FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

再びの富士急日和

昨年のお正月に富士急に乗りに行った話を「今日は富士急日和」と題してこのブログに書いたが、先日、1年ぶりに、再び富士急に乗りに行ってきた。今回は、アホキ氏、イノテツ氏も一緒で、3人揃っての富士急日和になった。
昨年は三つ峠駅が起点だったが、今回は三つ峠駅から3つ先の下吉田駅を起点にした。この駅からほど近い「新倉富士浅間神社」の境内から、富士山をからめて富士急を撮ろうというのが第一の目的だった。
ここは外国人観光客に大人気のスポットであるらしく、特に桜のシーズンには、それこそ押すな押すなの大混雑になるらしい。
さすがに冬のこの時期、それほどの混雑ではなかったものの、それでも外国人、それもアジア系の人の姿を数多く見かけた。
ここからは、正面に富士山が大きく望め、その下を走る富士急も眺められるのだが、いかせん富士山が大きすぎて、両方を取り込もうとすると列車が小さくなり過ぎて、なんだかわけのわからないものになってしまう。しかも、当日は、富士山の上のほうは雲に覆われてしまっていた。

新倉公園

こんな感じで、中央に縦に白く伸びているラインが線路で、そのどこかに富士急が走っているはずなのだが、そう言われてもわからないレベルになってしまった。それでも肉眼では列車を認識できるので、ご興味のある方はお出掛けください。
その後、下吉田から富士急で二駅戻り、寿という駅で降りた。線路際の道を大月方面に5分ほど歩くと左手の山裾に鳥居が見える。その石段を登って行くと、こんな風景が眺められた。

寿駅近くの神社

石段は雪が凍り付いていて、登るときはいいものの、降りるときは少し怖い。
山をやり始めたばかりの頃、那須の三斗小屋温泉に冬に行ったことがあり、片側が切れ落ちたアイスバーンになった道をアイゼンなしで歩いたことがあるけれど、そのときの恐怖に較べればたかがしれている。

今回訪れた2か所は、いずれも情報があってのところだったが、富士急は各駅にポイントがありそうなので、丹念に歩き廻って、自分だけのオリジナルポイントを探すのもいいかもしれない。もっとも、それをするだけの時間もお金もないけれど(タラ坊)。

スポンサーサイト

| 未分類 | 18:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

日本人、しかも比較的富士山に近い地方に住んでいる者からすれば、山頂に雲がかかっていても「いやぁ、今日はちょっと残念ですね」で済むんですけど、わざわざこんなところまで来ている外人観光客は素ん晴らしい案内写真に惹かれて来たに違いなく、がっかりでしょうね。私あたりも、どうしても山頂から雲が取れない利尻山、登頂したら案の定真っ白の利尻山のがっかり感が今でも忘れられません('A`)

2枚目、やっぱり私のよりいい感じです。出さなくてよかった |∀・)

私の場合、一ノ倉岳や五竜岳で滑落を経験し、また、白馬岳大量遭難のとき現地に居合わせて命拾いしたクチなので、特に雪山では「チキンですが何か」精神で装備を固めますね。この撮影の翌週、三ツ峠山登山をしましたが、メンバーのことも考え、アイゼンを2つ持って行きました。まあ実際にはアイスバーンは少なく、比較的お手軽なスノーハイクを楽しみました。

| イノテツ | 2018/02/21 01:58 | URL |

イノテツ様

そうですね。我々であれば、せいぜい数千円程度の交通費でまたの機会にということもできますが、数十万円単位の旅費をかけてわざわざ日本にやってきた外国人観光客にしてみれば、おまけに400段近い石段を登らされて、富士山がこれでは悔しさも一入でしょう。

2枚目の写真の場所はネットの「富士急撮影ポイント」の情報を参考にしましたが、自分で言うのもなんですが、そのネット上にUPされていた写真よりも、こちらのほうがなんだかいい気が自分でもしています。

三つ峠山は登ったことがありませんが、上信国境の鼻曲山も、霧積温泉のほうへ向かわず、軽井沢からの往復であればお手軽スノーハイキングが楽しめるところでした。

| タラ坊 | 2018/02/21 18:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1546-2f8ca7c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT