きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【鉄ヲタとアウトドア】中央本線と大城山


覆水盆に返らずである。稀代の大ボラ吹き・吉田清治の嘘から始まり、朝日新聞が執拗に書き立てたことで日韓関係を破壊した慰安婦問題。吉田が虚偽を認め、また朝日新聞も一連の記事を取り消したが、一人歩きを始めた虚偽には異次元的な尾ひれがついて、最早手がつけられない。
吉田は生前、韓国に私費で「謝罪碑」なるものを建立していた。そこに刻まれている碑文も当然虚偽である。一連の大ボラで、こんな碑を建てられるくらい儲かっていたわけで、実に腹立たしい。吉田の長男は現状を憂い、この碑文を消すことを思い立ったのだった。
これを引き受けたのが元自衛官の奥茂治氏である。当初、碑文の刻まれた石板をひっぱがす予定だったのだが難儀なので、上から「慰霊碑」と刻んだ石板を貼り付けることにした。この碑は吉田の私物で長男に相続されており、一連の作業には何の問題もない。
だが奥氏はとっ捕まった。出頭を求められ、自ら韓国に渡って進んで逮捕されたのだ。何法に引っかかったのかは不明だが、おそらく国民情緒法違反なのだろう。以前、韓国紙の記事を引用しただけでとっ捕まり、裁判にかけられた産経新聞の記者もいた。国民情緒法は、憲法や条約の上位に位置する恐ろしい存在である。
奥氏ははじめから、こうなることを覚悟の上で引き受けたのだ。裁判にかけられれば、そこで吉田の虚偽を訴えるつもりだという。韓国人は吉田に騙され、ありもしないことのために怒り、恨んでいる。怒りや恨みはストレスである。しかもそれが嘘によるものなら尚更だ。この問題の解決は、日韓両国民のためになるのだ。奥氏の勇気と行動を心から讃えたい。
撒き散らされた覆水を片付けるという、困難かつ気の遠くなるような作業が始まっている。だが、産経以外の大手マスゴミは、例によって軒並みスルーを決め込んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お仲間に入れてもらっている登山のグループで、今回は長野県辰野町にある大城山方面に連れて行ってもらった。地図で見ると、下のような場所である。



鉄道に少し詳しい人なら、中央本線が諏訪湖のあたりで旧線と新線に分かれていることはご存知だと思う。明治39(1906)年の開業当初のルートが辰野経由の旧線で、今回登った大城山を回り込むような形で大きく南に迂回している。これには政治の力が働いたといういわゆる我田引鉄説と、山をぶち抜いてトンネルを掘る土木技術が未熟だったという説がある。
その後、昭和58(1983)年に塩嶺トンネルが開通し、みどり湖経由の新線がメインルートになると旧線は寂れ、現在は短編成の普通列車が時折発着するのみである。
今回、登山口に向かう車中で「で、辰野駅には何があるの?」と問われた私はこう答えるしかなかった。「かつての栄華の名残と、それが醸す寂寥感ですかね…」。
さて、大城山へは道路が通じており、登山口に車を止めると、少々の登りで山頂に着いてしまうのだった。労せずして素晴らしい展望が得られる。

P1030475.jpg

辰野の街が箱庭のように眺められ、画像の左下、辰野駅構内に進入していくのは中央本線のE127系である。また、右中央方向へ飯田線が分岐していく様子も見える。天竜川(中央上)に合流する直前の横川川に橋がかかっており、ここを渡る列車を撮れたらかっこいいと思われるが、他のメンバーの手前、長々とは待ってられないのだった('A`)
ここ、昭文社の「山と高原地図」の範囲から外れているために盲点だったが、辰野駅から歩き始めて山中を北上、岡谷駅へ抜けるコースも考えられる。鉄道でアクセスし、駅から駅へというのが本来の私のスタイルなので、改めて訪れるのも面白いなと思った。鉄道俯瞰ポイントとしては一級品である。まあ、来る列車がしょぼいのが惜しまれる点ではあるのだが。

P1030477.jpg

ここからしばらく山中を歩いていくと「日本中心のゼロポイント」という所に着いた。北緯36度ちょうど、東経138度ちょうどという端数のないポイントなのだ。こういうポイントが日本には40箇所ほどあるらしいが、中でも最も日本の中心に近いのがここということらしい。つまり、それが珍しいのであり、これという展望があるわけでもないので、我々は記念写真を撮るとすぐ来た道を引き返した。

P1030482.jpg

開放的な林道を歩いていく。北緯36度00分47秒、東経137度59分36秒と、ゼロポイントからはちと外れた所に、この日本中心の標がある。ゼロポイントの景色に不満が残る向きには、ここも合わせて訪れることをお勧めする。近くに展望台もあり、眺めは非常にいい。ただし鉄道俯瞰はできない。また、林道を使って車で入ることも可能というあたりは評価の分かれ目かもしれない。
一同、ここで食事にし、なんだか急に雲行きが怪しくなってきたところで下山にかかった。
辰野駅から岡谷駅のコース、いつか実現してみたい。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタとアウトドア | 02:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

韓国には国民情緒法なんていうものがあるんですね。
国際法よりもそれが優先される稀有な国のようです。

以前、岡谷から松本方面に乗ったとき辰野という駅を通ったような気がします。何かの童謡で有名なところでしたよね。
日本中心の橋とかゼロポイントというのもはじめて知りました。

大城山は素晴らしい俯瞰ポイントですね。
こういうのを見ると、まだ知らないところがたくさんあるなぁと改めて思います。

| タラ坊 | 2017/06/29 18:47 | URL |

タラ坊さん

もちろんですけど、「国民情緒法」は実在しません。実在しませんが、国民感情が法治を超えるという皮肉で、理性的な韓国人が言い出した言葉のようですね。実際、これによって朴槿恵政権が倒れました。民主政治、さらには韓国そのものを壊す恐ろしい思想だと思います。

岡谷から松本へ行くのに辰野を経由したとすれば、新線開業以前でしょうか。時間はかかったと思いますが、乗り鉄の私にしてみればすごくうらやましい経験です…でも私も急行アルプスに乗ったことはあり、それは辰野経由だったらしいです。寝てたので全然気付きませんでしたが('A`)
辰野はオリンパスのレンズ、そして蛍で有名なところのようです。蛍は夜でないと堪能できませんから、まさにこの時期、ゆっくり滞在してみたいものですね。

俯瞰の本は色々消化不良のまま作ってしまいましたが、分かってればここは確実に入れましたね('A`) 鉄分皆無の人に教えてもらうとは不覚の極みです。まあ現場では無邪気に喜んでましたけどねw

| イノテツ | 2017/06/29 22:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1512-9bec3a0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT