きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日は、鎌倉・海RUN日和

4月29日から5月5日までパート仕事は休みになった。と言っても、5月1日は病院だし、2日は一部の人間だけ出社を命じられ、その一部の人間に組み込まれてしまったので、完全に7連休とはならなかったものの、せっかくの休みなので、旅行やハイキングに行くだけの気力もなく、そんな気分にもなれなかったけれど、せめてもと思い、鎌倉・海RUNをしてきた。
この時季は北鎌倉や鎌倉駅周辺はごった返しているので、そちら方面は避け、大船からモノレールに乗って江ノ島経由で鎌倉入りした。
こちらへ来るといつもそこで昼をとる片瀬の東家というお寿司屋でランチの握り(1,000円)を味わう。
オバマさんが来日した際、安倍さんと訪れた、ミシュラン三ツ星の「すきやばし次郎」は、昼も夜も3万円だそうだが、そちらは行ったことがないので、3万円のお寿司がどんなものかわからないけれど、わたし的には1,000円のランチの握りで十分だ。
1,000円のランチの握り(と、しつこく繰り返す)で十分満足したところで龍口寺を参拝する。

龍口寺

龍口寺の出水舎で、外国人が作法通りに手と口を清めていて、へぇーと感心した。日本人でも、お寺で柏手を打っている人や、逆に神社で合掌している人を時折見かけることがある。形より心が大切だとは思うけれど、最低限の作法は心得ていて損はないだろう。

満福寺
満福寺

前回、あちらこちら歩き回って、それだけで草臥れてしまったので、その反省もあり、今回は、小動神社は、走る途中に参拝することにして、満福寺をお詣りした後、腰越から江ノ電に乗って、そのまま鎌倉駅へと向かった。
とはいえ、清水湯が開く3時まではまだ間がある。そこで、妙法寺やぼたもち寺(常栄寺)、安国論寺と廻り、さらにまだ時間があるので、材木座の光明寺にまで立ち寄ってしまい、今回もやはり、いささか疲れてしまった。

妙本寺
妙本寺はあふれるばかりの緑に包まれていた

紫蘭
ぼたもち寺の狭い境内には紫蘭(シラン)が咲き乱れていた

藤の花
ぼたもち寺から安国論寺へ向かう途中、藤の花がきれいに咲いているところがあった

海RUN日和というにはその日、天気は良かったものの風が強く、海岸沿いの道を走っていると砂がピシピシ顔に当たってくる。
それでもその日は、疲れを感じることなく、材木座から腰越海岸まで快調に走れた。戻りも稲村ケ崎公園で、夕陽に染まる海を眺めながら少し休んだだけで、快調に材木座まで戻れた。
清水湯のお湯は少し熱めだけれど、あのくらいの熱さが一番気持ちよいように感じる。
小さい子が熱くて湯船に入れず、お父さんが「やけどしないから大丈夫だよ」といくらなだめても入ろうとしなかった。子どもというのはあれで、結構用心深いところがあるようだ。
冬だと、清水湯を出る頃はもう真っ暗で、材木座周辺は人けも絶えて真夜中のような雰囲気になってしまうけれど、今頃だとまだ多少明るさを残しているので、気分的に楽だ。
後半の3日から5日までの3連休は、そのうちの1日、皇居を走りに行こうかなと思っている(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鎌倉に行って来られたのですね。
私などは山に登らなきゃと企画していたジャストタイミングで足を怪我し、まあ大したことはないのですが、わざわざ痛む足を引きずって歩くこともあるまいと、結局都内のウォーキングに留めました。鬱もあり、人様に引っ張り出されるなど、ある程度の強制力がないと遠出ができない精神状態だったりもします('A`)

あれはもう40年近く前になりますか、父に連れられて松山の道後温泉に行ったときのことをよく覚えています。幼児にとって、公衆浴場の湯は実際に殺人的に熱いのです。強制的に湯船に投げ込まれましたが、地獄の責め苦でした。そういうのを繰り返して、徐々に気持ちよくなっていくんですけどね。
ですが、最近の若い人は公衆浴場の経験なしに大人になることも多いです。すると湯温の感覚が幼児のままらしく、42度の湯が熱くて入れないんですね。将来、各地の温泉なんかも、それに合わせてぬるく調整されてしまうんじゃないかと余計な心配をしています。

| イノテツ | 2017/05/05 04:40 | URL |

イノテツ様

足の怪我で山行きを断念されたとか。
お大事になさってください。
7月頃になったら、碓氷峠越え、やりましょう。

この時期はどこへ行っても混むし、電車も混んでいて、大船まで東海道線に乗ったのですが、結局、大船まで座れずじまいでした。また、それに加えて、個人的な事情でやっかいな問題を抱え込んでしまっていることもあって、あまり出かける気分になれなかったのですが、でも、鎌倉行ってよかったです。
実際、あれこれ考えたところで、物事は成るようにしかならないし、成るようになっていくでしょうから、成り行きに任せるしかないだろうと思います。

池之端のあそこは論外で熱すぎですが、銭湯の湯温も、以前に比べて、だいぶぬるくなっているように感じます。
家に近所はやたら銭湯の煙突が林立していて、駅から徒歩10分以内の範囲に5軒も銭湯があったのですが、そのうちの2軒(そのうちの1軒は以前ご紹介したことのあるラドン温泉です)が閉店してしまいました。
銭湯を維持していくより、駐車場にしたりマンションを建てたほうがお金になるでしょうから、しょうがないと言えばしょうがないのですが、少し、寂しい気もします。

| タラ坊 | 2017/05/05 12:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1504-80e1eaba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT