FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【駅前温泉紀行】東海道本線平塚駅・天然温泉湘南ひらつか太古の湯

えー、宣伝の時間がやってまいりました |∀・)
このブログではあんまり商売っ気は出したくないし、ていうかなんかもらえるわけでもないので、基本的には鉄道関係の仕事をさせていただいたとき、そうでなくてもいいデザインができたんぢゃねえかと自惚れたときに気まぐれにやらせてもらってます。今回は2冊。
まずは『ぐるり一周34.5キロ JR山手線の謎2020』(実業之日本社)です。この本では本文のデザインと組版、及び写真の一部を担当しました。都電の写真はいうまでもなく私 |∀・) 既刊本の改訂新版という位置付けで、「新駅の設置工事が始まった。でも駅名は未定」というこの微妙な時期での刊行は、後で見るとなかなか味わい深いものがあるのではないかと思っています。
もう一冊は『おにぎりと日本人』(洋泉社)。こちらは本文だけでなく、装丁も担当させていただきました。シンプルかつかっこ良い装丁というのは結構難しいもので、この本ではそれがうまくいったなと感じています。なお、写真のおにぎりは母に握ってもらったもの。おにぎりが食文化として認知されているのは日本だけ? という話は、韓流ドラマとか見ちゃってる層にとっても納得のいくものじゃないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1100170.jpg

東海道本線の平塚駅である。「平塚駅である」といってこの写真が出てくれば、この駅を知っている人は一様に「なんでわざわざ裏口やねん(#゚Д゚)ゴルァ!! 」と思われるだろうが、今回は風呂ネタだ。目的地へはこちら、西口を利用するのが近い。
平塚駅には東口と西口があり、そのそれぞれが北口と南口を伴っている。なんぢゃそりゃ∵。Д・゚∴・゛ヒデブ!と脳みそが破裂しそうだが、平塚の場合、街に行きたければ北、海に行きたければ南と概ね見当がつくので、こんな案内でなんとかなっているのだろう。

P1100200.jpg

というわけで西口の北口で街に出るとそこはすでに場末の雰囲気を醸しており、線路沿いに営業してない屋台が並んでるのを見ると、つい白黒写真にしたくなってしまうではないか。背景に過ぎていくのは貨物列車だ。

P1100206.jpg

そこから間近のところに天然温泉湘南ひらつか太古の湯はある。一部ネオンが消えているあたりに哀愁が漂う。とはいえ西口の北口から徒歩2分と案内されているように、まさに駅前の温泉である。

雰囲気は良くいえば大人向け、正直言ってちょっと怪しげw 実際客層は中高年中心で私(氷河期世代)なんかは最年少なんじゃないかと思われた。だがこの雰囲気は私にとってすごく馴染めるもので、おお、これは穴場を発見したぞと内心喜んでしまったのであった。
湯は全体にぬるく、こちとら江戸っ子で熱い湯が好みでい(←でも本当は江戸っ子じゃない)とか思ってしまった。まあ宿泊もできてまったりする施設なので、ぬるくしといてゆっくり何度も入るのが流儀なのだろう。今回は一時間以内の立ち寄りコース(1030円)を選択したのだが、ケチらずゆっくりしていくべきだったと痛切に思った('A`)
一方、店を出るとき、ランナーの一団に出くわした。これは銭湯ランナー(EX)ってやつだな。荷物を預けてジョギングに行くわけだ。立ち寄りコースはこういう人向けなのだろう。HPを見たら江ノ島まで行って帰ってくる31kmなんていうコースも案内されている。常人だと五時間くらいかかるだろこれ。普通の銭湯だと二時間くらいで帰ってこなきゃみたいな空気があるが、ここは24時間営業なのでそうした心配もなくのびのび走れるわけだ。いいなこれ。

P1100209.jpg

風呂上がりに東口方面へ歩き、繁華街の中にある菜幸で、辛タンメンと半炒飯のセットを楽しんだ(980円)。実は麺大盛を頼んだのだが提供されたのは並盛で、後で大盛分が別皿で出てきた。もちろん店員のミスなのだが、この別皿の麺に餃子用の味噌だれやとんがらし、酢を少々垂らしてみたら別世界の味を楽しめた。気分は井之頭五郎だw また、この店のウリは具材の野菜の豊富さで、キャッチフレーズは「野菜足りてる?」。私はラーメンを食うとき、とにかく野菜がいっぱい欲しいので、この店のスタイルは大いに気に入った。また来たいけど、日常的に通うのに平塚はちと遠いわな('A`)

P1100154.jpg

というわけで、表口である東口の北口は地方都市の風格すらたたえた堂々たる雰囲気。風呂ネタということで夜の訪問になってしまったが、見どころの多い場所なので、また改めて明るい時間帯に来てゆっくり歩いてみたい。
そして今回の風呂には宿泊するくらいの勢いで来て、31km(は無理だろうけど)走ってみたいなあと思った。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 駅前温泉紀行 | 04:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

山手線の本は、「謎」という言葉にそそられます。
おにぎりの本のカバーデザインは、赤と白という配色もシンプルで、いいですね。おにぎりを切り口に日本人論を展開するという発想は私には思い浮かばないものでした。

これを書いている今、ちょうどお腹が空いているときなので、おにぎりや、チャーハン食べたくなりました。


平塚駅というのは、通ったことはあるけれど、多分、まだ降りたことはないような気がします。
2枚目のモノクロ写真はわびしげでいいですね。
昔の立川を思い出しました。
立川は今でこそ、近代的でおしゃれな町になりましたが、かつて米軍基地があった頃は、なんだか荒んだ印象があり、場末感漂うところでした。

31㎞走るのは、私もちょっとムリですが、31㎞走れれば、フルマラソンも可能なんじゃないかと思います。

| タラ坊 | 2018/01/11 18:00 | URL |

タラ坊さん

和食が世界的にブームとかいいますが、どうしても受け入れられないのが海苔と梅干しであり、これらを含みつつ、さらに冷や飯にわずかな塩味をつけたのがおにぎりなわけです。「味がしない」だの「貧民の非常食」だのと海外では散々な評判らしいです('A`) まあ言わしときゃいいんじゃないかと個人的には思いますが。

平塚の都内からの距離感は、概ね土浦や小山や熊谷といったところに相当しますね。近くも遠くもないので、意識しなければ降りることはないかもしれません。私にしても、こうしてある程度の時間滞在したのは初めてでしょうね(あらかた入浴に費やされましたが)。ただ、土浦のさびれっぷりと比べれば活気に溢れ、ここに住んでたら楽しいだろうなと思わせる雰囲気でした。

素晴らしい景色を見ながらある程度の距離を走りきる達成感を味わってみたいものです。25km走れるようならフルマラソンも可能だとか聞いたことがあります。私の最高は皇居3周ですから15kmですね('A`)

| イノテツ | 2018/01/12 05:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1540-1bfc74aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT