きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小田急線沿線火災に見た乗客の民度

戦後の日本に、再び空襲警報のサイレンが鳴ったことを、もっと重く受け止めるべきだ。
私は基本的に憲法9条の理念に賛成だ。こうした理念が世界に広がれば戦争はきっとなくなる。だが残念なことに、この理念は一向に広がらないどころか、これを掲げる日本の平和をも脅かすようになってしまった。北朝鮮をここまで増長させ、核・ミサイル戦力を持たせてしまったのは、9条の理念が悪意に利用されたからである。9条が悪いのではない。人間が悪いのだ。性善説に基づいて制定された9条は、人間の悪意に対応できないという悲しい弱点を持っている。
こうなる前に北朝鮮に平手打ちを数発かましておければ、これから起きるであろう悲劇を未然に防げた。だが、この「平手打ち」も、思いっきり9条に抵触する。まずいのは、このことが現実の問題から目をそらして先送りにし、より深刻な状況を作り出すのに利用されてしまったことだ。悪意を持って9条を守ろうと叫ぶ手合いに気をつけたい。彼らは平和を乱し、日本を破壊することを目的としている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方、明治神宮にお参りしてきた。
ところが上空がやかましい。見上げると、ヘリが何機も飛んでいて、中でも神宮上空でホバリングして離れないやつが特にうざい。警備の人によると、近くで火事があったという。ああ火事ですかと答える自分が少し安堵していたのが怖かった。もっときな臭い予感があったからだ。

P1070493.jpg

北参道を抜けると代々木駅が近い。画像右側にはテントが設営されている。各地、例祭の時期だ。ここでこんな行列を目撃した。振替乗車券を求める人たちである。小田急沿線で火災があって運休しているという。ああ、さっき聞いた火事のことか。すると、火事は参宮橋駅付近ってことになるな。
なお、火事場の様子など、メジャーなことは散々報道されてるのでそちらをご覧ください。ここでは、より鉄ヲタ的視点から、周囲の様子を見ていきます。

P1070499.jpg

心身病んでるので参宮橋まで歩くのはきついということで、手前の南新宿駅まで行ってみた。こんな状況だった。一見普通だが、異常な点を3つ探してみてください。
1.ホームに人がいない
2.下り線の至近に電車が2本止まっている
3.線路を人が歩いている
瞬時にこの3つに気付ければ鉄ヲタ入門編は合格です |∀・)

P1070510.jpg

近寄ってみるとこんなだった。駅間で止まった電車から降りた乗客が、踏切までの線路を歩いているのだった。なお、法被姿のオサーンは、本来1枚目の画像のテントにいるべき人なんだろうが、絵的にいい感じだったので載っけさせていただいた |∀・)

P1070513.jpg

職員の手助けを受けながら、乗客が次々と線路上に降り、踏切へと向かっていく。不謹慎だと叩かれるかもしれないが、現場は意外と和やかだった。杖をついた老人もおられ、そういう人にとっては災難この上なしだが、非日常を楽しんでる風情の人も多かったのだ。私に話しかけてきたお姉さんも、「ここから新宿まで歩けますか?」とニコニコ笑っていた。「頑張れば歩けますよ」と、私も彼女の非日常感を微妙に煽ったりしたのだった。
これ、意外と大事なのだが、小田急沿線民のレベルの高さに改めて感嘆した。震災だの水害だのみたいな洒落にならんものは別として、こうしたトラブルくらいなら楽しめてしまうっていうのはすごいことだと、個人的には思うんだよね。外国でこういうことが起きると金返せだの早く下ろせだのと途端に混乱するものらしいが、私が見る限り、そうしたことは一切起きなかった。唯一、地元民らしきオサーンが、踏切の警報機がやかましいと文句を言っていたくらいだ。

P1070532.jpg

それというのも踏切の警報機は列車が近づくと自動的に作動するものだからだ。こうして列車が踏切付近で立ち往生すると、警報機は自ずと鳴り続けることになる。遮断棒も自動的に降りたままになるわけだが、この棒は着脱可能な構造になっていて、今回も、専門知識を持った作業員が着脱し、ここを渡る人の便宜を図っていた。その手順は興味深くて動画案件だなと思ったが、防犯上問題がありそうだからスチルだけにしておく。

P1070537.jpg

この踏切にはこの作業員一人が張り付き、技術的なことから乗客、通行人の対応までこなしていた。本来なら他にやることがあったんだろうにお疲れ様です。彼は盛んに指令と連絡を取り合っていた。ポコペッペンポッペンペン♪ というiPhoneでおなじみの着信音の他に、ジリリリリーンという昔懐かしいベルの音が響いたりもした。アンティーク趣味なのかこの人と思ったら、本物だった。鉄道用非常電話(鉄道電話)である。げっ…黒電話だ…。

P1070547.jpg

線路脇に黒電話、シュールぢゃねえかこの絵…。大概時代から遅れてたうちの実家でも、黒電話は中学生の頃(昭和末期)までだったわな。そう考えると、これはどんだけ年代ものなんだろうか。しかもちゃんと機能してるし。少なからず埃かぶってるのも、まあそれだけ非常事態が少ないからだと好意的に見たいと思う。
黒電話がこうして現役で機能してるのはなんだか嬉しいことだとはいうものの、大手私鉄である小田急ですら非常時への対応は後回しなんだなあということ、私企業にできることには限界があり、お上は鉄道会社に対して冷たすぎるんじゃねえかという不満が芽生えた。車会社からより一層金もらってるからなんだろうけど、公共の福祉により寄与するのは鉄道だと、私は固く信じる。
あと余談だけど、ネット上で「黒電話」の愛称で通ってる人がいるわな。日本ではこんな状態だが、あの国では黒電話がトップに君臨し、世界を翻弄してるんだからすごいことだ。

P1070555.jpg

概ね情報が行き渡ったのか、渡りに来る人も車も稀になった踏切は、通らない列車から通行人を守るため、虚しく機能し続けていた。(イノテツ)
スポンサーサイト

| ニュースなど | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

パスワードを変えろという表示が出て、変えないと次に進めなかったので変えたのですが、それは昨日、今日の話ではなく、去年のことなので、それが今頃になって影響するというのは、確かに謎ですね。
なんにしても、パスワードは私がアクセスするためだけのものと思っていたのですが、全体に影響するものだったのですね。だとするとお知らせせず、申し訳ありませんでした。

南新宿駅の鉄ヲタ入門編のクイズは、私は合格でした。
列車の屋根に燃え移った様子をTVのニュースが流していましたが、あんなに簡単に燃えるものなんだと思いました。

非日常を楽しむというのは、日曜日だったからというのもあるのかもしれません。平日のしかもラッシュ時だったら、そんな余裕はなかったかもしれませんが、いずれにしても、小田急線の乗客の民度の高さということは言えそうです。

ウチの固定電話も黒色ですが、ダイヤル式ではなくプッシュ式です。固定電話はほとんど使わず、たまにかかってくる程度ですが、かかってくるのは、大抵、保険とか霊園とかの営業電話で、使わないのに基本料払い続けるのもムダなので、止めてしまおうかなと思っています。

9条は、人類究極の理念だと思うのですが、残念ながら人類はいまだそこまで到達できずにいますね。

| タラ坊 | 2017/09/11 17:11 | URL |

タラ坊さん

普通ブログは一人で書くものなので、今回のようなことは起こりえませんからね。今後もパスワード変更の機会はありそうですから、その度に共有していかないといけませんね。

そう、これが平日のラッシュ時だったら阿鼻叫喚だったでしょう。それはそれで「うっわー会社行けねえ、断腸の思いだぁ♪」みたいな人は多かろうと推測しますが |∀・)
今回、なんでこともあろうに火事場の脇に電車が緊急停止したのかで議論になっていますね。どうやら警察が非常停止ボタンを押してそこに止めてしまったものらしく、小田急は完全な被害者だったことが分かってきました。
電車の屋根には一部ウレタンが使われていて、それが燃えたようですね。ただ、それ以上燃え広がることがなく、一人のけが人も出なかったことは評価されるべきという意見に私は共感しました。

ダイヤル式の電話を使った記憶は随分遠くなりましたが、0だの9だのがやたら含まれる番号だと回るのに時間がかかり、まどろっこしかったのを覚えています。

9条の崇高な理念を守ることで国が滅びるのもまた一つの道かもしれません。ただきっと、後年の歴史書では「…という馬鹿な国がかつてあった」で片付けられてしまうんだろうと思います。そう、カルタゴのようにです。古代ローマ時代から人間は全く進歩していないんだなと鬱になります。

| | 2017/09/12 04:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1520-9caac97e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT