きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京さくらトラムは紫陽花の季節

大阪を中心に大きな地震があり、死傷者が多数出ているようだ。まずは亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々へお見舞い申し上げたい。
地震の規模そのものは大したことなかったものの直下型だったために揺れが大きくなり、被害が拡大した。最大震度は6弱なので十分大地震と呼ぶべきものだろう。この地域は外人、中でも韓国人観光客の人気が高く、運悪く居合わせてしまった人も多かったのではないだろうか。彼らの国では驚くほど地震が少ない。昨年、浦項というところでM5.4の地震が起きて大騒ぎになった。かの国では観測史上最大級の地震で大きな被害が出たのだが、日本でいう震度にすると3か4程度だったらしい。日本だと「ああ揺れましたね」程度の出来事だが、これは世界の非常識だってことだ。昨今は政府もインバウンド呼び込みに躍起だが、日本にはこういう恐ろしいことがあるんだということを正直に伝えていく責任もあるはずだ。
そしてどうしても阪神大震災を思い出してしまうわな。今回の被害が当時より限られているのは地震の規模のみならず教訓が活かされているからだと思うが、まだまだ不十分だ。
かねがね思うんだが、もうインフラ拡大に走るより、現在あるものを維持・向上させるべき時期に来てるんじゃなかろうか。昭和の時代に野放図に造りまくったものが今になって重荷になり、危険の元になったりしている。維持・管理は建設より地味だから予算がつきにくいとかあるのかもしれないが、もうそういうゲスい考えはやめるときだ。大事なことは何なのか、みんなで考えなければ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1130115.jpg

という時節でもあるので、今日の本編は言葉少なに地味なネタにした。恒例の梅雨と都電である。
紫陽花は好きな花だ。根暗な性格なので、雨に映える、特に青紫の花が好きだ。向日葵みたいな、日差しを燦々と浴びて元気一杯みたいな花は、見てると逆に鬱になる(-_-)
沿線にも多くの紫陽花があるが、意外と電車とは合わせにくい。写真は、今の都電で一番好きな7701号車だが、現在、ヘッドマークを付けて運行している。

P1130117.jpg

こんなやつだ('A`) おいてめー、さくらトラムへようこそとか言いつつ、身を飾ってるのは薔薇ぢゃねえのかよこら(←密かに背景もだ背景もw)。多分だが、沿線のことを最もよく知っている荒川車庫の中の人たち自身にやっちまった感が最もあり、それを踏まえたデザインなんじゃないかと思う。もちろんそれは彼らのせいじゃないし、ヘッドマークそのものはとっても綺麗にかわいくできているので、もっと天気のいい時に撮り直したいと思った。

P1130135.jpg

そして例によって大塚駅前に移動し、何枚か撮った。以前、過労で倒れて臥していた時、回復を試すために必死こいてやってきたのが梅雨のこの辺りだったっけ。「ああまだまだ全然ダメだ」とガラケーで1枚だけ撮って帰宅したもんだった(←重くて一眼レフが持てない)。そう考えると、だいぶ体調も良くなった。

P1130180.jpg

雨の日、慌ただしく行く人をぼんやり眺めるのが好きだ。以前も書いたと思うが、ぱっぴいえんどの「12月の雨の日」に出てくる「流れる人波を僕は見てる」っていうフレーズにすごく共感する。仲間はいるのかなと雨の日の都電を撮った動画をうpしたことがあるがさっぱり伸びなかった('A`) 一般的な感覚とは、やっぱりずれてるんだろうな。

P1130133.jpg

まあいいんだ。共感してもらいたいとか思うから疲れるし、自分の言いたいこともしたいことも自主規制してしまう。そんなのはつまらん。したいことをやらせてくれよ、君の邪魔はしないからさ。

P1130110.jpg

でも一方それはそれとして、ファインダーの中の人物がJKかなんかだったらより絵になっただろうなとか思ってしまったりはするわけだ |∀・) やれやれ、なんだかんだ言っても結局は俺も俗物だ。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 都電・路面電車 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

群馬に続き大阪でも大きな地震がありましたね。
倒れたブロック塀の犠牲になった小学生の女の子が可哀想でなりません。
インフラ拡大に走るより、いまあるものものを維持、向上させるべきなんじゃないかという意見に、わたしも賛成です。
そうしていれば、今回の犠牲も防げたんじゃないだろうかと思います。

わたしも基本、雨、嫌いではありません。
以前、長野の鬼無里で、雨宿りした神社で、周囲の杉林を揺らして降る驟雨を眺めながら、とても心落ち着いたたひと時を過ごしたことがあります。雷の音が凄かったですが。

写真を見ながらも、雨というのは独特の雰囲気を醸し出すなと思いました。
特に最後の写真の長靴のおじさんがいいですね。

| タラ坊 | 2018/06/20 17:41 | URL |

タラ坊さん

東日本大震災では「忘れられた被災地」と呼ばれた茨城県。私の地元ですが、歩いていると屋根瓦の崩落とともにブロック塀の倒壊が目立ったものです。しかも不思議と敷地側じゃなくて道路側に倒れるんですよねあれ。今回の地震で問題になったブロック塀は違法構造物だったそうで論外ですが、いずれにしろ危険なので、フェンスや生垣に変えていかなければなりません。都内だと新築の家でブロック塀を造る様子はまず見なくなりましたね。
あと、この地震の死者は5人と伝えられていますが、件の女の子以外の4人についてはさっぱり語られません。いずれも高齢者だったからでしょうか。命の重さにはこれほど差があるんだなと、大っぴらには言えない種類の悲しみを覚えました。

自分が超絶雨男だから言うのではありませんが、雨の日は心が落ち着き、雨音を聞きながら床につく夜などはまさに至福です。
私も長野・上田の北向観音で雨にあい、そこでしばらく過ごしました。旅先の雨といえばがっかりするのが通例ですが、そこでの雨は大変気持ちのいいもので、結構以前のことですがよく覚えています。

最後のオサーン、いい味を出してくれました。一切トリミングしていませんから、見事なタイミングだったといえます。でもやっぱり髪の長いねえちゃんとかだったらよかったなあとか思ってしまうわけです。ロケーション上、限りなく困難なんですけどね('A`)

| イノテツ | 2018/06/21 01:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1559-fe0d698f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT