FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

定点撮影の難しさ(失われゆく風景番外編)

民進党と希望の党が合流し、国民民主党ができるんだそうだ。分裂した民進党がまた合わさり、看板を掛け替えるわけだ。民主党系の離合集散は当初から繰り返され、それは民主党政権下においてすら止まなかった。だが、新味をアピるこの手法もすでに飽きられ、起死回生策にはなり得ていない。当人たちが「ゼロからのスタート」と言うのも、実際にゼロにまで落ちた支持率(希望の党/毎日新聞2月調査)をネタにした自虐ネタなのかもしれない。
小池百合子都知事が中心になって希望の党が結党されたときは期待したものだった。保守系野党を標榜し、政権交代をも目指したわけだが、党勢拡大策から民進の議員を大量に迎え入れたことで「失望の党」になってしまった。民進議員を左右に仕分けようという構想から、左側は立憲民主党に集結し安定感を見せているが、希望の党に来たのは右側などではなく残りカスだった。民進に右側なんかいなかったことが証明されたわけである('A`)
以前、同じことをしてしくじった例がある。日本維新の会である。現在の維新は国政政党としてはだいぶ小さくなってしまっているが、それでもおかしなのを切り離した結果、きちんと仕事をする野党としての存在感を維持している。数に目がくらんで民主系に手を出すのはもうやめた方がいいってことだ。希望の党は結党メンバーを中心に存続するそうだ。維新とともに、働く野党を目指してほしい。
で、この国民民主党とやらも、相変わらず審議拒否という名の職場放棄をし続けるんだろうか。百田尚樹氏の「邪魔ばかりして仕事せんのなら、もうずっと出てこんでええわ」という発言はいささか極論に過ぎるにしても、国民の冷たい視線を言い表したもののように感じる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「失われゆく風景」をテーマに大塚駅前〜鬼子母神前間の都電を撮り始めて10年になるので、今年は本格的に定点撮影をしてみたいと企てており、前回も二組を紹介した。だが、あれは比較的うまくいったやつで、実際の撮影はなかなか難しい。今回は、三組をご覧いただきつつ、その難しさを愚痴ってみようかと思う。

1.思わぬところに構造物ができてしまう
DSC_0045_20180427064846b24.jpg
P1110658.jpg
上・平成20(2008)年12月/下・平成30(2018)年4月

左端を白いライトバンが横断していくところまで合わせてあるこだわりようw 併用軌道化の工事により、インファンド軌道への敷き替えと架線柱のセンターポール化が進んでいる。だが、このセンターポールがばっちり構図の真ん中に立ってしまった('A`) まあ普通、柱はなるべく避けて撮りたいわけであり、これは大変困った。今後は構図を変えるべきなのか、資料としてこう撮り続けるべきなのか。

2.定点に立てない
DSC_0107_20180427064849c22.jpg
P1110619.jpg
上・平成20(2008)年12月/下・平成30(2018)年4月

大塚駅の南口は全てが変わったので、北口にある右端のビルを目印にして撮っている。旧景には懐かしい旧木造駅舎が写っており、旧塗色の都電とともに昭和50年代の雰囲気を醸していた。新景ではバス停が電停近くに移設されている。そんな中で定点は現在生垣になっており、立つことができない。こうした例は多く、かつて撮影ポイントとしたはずの踏切が移動していたりして定点に立てないのだ。一組目で線路の向きが少し違うのも、そんな理由だと思う。

3.そもそも定点がどこだか分かんない('A`)
P1010002.jpg
P1110622.jpg
上・平成14(2002)年12月/下・平成30(2018)年4月

先ほどの新景で移設されていたバス停は、かつてはここにあった。旧景で路面に「バス停」とペイントしてある辺りが新景で電車が横断している辺りに相当する。つまり、歩道の位置も変わったのだ。隣接していたタクシーだまりは移設され、その場所は、先日紹介した広場になっている。
緑屋根の旧駅舎は立派な駅ビルに建て替わり、位置を合わせる目印がない。かつて大塚のランドマークであり、旧景でも右上に見えている交通新聞社の広告塔。これが建っていた北口のビルも、とうとう先日取り壊されてしまった。定点がつかめず、ちょっとこれでは比較にならないかな。

旧景は普通に撮ればいいのだが、新景はそれを真似っこして撮らなければならない難しさがある。旧景の画像をスマホに入れて持ち歩き、カメラのモニタと見比べながら調整していくのだが、やってみるとなかなか面倒だ。試行錯誤して、よりうまく撮れたら差し替えたりしていきたいと思う。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 07:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

国民民主党は、私も何も期待できるものを感じません。支持率1%同士がくっついたところで、2%にはならないだろうと思います。

1枚目と2枚目の写真を見比べながら、車輌はそれぞれの風景に合っているように思いました。
大塚駅の変わりようも、なんだかすごいですね。見事に場末感がなくなっています。また、ここでも、それぞれの風景に車輌がマッチしているように思いました。

ところで、勤め先の大学のある市川国府台から松戸駅までバスで向かう途中、ちょっといいんじゃないかという常磐線の俯瞰ポイントがありました。
今度、写真にとってきてUPしますね。

| タラ坊 | 2018/04/27 18:24 | URL |

タラ坊さん

すみません、実家に帰っており、コメントが遅れてしまいました。

朝鮮半島情勢が動いていますね。面白いのは、ここで「日本蚊帳の外説」を唱える人は、同時にもりかけやセクハラに異様にこだわり、半島問題から日本を引き離そうともしていることです。何が目的か丸分かりで、国民民主党とやらもまさに野合そのものということですね。

今回のネタはまあ愚痴に終始するわけですが、10年前、撮り始めた当初から定点撮影を想定していたわけで、過去の自分から課された宿題に、文句たれながら取り組んでいる図ということになりますね。今後、工事が進捗していくと、定点に立てない事態は一層増えていくと思われ、どうしたものかと悩ましいところです。

新ネタのうp、楽しみにしております。

| イノテツ | 2018/05/01 01:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1554-a427fd4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT