FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あゝ、松山は今日も曇りだった('A`)

解散3年後生まれの遅れてきたビートルズファンである私だが、メンバー各々のソロ作となるとなかなか手が伸びずにいた。むしろ解散後に才能を開花させ、しかもさっくり亡くなったジョン・レノンはよく聴いていたが、他のメンバーの作品についてはいまだに未聴のものも多い。
ここで『McCartney II』である。ポール・マッカートニーの1980年の作品なのだが、代表曲の「Coming Up」は各種ベスト盤に入っており、知っていた。まあぶっちゃけこの曲が大して好かんこともあって後回しにしており、聴くことがないまま今日に至っていた。再発が出て中古市場がこなれてきたので、今回、ようやく手を出してみた。
うーん、「Waterfalls」とかいい曲もあるんだけど、音が古臭いなあっつうのが率直な感想だ。80年代初頭といえばテクノなわけだが、これって下手に取り入れると安っぽくなるリスキーなものよね。『McCartney II』でも、うっわー('A`) っていう音がちらほら聞こえてくる。こういうチープさ、好きな人にはたまらなかったりするんだろうけど、俺自身はリアルタイムで嫌いだったもんなあ…。
あと「Frozen Jap」ね。大麻取締法でとっ捕まり、日本から強制送還された直後の発表というタイミングでもあったわけで、悪意はなかったというなら、今日に至るまで改題しないのはなんでなの? 大した曲でもないし別に(゚⊿゚)イラネって感じかな。
というわけで、ちょっと残念な印象の『McCartney II』だったが、これを買った中古レコード屋の階下には新品売り場があり、新作『Egypt Station』が並んでいたのだった。ネットでさわりを聴いてみると、これがなかなか良さそう。御年76歳にして相変わらずノリノリ、やるな爺さん。これは改めてしっかり聴いてみたいと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ20年以上、墓参りのために毎年訪問する松山だが、好天に恵まれることは少ない。私の感覚だと1年のうち300日以上は雲に覆われてるんじゃないかこの街と思えるが、もちろんそんなことはない。今回も予報で晴れることを確認してから来ている。私が来ると雲が出るのである。
なお、泊りがけの一人旅に出ると驚異的な確率で雨に降られる超絶雨男の私であるが、すでに前日、予報外の強雨に見舞われており、本領を発揮したところだ('A`)

P1160494.jpg

予報が外れ、なぜかどんより曇った朝。5系統の電車が道後に入っていくと、いつもの観光の街ではなく、地元民による異様な賑わいを見せていた。お祭りだ!松山の秋まつりでは、神輿をぶつけ合う喧嘩神輿、通称「鉢合わせ」が有名なんだそうで、偶然それに出くわしたのだ。

P1160484.jpg

道後温泉の駅からまっすぐ進み、現れた長い石段を登っていくと伊佐爾波神社に着く。また近隣には湯神社もあり、この日は祭りのため裏道を遠回りしてきた。両神社の祭礼なわけだが、境内そのものはいたって静かだった。石段を登り切った辺りは伊予鉄道の引き上げ線を俯瞰できるポイントであり、いつもなら駅前の展示線に停車している坊っちゃん列車も奥に引っ込んでいるのが分かる。
とはいえ祭りの様子はといえば、人混みが見えるだけで、何をやっているのかよく見えない('A`) まあだいたい墓参りに来ている身でもあるので、神社への参拝を済ませると市営墓地へと移動した。
墓地の水汲み場には猫が一匹くつろいでおり、にゃあといって私を呼び止めた。よく人に慣れている。猫は霊能力のある動物であり、やばい場所には近寄らないという。してみると、この墓地もやばい場所じゃないってことなんだろう。

P1160491.jpg

駅前に戻ってきた。祭りは続いていた。賑わいはいいのだが、一方で喧騒と人混みが大の苦手である('A`) 鉢合わせは荒っぽいものだそうで、威勢の良い掛け声が飛び交っているのだが、何がどうなってるのか、結局最後までよく見えなかった。まいっかということで市駅行き3系統の電車に乗り込んだ。

P1160521.jpg

市駅で横河原線に乗り換え、いよ立花駅で下車。近くに私が檀家を務めている寺と、もう一つの墓がある。樒を供え、墓石を磨き、丁寧に参るのだった。
寺を出ると、今回は初めて立花駅に戻らない道を歩いた。石手川公園駅も遠くはなかった。全国的にも珍しい鉄橋上にある駅である。もっとも、橋のかかる石手川はそれほど大きな川ではなく、脇に設置された人道橋を人や自転車が気軽に渡っていくのだった。ここも晴れればいい景色になるはずだ。

P1160530.jpg

JR松山駅に移動し、高松行き普通列車が出るまでの時間でうどんを食った。毎年食うけどうまいんだこれが♪ 思わず朝っぱらからビールを注文。これを平らげるとそれとは別に酒とつまみを買い、列車に乗り込んだ。なんだかどっかの旅番組じみてきたw
松山駅を出発した普通列車は2両編成。もっとも後ろ1両は回送扱いでつながっているだけなので実質は単行だ。かつて、「もう一つの松山行きフェリー」が発着した堀江の辺りを過ぎると日が差して、瀬戸内らしい天気となってきた。やれやれ例年通りだ。酒の缶を開け、小さく一口飲み込んだ。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタ紀行 | 07:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ポールマッカートニーはここのところ毎年日本に来ていますね。
今年も来るようで、先日の新聞にコンサートの広告が載っていましたが、両国国技館でもやるようで、チケット代が3万何千円とかってなっていました。
正直なところ、3万何千円出してまでポ-ルマッカートニーのコンサート観たいとは思いません。
あの人なんか、もう仕事しなくても、一生遊んで暮らしていけるだけのものあるんでしょうが、ライブの雰囲気好きなんだろうなと思います。

2枚目の写真、鳥居と祭りの賑わいと市電という取り合わせいいですね。

2枚目や3枚目の写真を見ると、松山の市電は、昔の玉電に似ているなと思いました。もちろん、車輌とか全然違うわけですが、街との距離感みたいなものが、そういう感じがしました。

祭りといえば、先日、松戸神社のそばのドトールでコーヒーを飲んでいると、その日は松戸神社の祭礼だったらしく、下の通り(伊勢丹通り)をお神輿が5基ぐらい通り過ぎていきました。

| タラ坊 | 2018/10/21 13:21 | URL |

タラ坊さん

ポール・マッカートニーはナイトの称号を得て、今や貴族です。もはや稼ぐ必要などありませんが、もともと、ビートルズの中でも最もライブに積極的なのが彼でした。心の健康のために曲を作り、体の健康のためにライブをやるそうです。足腰立たなくなるまでライブはやるでしょうし、曲作りにいたっては、モーツァルトばりに死の床についても続けるんじゃないでしょうか。

今回の松山行きはお彼岸の頃をと思っていたのですが、心の調子が悪く延期したのでした。その結果この祭に出くわせたのですからラッキーでした。写真もなかなかいい雰囲気ですが、動画には動きと音声が加わり、より面白いものが撮れました。ただマテリアルが足りず、今回はうpを見送った次第です。うーん、でもやっぱり晴れててほしかったですね。

私はナウなヤングなので玉電を知りません('A`) 現在の世田谷線が玉電の支線だったそうですが、路面を走りませんから、だいぶ雰囲気は違うのでしょう。
「街との距離感」っていうのは重要なご指摘だと思います。昔はもっと鉄道と街が有機的に調和していましたよね。現在はフェンスを張ったり地下に潜ったり高架になったりで街と隔離されていきますから。都電荒川線についても、以前は「軒先をかすめるように電車が走る」なんていう表現をよく見ましたが、現在の沿線にそんな場所はありません。まあ、そうした方がいいというのは分かるのですが…。

| イノテツ | 2018/10/22 19:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1573-a9825b2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT