FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

銭湯ランナー復帰のつもりが、結局鉄ヲタへ回帰した夜(1)

P1150535.jpgP1150541.jpg

白えびは富山湾の名産で、以前、雑誌の仕事をしていた頃に記事を通して存在を知った。希少な食材なので刺身は食ったことがなかったが、近所のスーパーで意外と安かったので、おっ、と思って買ってきたもの(左)を、刺身に仕上げたのが右の写真というわけである。
スケール感が謎かもしれないが、白えびの体長は5cm程度で桜えびよりは少し大きいくらい。ここで使ってる器が醤油皿だと言えばもっと分かりやすいだろうか。そう、すごくちっこいのである。
こいつの殻をしこしこ剥いていく。調べると殻の栄養価は侮れないものだしそれほど固くもないので、めんどくさければ塩を振ってバリバリ食っちゃってもそれなりに美味らしい。だが、なかなかない機会でもあるので、頑張って剥くコースを選択。醤油皿にちょこんと一盛りの刺身ができた時にはちょっとした達成感があった。殻を剥く機械というのもあるらしいのだが、やっぱり手で剥いた方がうまいんだそうで、白えびの刺身が高いのは、相当な手間がかかっているからなんだと納得した。
味はね、もちろんまずいわけがなくて、ねっとり甘くて、そうだな、甘エビを濃厚にした感じかな。なので、一口はちょっとずつでも十分口の中に味と香りが広がる。なんだこの酒のつまみにピッタリな感じはw しばし、至福の時を味わった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数年前まではタラ坊さんと一緒に週に一度の皇居周回銭湯ランニングを欠かさなかった私だが、心身を病んだ上、左足親指の爪を剥がして本当に走れなくなった。爪を剥がすと全治一年だね。ここにきてようやく完治に近づいてきたので、ぼちぼち復帰をと検討していたのである。
皇居周回コースにはある不満があった。鉄分がないことである |∀・) あと、銭湯ランニングは荷物を近隣の銭湯に預けて空身で走るのが基本なので、必ずその銭湯に戻らなければならない。
ああ、もっと自由が欲しい。そんな向きは荷物を背負って走るしかないわけだが、ランニングに特化したザックは結構高く、なかなか手を出せずにいた。しかも、いかにもアウトドアですみたいなデザインは街中を走ってて恥ずいしな…。そんな私の希望を叶えるものにやっと出会えた。
ディプシーパック/Mountain Hardwear
これなら普段使いできるし、登山のときにはサブザックにも使える。9900円(税別)は現在の経済状況からして苦しいが、このカテゴリの中では相当こなれた値段だった。

というわけでこれに着替えと風呂道具、さらにカメラを詰めて出発。当初の計画は巣鴨の自宅から明治通りに出て、ひたすら明治通りを三河島まで走るというもの。三河島で風呂に入り、電車で帰ろうというわけである。
だが、復帰戦にしては計画が遠大すぎた。明治通りに出る以前にもう息が上がってきた。荷物の重さは大したことないはずだ。そう、体そのものが重くなっていたのである_ノ乙(、ン、)_ ああやべえ、三河島なんて無理だ、王子でヘタレようか…。そう、荷物を背負っていれば、いつでもヘタれることができるのだ。だが、さすがに王子は情けないからもう少し頑張ろうと明治通りを進んだ。
「あっ、電車だ♪」

P1150804.jpg

そう、梶原である。出版不況にもめげず、梶原書店は頑張ってくれてるなあ。都電のホームがかさ上げされる前はもっといい絵だったんだが、まあ時代の流れなので仕方あるまい。
この時点で明治通りを進むって話はすっかりなかったことになり、次は荒川車庫へ向けて走った。気分で経路を変えられるのもこの走り方の魅力だし、見た目がランナーなので大汗かいて走っていても不審がられることもなく、移動時間が省けるのもいいなと感じた。

P1150813.jpg

荒川車庫の留置線には、昨年引退した7000形の3両のほか、花電車の花100形、保存車の6086号車などが置かれている。前日、某巨大掲示板において「7022号車(中央のオレンジの電車)が留置線から消えた」という書き込みがあったので何か動きがあったのかと見に来たわけだが、普通に戻ってきていた。なお、7001ともども「休止中」の掲示が確認できる。引退したとはいえ車籍は残っているわけだ。

P1150843.jpg

正面にまわると、えらくイカした車が止まっていた。ここでは以前から、珍しい車を目にすることが多い。関係者の中に好きな人がいるのかもしれない。

P1150876.jpg

さらに荒川遊園地前電停まで走った。そうだ、あらかわ遊園の6152号車を見に行くかと脇道に入ると、なぜか露店の列。

P1150877.jpg

6000形は都電全盛時代を代表する形式である。6152号車は現役で残った最後の車両で、私も何度か乗る機会があったし、下手くそながら撮影もした。それが現在はこうして展示されているわけだが、だいぶ痛んできてるなあという印象で寂しさを覚えた。
ああ柵が邪魔でうまく撮れねえなあという場合には素直に入園すればよかろう(200円)。そしてこれは私も知らなかったのだが、都電の一日乗車券(400円)を買うと、特典として入園が無料になる(ICカードは不可)。リア充の巣窟である遊園地に非リア一人で入るのは勇気が要るところだが、私は右上に見える観覧車に乗ってみたいのである。きっと素晴らしき俯瞰写真が撮れるだろう。だが、これも知らなかったが閉園が17時と異様に早い。区営だから仕方ないのか。なるべく人目を避けたいので、行くなら平日の昼間といったところかな。

さらにこれも知らなかったが、遊園地の裏手に水上バスの乗り場があり、お台場方面へ行けるらしい。おお、どんなもんなんだろうと見に行くあたりで次回へ引き延ばすことにする |∀・) (イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタとアウトドア | 10:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そう言えば、幻の某雑誌で、白エビ、紹介していましたね。
刺身も美味しそうですが、雑誌で紹介していたかき揚げも美味しそうです。

ディプシーパック、こういうの、電車のなかなんかでも見たことあります。これだと、ランニングだけじゃなくて、ハイキングや街中でも使えそうで、私も購入を検討したいところです。

休み中に皇居と鎌倉走りに行ってきましたが、皇居はともかく、鎌倉の復路は、材木座光明寺の甍をはるか彼方に見て、あそこまで戻るのかと思うと、いつも気持ちが萎えます。
こういうバックがあると、どこかトイレかなんかで着替えて、最終地点でお風呂に入るという形が取れますね。
隅田川テラスは走りたいと思っているところのひとつですが、往復すると距離が長すぎるので、どこか途中の銭湯を目指して走るということも、こういうバックがあるとできますね。

最近は、一人カラオケ、一人動物園、一人ディズニーランドというのが流行っているみたいですよ。ですから、気にせず、荒川遊園、行かれてください。

| タラ坊 | 2018/09/15 18:16 | URL |

タラ坊さん

白えびは桜えび同様、かき揚げにしたり干したりするのが古くから伝わっている食べ方ですね。昭和になって、一旦冷凍すると殻と身が離れむきやすくなることが発見され、刺身で供されるようになったんだそうです。

今回は自宅から出発し、行き着いた先の銭湯に入って都電で帰ってきました。走るのが任意の片道だけでいいのが自由な気分にさせてくれます。
ただ考えてみると、今の時期はまだ半袖短パンで電車に乗っていても問題ありませんが、この先涼しくなってくるとそうも言ってられないので行き帰りの衣類が必要になりますね。うーん、衣類が増える冬はやっぱり銭湯に荷物を預ける方法の方がスマートそうです。何かいい知恵はないものか…。

世間では一人焼肉、一人ファミレスなんかも普通になってきているようですね。それにしても一人ディズニーランドは強者だw
あらかわ遊園は11月いっぱいで改装工事に入り、三年近く閉園するんだそうです。行くなら急がないとと思っています。

| イノテツ | 2018/09/16 06:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1568-752865b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT