きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

JR北海道に金を落とす旅(1.追憶の深川駅へ)

映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK』を観てきた。
内容はドキュメンタリーなので、ここで何を語ろうがネタバレみたいなことにはなるまいが、何がウリかというと、美しくリマスターされた絵と音ということになる。
とはいえまあ、最も強く感じたことは、ああ、この時代に居合わせなくて良かったという、おかしな安堵感だった。私が生まれたのはビートルズ解散の3年後。全く世代が違い、そのことで、リアルタイムで体験できた人たちを羨ましく思ってきたのにだ。
映画に執拗に描かれていたのは当時の熱狂だった。ファンにしろアンチにしろ、あれはもう狂気といって差し支えあるまい。私があの時代に生きていたとしたら、間違いなくそれを嫌悪した。あの時代の喧騒と偏見に阻まれて、私の耳にはビートルズが届かなかっただろう。だが幸い、実際のクラスの友人たちはアイドル歌手に夢中で、洋楽そのものを聴いていなかった。極めて静かな環境でビートルズを聴き漁ることができたのだ。そうそう、今はすっかり寂れたあの田舎町にも、あの頃はレンタルレコード屋があったんだっけ。
前にも書いたが、ビートルズが真の巨大さを現したのは1965年の『Rubber Soul』からであろうと思う。だが映画では、このアルバム以降の作品は素敵に端折られてしまう('A`) ライブを中心に綴る内容だから仕方ないとはいえ、残念至極だった。ビートルズが喧騒の中でのライブを嫌々やっていたのは知っていた。だから、映画の中で度々出てくるライブのシーンも、どうしても複雑な気持ちで見てしまうのだった。
そういえば、ボブ・ディランへのノーベル文学賞授与が報道された。だが、明らかにそういう芸風ではない彼より、ジョン・レノンの方がよりふさわしいのではと、映画を観ながら思っていた。彼の詩はライブをやめると特に深くなり、ビートルズ解散以降、花開いて素晴らしい歌を数々生み出した。だが大変残念なことに、ノーベル賞を受賞するには、まず第一に存命でなければならないのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の相次ぐ台風上陸により、北海道には甚大な被害が出た。経営の悪化から、秋には廃止路線候補を公表する予定だったJR北海道だが、今は被災した路線の復旧作業でそれどころではない。何せ、冬になる前に終えなければならない北海道ならではの事情があるから時間がない。もうやばいだろこの会社、JR東日本か東海が吸収してやればいいのにみたいな話が某巨大掲示板に上がってはくるが、今や完全に民間会社となった東日本や東海の株主がそれを許すわけもなく、むしろ現実的なのは再度の国有化だろう。何せ、ドル箱と思われていた札幌周辺ですら実は赤字だったのだ。

P1170967.jpg

苫小牧駅で増毛までの切符を買った。それから、札幌〜深川間は特急券。すげえぜ、割引なしの普通の切符だぜ。まあぶっちゃけ適切な割引切符が見つからなかったというのもあるのだが、今回はJR北海道にしっかり金を落とすことがテーマなのだった。

P1170990.jpg

札幌駅。ここから特急スーパーカムイに乗り換える。列車の案内札がずらりと並ぶ懐かしい光景。「臨時列車」というのは、根室本線の被災で走れなくなっているスーパーおおぞらの代わりの列車だろう。トマムまでを臨時特急として走り、帯広まではバス代行、釧路までは臨時快速が走っている。
スーパーカムイに揺られることしばらく。酒がいい感じに回ってきたところで深川に到着した。ああ懐かしいなあ、この駅で降りたのは何年振りだったか。でも初めて来た時のことはよく覚えている。平成7(1995)年の8月、翌月廃止される深名線の葬式鉄のためだった。

P1000487.jpg

当時の6番乗り場の写真が残っていた。駅名標の右に「まるやま」と見える。これが深名線だ。左側が留萌本線であり、北一已は改名前で「きたいちゃん」と表記されている。
側線には気動車が2両見える。奥の急行色のはキハ53 507。板張りの床、本当に網の網棚、年季の入った愛すべき車で、深名線と運命を共にした。手前のはキハ40 717。現在は改造を受け塗色も変わって苫小牧に転じ、日高本線用のキハ40 353を名乗っている。もっとも日高本線も先日、大部分の区間の廃止やむなしという沿線自治体の合意があった。この車の命運もここで尽きるのかもしれない。
これら気動車が去った側線は現在すでに剥がされて駐車場になっている。どこまでも衰えていく鉄道の現状に胸締め付けられる。

P1180006.jpg

深川から留萌本線に乗り換えるわけだが、ここも留萌〜増毛間が12月に廃止されることになっており、今回の主目的はこの区間の葬式鉄なのだった。深名線葬式鉄の頃、まさか本線を名乗るこの線までが廃止されるとは露ほどにも思っていなかった。この20年の間に、状況は一挙に悪化していたのだ。
で、廃止区間の乗車券やら各駅の入場券やらが特別に販売されていたので当然ゲット。郵送販売はしておらず、現地のみでしか手に入らない。

P1180012.jpg

駅を出て、増毛行きを撮影することにした。この4929Dは、1日に1本だけの、旭川から直通してくる列車だ。深川で長時間停車をするので、こういう悠長なことができるのだ。
それにしても、この写真では間違いなくサボが付いているのだが、次に深川駅で見たらもうなくなっていた。実は、留萌〜増毛間廃止にあたり、それに関連するものが次々盗難に遭っているんだそうで、これも、それを警戒した措置だったのかもしれない。情けなや鉄ヲタ。世間ではよく撮り鉄が非難の対象になるが、それよりさらなる下の最底辺に「盗り鉄」というのがいる。世間に広く知られる前に絶滅しといてくれよホントに。
なお、私も実は「旭川↔︎増毛」のサボを持っている |∀・) もちろんこれは正規のルートを経て購入したもので、旭川のローマ字表記が「ASAHIGAWA」になっている懐かしいものだ。

P1180026.jpg

ひたすら私を追いかけ続けてきた雨雲だが、ようやく息切れしてきたようだ。今回の旅で初めての日差しが、深川駅に停車するキハを鈍く照らした。これに乗って、おそらく最後となる留萌〜増毛間の廃止区間へ向かう。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 04:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私が「EIGHT DAYS A WEEK」を観ながら思ったことは、ビートルズももはや歴史になってしまったなぁということでした。
私はあの時代に居合わせてしまった1人で、来日コンサートにも行っていますが(高校1年のときでした)、来日のころは、実は興味が薄れていました。
それまでビートルズはラジオでしか聴くことができず、一部の洋楽専門誌が取り挙げるぐらいでしたが、来日前になるとTVでもやるようになり、一般の芸能誌や週刊誌が取り挙げるようになって、そうなると俄かファンが増えてきて、「I Want to Hold Your Hand」や「Twist and Shout」の時代から聴いてきた従来からのファンとの間に溝のようなものができていました。
一部の人間だけの間で共有されていたものが一般化してしまったことで興味が薄れたのだと思いますが、私のへそ曲がりの傾向はすでにその頃から始まっていたようです。
そんなことでしばらく聴かないときがありましたが「Rubber Soul」以降、また聴くようになりました。
おっしゃるように、ジョンレノンは解散以降の曲のほうがいいですね。

ボブ・ディランは、ノーベル賞なんかに興味はないという感じで、価値観の問題でしょうが、1億近い賞金がもらえるんだから素直にもらっておけばいいのにと思ってしまいます。
ちなみにボブ・ディランの曲では「Rike a Rolling Stone」が一番好きです。

北海道は死ぬまでに一度乗ってみたいという路線がいろいろありますが、みんななくなっていきそうですね。
最後の写真はいいですね。
雨雲が息切れしてきたということは、この後、晴れの展開になるのでしょうか?

| | 2016/10/24 18:41 | URL |

タラ坊さん

「ビートルズは最後に『Abbey Road』を作ったことで伝説になった」と、これはまあ随分前からいわれてきましたが、それは、リアルタイムでこの時代に居合わせた人が当時感じたことなのでしょう。
私にとってははじめから歴史上のグループで、それゆえにその作品を順番ではなく好き勝手に聴く自由が与えられていました。初めて聴いたアルバムが『Rubber Soul』で、その次が『Abbey Road』、『Let It Be』でした。
90年代に、ジョンが遺した未完成テープを使用したニューシングルが2枚出ましたが、これが私にとってのリアルタイムのビートルズ体験の全てです。ファン同士の軋轢とは無縁なのは幸せなことですが、一方、分かち合える仲間がいないのもまた事実です('A`)
私も、ボブ・ディラン本人が歌った中では「Like a Rolling Stone」を挙げたいですね。でもぶっちゃけ芸風が好みではなく(こんなことを言うと当時の熱心なファンに頃されそうですが)、彼の曲をバーズが歌った「My Back Pages」が一番好きですね。

ビートルズではありませんが、北海道の鉄道も伝説と化し、または歴史の彼方に埋もれていきます。やはり世代が違うことで、羽幌線や天北線、そして最も車窓が美しいといわれた湧網線に乗ることは叶いませんでした。
今、かろうじて残っていた路線網の根幹部分が崩壊し始めています。是非乗っておいていただきたいのは道東の2路線、釧網本線と花咲線です。遠いですが、本当に良いです。下手をすると、あと2、3年程度しかもたないかもしれません。ここの廃止が決まれば、留萌本線や日高本線以上の騒ぎになるでしょうね。

| イノテツ | 2016/10/25 02:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1482-5054c966

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT