なのですから、高品質なものを1冊1冊大事に、育てるように作っていきたいと思うし、また、そうでないと生き残っていけないだろうとも感じています。

| イノテツ | 2016/09/11 20:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1475-9b1d96a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT