きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

廃止から30年、筑波鉄道の面影を訪ねる

昭和憲法の施行から70年が経過した。70年間一字一句変わることがなかったが、進む世界の現実に対応するため、「解釈改憲」を繰り返してきた。先ごろの安保法制などはその最たるもので、こういうことを繰り返していると憲法の権威は骨抜きになってしまう。あってはならないことだ。
高校時代、友人と「自衛隊は合憲か違憲か」という議論をした。相手は自衛官の息子だったが、「9条がある限り、明らかに違憲だろ」と私は言い放った。私は転向組で、もともとは左翼だったことをここに告白する |∀・)
「9条がある限り自衛隊は違憲」。実は今もそう思っている。9条を素直に読めば、自衛隊のみならず、警察も海保も、あらゆる実力組織が違憲だ。現実問題としておかしいのはむしろ9条の存在なのだと、その後気づいたのだった。
さて、9条は2項で成り立っているわけだが、第1項では有名な「戦争放棄」を謳っている。これは侵略戦争のことをいっているのであり、維持されるべきだ。問題は第2項で、ここで交戦権すら否定している。攻撃されたらされるまま滅べというのだ。生存権も財産権もガン無視。2項が狂っていると私が思う所以である。
この第2項の削除を求める声は多いが、まだ難しいだろう。そこで今回、安倍首相は第2項を削除せず、自衛隊の存在を書き加えることを提案した。「第3項」である。明らかに第2項と矛盾するのだが、「加憲」のみを是とする連立相手の公明党もこれなら呑める。個人的には大いに不満だが、今や自衛隊の存在そのものを否定する人は稀だから、国民投票にかけても過半数を得られるだろう。また、「第3項」の追加により、第2項のニュアンスが若干変わることにも期待ができる。まずはこの方向での改正を目指すのも一案だと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1010431.jpg

GWで茨城の実家に帰った私は、母とともにドライブに出かけた。もっとも、体の弱い母の体調を考えればそう遠出はできず、筑波山系雨引山の中腹にある雨引観音にお参りすることにした。そこに筑波鉄道筑波線の廃線跡探訪を絡めようという企画である。
筑波線の廃線跡は全線にわたって「つくばりんりんロード」という自転車道に生まれ変わっている。正式には「茨城県道505号(桜川土浦潮来自転車道線)」といい、れっきとした県道である。再編により、平成28(2016)年からこの番号、名称に改められた。
画像は旧常陸北条〜旧筑波駅間の踏切跡。鉄道現役時代は当然列車が優先だったわけだが、現在では「止まれ」と大きくペイントされている。
なお、この旧筑波駅と現存するTXのつくば駅は全く無関係。旧筑波駅は筑波山口と改名し、バスターミナルとして機能している。

P1010439.jpg

雨引山の麓にある雨引駅跡。現在は休憩所となっている。ホームが残され、線路だった道路を自転車が過ぎていく。鉄ヲタの目には寂しい光景に映るが、なだらかなカーブが続き、大きな勾配もない廃線跡の道は、自転車を走らせるには実に快適なコースに違いない。
さて、ホーム上に駅名標っぽいものが立っているが、これはあくまでも駅名標っぽい案内板で当時のものではない。廃止から今年でちょうど30年。さすがに本物は残ってないのか。

P1010442.jpg

こんなところにあった。近隣にある雨引小学校の前庭だ。オサーン一人で小学校の敷地なんかに入ったら即セコムされてしまう窮屈な昨今だが、さすがに田舎はおおらかだ。それに、佇まいの渋さに惹かれて先に入っていったのは母なので私は悪くない |∀・) 隣の絵は、在りし日の筑波線を描いた卒業制作だろう。いずれもすっかり古びてしまっていて、時の流れを見せつけられた。

軽自動車はエンジンを唸らせて急坂を登り、雨引観音山門前の駐車場に着いた。長い石段に、新緑を透けて落ちる木漏れ日が揺れていた。だが悲しいことに、母はこの石段を登りきることができなかった。心臓と膝がだいぶ悪くなっているのだ。親の衰えを目の当たりにするのは辛いものだ。母は途中のベンチで休むことにし、私だけが本堂まで行き、賽銭を投げた。

P1010455.jpg

岩瀬駅は雨引駅の隣で、筑波線の終点だった。JR水戸線との接続駅だったので、駅そのものは現存している。母は幼少時から駅が好きだったようで、岩瀬駅の雰囲気も気に入ったようだった。まあ駅舎が北向きのため、撮影しようにも終日逆光なのが大変悔やまれるわけだが('A`)
さて、画像の左に赤と青の大きな袋が見えるのに今気づいた。サイクリングを終えた人が、自転車を分解し、輪行袋に収めたところだろう。つくばりんりんロードは当然岩瀬で終点となるので、ここで列車に乗り、帰途に就くのだろう。
そう、自転車と列車の旅を絡める場合、こうして輪行という方法をとるのが原則だ。私も若い頃やってたが、正直めんどくさい。めんどくさいので社会人になったらやってられなくなってしまったが、ここのところは自転車をそのまま持ち込める鉄道路線が、地方私鉄を中心に増えてきた。そんな中、JRの千葉支社が房総ローカル区間でそれを導入すると発表したのは朗報なのではないか。特に内房線なんかは乗客が激減し先細り一直線なので、こうして新しい鉄道の利用法を提案していくことは大事だわな。

P1010468.jpg

引き返して実家に戻る帰路、最後の目的地として訪れたのがここ、真壁駅跡だった。単式ホームと島式ホーム、2面3線の構造がよく残っていた。手前の階段は構内踏切で、両ホームを行き来するのに使用したものだろう。廃止から30年。これを長いと見るのか短いと見るのか、なんだか雰囲気はすでに遺跡じみてきている('A`) ホームに覆いかぶさるように伸びているのは桜。鉄道現役当時から駅の象徴みたいなものだったそうだが、列車が来なくなって30年、ここまで大きく生長したのだ。

さて、今回紹介した3駅は、かつての大和村、岩瀬町、真壁町の中心駅だった。この3町村は合併して現在は桜川市というが、恐ろしいことにバス路線がない。筑波線が廃止された当時は当然、代替バスが走り始めたのだが、それすらもやがて廃止されてしまった。確かに岩瀬の駅前にはバスターミナルらしき構造が整備されていたがもぬけの殻だった。究極にまで進んだ車社会が、このようにいびつな交通体系を作り上げてしまったのだ。ツケを払う時期は近かろうな…ハンドルを握り薄暮の道を行きながら、私はそんなことを考えていた。病巣は深い。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 廃線、廃駅…時間旅行 | 22:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イノテツ氏がかつて左翼であったとは知りませんでした。
一方、わたしの左翼は相当怪しい左翼で、単に反権力(権威と言ってもいいかもしれません)志向が強いだけなのかもしれないと思ったりします。だから、中国に生まれていたら、民主化運動に参加していただろうなと思います。

自衛隊が違憲か合憲かと言われたら、明らかに違憲なのですが、だからと言って、自衛隊の存在を否定する人は、今やあまりいないように思います。まあまあそう硬いこと言わずにという、日本独特の黒白つけない曖昧文化というの、わたし、割と好きだったりします。

以前、日光の山王林道を自転車で走っている人を見て、いいなぁと思ったことがあります。しかし、駅などで、自転車を袋に収納しているのをときたま見かけますが、確かに面倒くさそうですね。
走るほうが面倒がなくていいかと思ったりします。

| タラ坊 | 2017/05/06 18:06 | URL |

タラ坊さん

そうそう、中学生の頃なんかは共産党の街頭演説とか聴いてましたね。それでいて天皇陛下、当時は昭和天皇でしたが、わけもなく好きでした。本来、左右に明確な壁なんかないんでしょう。
9条と自衛隊の矛盾というのは、国内だけならなあなあで済ませられると思いますが、国際的にはそうはいきません。以前ならPKOも集団的自衛権もなかったので目立たなかった矛盾が、国際社会に晒されてきたということですね。自国の憲法すら守れない国と烙印を押されることは、国際的信用に傷をつけます。

列車に乗るたびに自転車を分解して袋に入れる輪行は確かにめんどくさいのですが、やってる当人にはいささかのステータス感があったりするんですね。
また、今回紹介したつくばりんりんロードは、ほぼフルマラソンの長さに相当するのですが、自転車ですと結構さっくり走破できてしまいます。私は心臓が悪いのでジョギングだと負担が大きいのですが、その点自転車なら手頃ですし、またやってみたいです。都会暮らしで、普段の使い道に乏しいのが難点ですが。

| イノテツ | 2017/05/07 01:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1505-b642cc50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT