きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高尾梅郷梅見散策

イノテツ氏の「駅前温泉紀行」で触れられていたように、3月半ばに、高尾梅郷と呼ばれる裏高尾の旧甲州街道沿いを、イノテツ氏を誘い歩きに行った。
その前日に雨が降ったし、もう梅は遅いかとは思っていたもののかなり咲き残ってくれていた。と言うより、枝によってはまだ蕾状態のものすらあった。
梅の季節にここを訪れるのは、八王子在住の知人に誘われ、高尾梅郷梅まつりに来て以来だ。その梅まつりは、その前の土日で終わっている
旧甲州街道の蛇瀧口の少し手前から中央線の走るほうへ入って行くと、中央線をまたぐ上下2つの踏切がある。以前、そこまでは来たことがあったものの、その先までは行ったことがなく、今回はじめて足を踏み入れてみたのだが、思いのほか景色が開けていて、背後にそびえる外環道の高架を見上げたりさえしなければ気持ちの好い場所だった。

高尾1

高尾2

オオイヌノフグリやオドリコソウなどが咲き乱れる草地に腰をおろし、高尾駅近くの和菓子屋で求めた豆大福といちご大福を食べた。この齢になると、そういう小さなことにも幸福を感じるようになる。もっとも、私の場合、美味しいものを食べれば、たとえどのような状況下にあろうと、そのいっときだけは幸福感に浸れるのだが…。
立原正秋が「まずい食い物には希望がない」と書いていたけれど、私もそう思う。
と、そのようなことはどうでもいいのだが、左側の土手状になっている梅林は梅まつりのときであれば開放されていて中に入れたかもしれないが、そのときはロープが張ってあって、立ち入り禁止の札が出ていた。個人所有の梅林なのだろう。
その後、再び旧甲州街道に戻り、蛇瀧口から、高尾山内に2つある滝行場のひとつである蛇滝を経て、登山道を登り、薬王院にお詣りした後、6号路を京王線の高尾山口へと下りてきた。ここから先は、イノテツ氏の「駅前温泉紀行」をご参照いただきたい。
高尾山へは年に1~2回は行くものの、大抵、小仏城山を経て小仏峠か、あるいは相模湖のほうに下りてしまって、京王線の高尾山口に下りることはあまりないので、その駅構内といってもいいような場所に日帰り温泉施設ができていたことを知らなかった。まだ新しいせいかきれいで気持ちよく、アルカリ性単純温泉ということで、少しヌルヌルした感触のお湯だった。
高尾山に温泉ができたことは喜ばしいのだが、なにしろ駅直結で便利過ぎるから、紅葉などのハイシーズンの土日などは、それこそ、1~2時間待たなければ入れない状態になるのではなかろうかと危惧される(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

想像以上にこたえた雪山登山から中4日での梅林見物となりました。雪山では「うををっ、アイゼンが効かねええ」とかの難渋を強いられたのですが、今回は実に穏やかな山歩きを楽しめました。
花粉のこの時期、春の訪れを素直に喜べる体調では全くないのですが、都会にいるより、花粉の源である山に来たほうが、むしろ症状は治まります。露天風呂の間近に杉の木があり、マスクを外さざるを得ない環境ではすかさず症状が悪化して残念至極でしたが('A`)
とはいえ私などは一応五体が機能しているわけで、こうして体を動かして色々見聞きしているとき、幸せというか、有難さを感じたりします。

| イノテツ | 2017/03/27 00:20 | URL |

イノテツ様

昔、まだ山をやりはじめたばかりの頃、アイゼン必携の山にアイゼンなしで行ったことがありますが、片側が切れ落ちた細いアイスバーンになった登山道を通過するときは本当に恐怖だったことを思い出します。

生まれてはじめてインフルエンザに罹ったりしたので、この春は、これも生まれてはじめて花粉症になるかと思いましたが、今のところその兆候はありません。

順風満帆とは程遠い人生でしたが、それでも五体満足で、自分の足で歩けたり走れたりしていますし、病院通いはしているものの、十分生活の質は保ているし、それだけでよしとしなければいけないだろうなと、私も思います。

| タラ坊 | 2017/03/27 18:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1499-cb2464a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT