FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(続)長瀞七草寺霊場巡拝記

葛花の寺である遍照寺から野上駅方向へ向かい、また踏切を渡って、次に朝貌(桔梗)の寺である多宝寺(真言宗智山派、本尊は十一面観世音菩薩)、藤袴(フジバカマ)の寺である法善寺(臨済宗妙心寺派、本尊は阿弥陀如来)を参拝したが、桔梗も藤袴もあまり咲いていなかった。
藤袴の寺で思い出したのだが、取材時、この寺でちょっとしたトラブルがあった。取材に当たっては予め霊場会に断りをいれてあったのだが、この寺で「お宅が商売で本をつくるのは勝手だけれど、なんでうちがそれに協力しないといけないの」と取材拒否にあったのだ。言い分はもっともなような気もするが、それでは取材にならないので、霊場会に連絡し、霊場会から話を通してもらって、やっと取材が叶った。
私もこれまで取材等で数多くの寺を訪ね、住職にもお会いしてきたけれど、愛想の良いお坊さんもいれば、こういうヘンクツというか融通の利かないお坊さんもいる。けれど、それは、お坊さんに限らず、どの世界でもそうだろう。
それはともかく、藤袴の咲いていなかった藤袴の寺である法善寺から長瀞駅方向へ進み、次に女郎花(オミナエシ)の寺である真性寺(真言宗智山派、本尊は不動明王)を訪ねた。

女郎花咲く真性寺

藤袴の寺の法善寺の、いかにもやる気のなさそうなのに比べて、ここの女郎花は見事だった。庫裏で自家製の梅干しなどいろいろなものも販売していて、せっかく足を運んでくれた参拝者に楽しんでもらおうというサービス精神が旺盛だ。
いろいろな考え方があるから、一概にどちらが良いとか悪いとかの問題ではないけれど、いつまでも檀家制度に依存していられる時代ではないのだから、お寺も時代に合わせた意識改革が必要なのではないだろうかと思った。
と、そんなことはどうでもいいのだが、お彼岸まではまだ間があるけれど、その境内で、早くも彼岸花(曼珠沙華)が咲いていた。

彼岸花

この花を見るといつも、羯諦 羯諦(ギャーティ ギャーティ)という気分になる。
最後に、蠟梅で有名な宝登山の麓にある撫子(ナデシコ)の寺である不動寺(真言宗醍醐派、本尊は不動明王)を参拝し、ここを結願寺とした。

不動寺

この寺に霊場会の事務局がある。
7か寺全部巡れてよかったものの、この後、荒川橋梁に行く予定にしていたのだけれど、いさかか遅くなってしまった。これから行ったのでは暗くなってしまってダメかと思ったけれど、行くだけ行ってみようと、長瀞駅から1駅乗って上長瀞駅で降り、荒川の河原に下りた。
日暮れ間近の河原は、川面から靄が湧き出して幻想的な風景を見せていたが、やはりいさかか暗く、写真がモノトーンになってしまった。

荒川橋梁

さて、完全に暗くならないうちに河原を抜け出さなくては。
薄暗くなりはじめた観光地というのは、シーズンオフのときもそうだけれど、店もほとんど閉まってしまい、人通りも絶えて、なんだか寂しいものがある。
駅で列車を待つ間に完全に真っ暗になってしまったけれど、久しぶりに気持ちのよい1日を過ごせた巡礼行だった(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

藤袴の寺の坊主は全くの俗物でしょうもないです。まああんまり特定の寺をディスるのもあれですが|∀・)
もちろん世の中にいい僧侶はおられるのですが、でも皮肉なのは坊主の血を引きながら俗世間にいる人、または途中で僧侶をやめて還俗した人に、より魅力のある人がいるように感じることです。私も坊主の血を引く者として、身を律して生きていきたいと思っております。

最後の写真はいい雰囲気ですね。こうして夕方、逆光で撮るのであれば、いっそのこと露出を下げて、橋や電車を完全に影にしてしまう手も考えられたかと思います。ただ、スマホでの露出の調整はどうやるのか、実はよく知りません('A`)

| イノテツ | 2017/09/18 05:12 | URL |

イノテツ様

私は基本的にお寺はサービス業だと思っていますが、そう思っていないお坊さんも多く、いまだに上から目線で教えを垂れるという姿勢の人も多く見られますね。
歌舞伎にしろ、和菓子や和食などもそうですが、それぞれの時代に合わせイノベーションがなされてきたことによって伝統として受け継がれてきたのと同じように、お寺も、世間や時代に必要以上に迎合する必要はないにしても、それぞれの時代に即して、人々のニーズに合わせて変化していくという、そういうビジネス感覚が、これからの寺院経営には必要なのではないだろうかと思っています。

XPERIAのカメラには背景ぼかしという機能もあるようなので、彼岸花の写真などはその機能を使えばよかったなと思いますが、それは後になってそう思ったことで、撮っているときはそんな機能のあることは忘れていました。
しかし、さすがに露出の調整までの機能はなさそうです。

14日から今日まで、恒例の夏休み期間の無給休みをとっていましたが、それも今日で終わりで、今週末からはまた学校がはじまります。

| タラ坊 | 2017/09/18 10:49 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1522-7207e644

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT