FC2ブログ

きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

予讃線・土讃線で行く金比羅参り

IMG_0749.jpg

先日ちらりと触れたポール・マッカートニーのニューアルバム『Egypt Station』。ディスクユニオンで買ったら右の缶バッジがついてきたぜ♪
ジャケットは変形紙ジャケットっていうのかな。この絵はポール自身の作品で横に長く、蛇腹になったジャケット全体を飾っている。
で、中身なんですけど、きましたわこれ。久々の全米1位はダテじゃない。名盤と呼ぶにふさわしい出来だと思う。
「Opening Station」で音楽旅行の列車に乗り込むといきなり「I Don’t Know」の哀愁にしびれ、「Fuh You」で高揚し、「Dominoes」に60年代の英国ロックが最も芳醇だった時代を見たりする。あとボーナストラックもおまけみたいな代物じゃなく、「Get Started」の凄まじいシャウトに驚愕する。大丈夫かじいさん。
76歳。確かにその声には年齢が忍び寄る。だがそれをも新しいサウンドの材料に昇華してしまっている。ときに「イチバーン! イチバーン!」とかやっちまった感のにじむフレーズが出たりもするが、基本的に捨て曲なし。2018年のポールがこんなにキラキラ輝くようなアルバムを生み出し得たことを祝福したい。
今後も長く聴き継がれていくだろうなという気がする。なので、今焦って手に取ることもあるまい。聴きたい人を聴きたい時に迎え入れてくれる。名盤とはそういうものだ。
折しもポールは来日中であり、精力的にライブをこなしている。ライブが好きなんですねこの人。セットリストを見ると『Egypt Station』からは2曲しか披露しておらず、あとは往年の曲でまとめているようだ。レパートリー膨大だから大変よね。そんな中、ジョージ・ハリスンの曲である「Something」を加えている辺りがなんとも憎い。公演に行ける人は楽しんできてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

P1160607.jpg

松山で乗車した普通列車は伊予西条で快速サンポートに化けた。穏やかな車窓の景色に街並みが目立ってくると多度津に到着。ここで土讃線に乗り換える。土讃線は大歩危・小歩危といった名所や高知市周辺のイメージが強いが、琴平までのわずかな区間は国鉄末期に電化されており、高松からの列車が直通する。寝台特急サンライズ瀬戸も時期によって足を伸ばしてくる。
今回私が乗ったのはこれ、7200系である。分割民営化直前、国鉄は特に経営が厳しくなりそうな三島会社向けに多くの新車を製造し、置き土産にした。電化されたばかりのこの区間には121系が投入されたがそれから30年、さすがにだいぶヘタってきたので台車やモーターを総とっかえしてこの7200系に生まれ変わったわけだ。まあ車体は活かしているので一見してあんまり変化はない。都電でいうと7000形が7700形に改造されたのと似た考え方かな。

P1160652.jpg

20年以上毎年四国を訪れながら叶っていなかったのが金比羅参りである。お伊勢参りと並ぶ江戸庶民の憧れとされた金比羅参り。昔の人は全て徒歩だったのだから大変だが、現在は鉄道がある。私は今回土讃線を利用したが、高松琴平電鉄(ことでん)を利用するのも一興だろう。双方の琴平駅は近隣にあり、いずれも渋い駅舎を構えているので、その辺は最後のまとめ動画で見てね |∀・)
一時期はそのほかに琴平参宮電鉄と琴平急行電鉄というのもあり、それの琴平駅もあったらしい。4社の駅が並び立つ様子は壮観だったことだろう。

市街から門前町に入っていくと、石畳が次第に石段に変わっていく。初めは傾斜も緩く、なんだ、これならちょれえなとタカをくくっていたらそんなに甘いわけもなく、徐々に増していく勾配にすぐ息が上がってきた。

P1160656.jpg

だが、この参道には駕籠屋があり、途中の大門まで運んでくれる。アミューズメントではなく、純粋な交通機関として残っている日本で唯一の駕籠屋だそうだ。だったら衣装もそれっぽくしたらよりサマになるだろうにちょっと惜しいな。
あと、当然といえば当然だがものすごく注目されるw このお客さんは周囲に手を振りながら楽しそうだったが、目立つのが好みでない人は頑張って歩いた方が無難かもしれない |∀・)

P1160715.jpg

まあ境内の話とか絵とかは動画の方をご覧いただくとして、こうして御本宮まで上がってきて感じたのは、感覚はむしろ登山に近いということ。徐々にひらけてくる展望は登山のそれそのものだ。生い茂る樹木に何かしら感じるのも霊験なのかもしれない。神社への参拝はやっぱりいいものだ。
なおこの写真だが、中央右の赤い屋根がJR琴平駅。黄色い電車(JR西日本の115系)が多度津方面へ出発していく。また、鳥居のすぐ左に見えるのがことでんの琴電琴平駅。両者の線路がオーバークロスする様子も見ることができ、鉄道俯瞰写真のポイントとしてもかなり面白い場所だ。一般には、左の方に見える瀬戸内海と瀬戸大橋、また正面に聳える讃岐富士(飯野山)が眺望のメインになるだろう。
実はさらに石段が奥宮まで続いている。本当はそこまで行きたかったのだが時間の都合上断念した。またの機会にぜひお参りしたい。

P1160746.jpg

駅に戻る道を行きと変えてみたら、琴平駅構内を見られる踏切に出た。ちょうど上り特急南風が停車中だ。

P1160769.jpg

大正時代からの建物である駅舎だけでなく、ホームもレトロな雰囲気を醸している。昔懐かしい洗面台が残っているのも嬉しいところ。だがすでに蛇口はなく、いわばオブジェのような存在になっているのが惜しまれた。
地ビールを買って列車に乗り込み、次の目的地である徳島を目指す。(イノテツ)



こちらがまとめ動画です。絵的にはこっちの方がおもろいかも。
スポンサーサイト

| 鉄道と神社仏閣 | 23:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ポールマッカートニーは以前来日した際にやった東京ドームでのコンサートがyoutubeでUPされていましたが、結構よかったです。意外だったのは、ビートルズをリアルタイムで聴いていないだろう若い人が結構いたことです。そういう若い人が70を過ぎたじいさんの音楽に歓声を挙げているのを見て、ボブディランもそうですが、音楽というのは、そういうもんなんだなと思いました。

こんぴらさん行かれたんですね。
動画は、やはり列車の走行音に魅かれます。
琴平驛もことでんの琴平駅もいい佇まいです。ライトアップされた夜景もいいですね。
浅草あたりで人力車を曳いているのは若い兄ちゃんばかりですが、こちらは、駕籠を担いでいるのは結構年配の人なんですね。

山の上にあるといえば、山形の立石寺(山寺)も一度お参りしてみたいと思っているところのひとつです。
行きたいところはいろいろあるけれど、人生の残り時間を考えると、少し時間が足りない感じもしている今日この頃です。

| タラ坊 | 2018/11/08 17:28 | URL |

タラ坊さん

私がビートルズファンになった中学生の頃、他の連中は最新の邦楽やアイドル歌手に夢中で、私は完全に変わり者扱いでした。それでもそういう変わり者がクラスに一人程度はいましたから、全国的には結構な人数になることでしょう。確かにボブ・ディランもそう、時代を超越するミュージシャンが時たまいます。
ジャズの世界だとアルト・サックスのルー・ドナルドソンですね。この人、90歳過ぎて現役です。アート・ブレイキーやクリフォード・ブラウンといったレジェンドとともにハードバップを創始したといわれる人で、もう生き仏様ですね。さすがに往年の輝かしいプレイは望めませんが、彼が出てきてなんか音を鳴らすだけで後光が差すようです。

動画、私も列車の走行音が気に入っていて、冒頭の2カットは長めの編集にしました。
浅草は日本観光の第一歩というところで、車屋も人当たりのいいお兄さんなんでしょう。琴平の駕籠屋のオサーンはそれほど愛想がいいわけではないというか、体力的に愛想振りまく余裕がなさそうでした。休み休み上がっていましたからね。
それなりの体力を要求されることから、完全に観光地化されるに至っていないのも金比羅参りの魅力でした。

山寺はいいらしいですね。あと、世界遺産になっちゃいましたが平泉とか、東北にはつい後回しにしてしまいながらも見逃せない寺社があります。
自分に残された時間がどれだけなのか、事前に分かっていれば人生設計もしやすいのにと思います。まあ明らかなのは、やりたいことを全てやり遂げて満足して氏ねる人生などまずはないということですよね。

| イノテツ | 2018/11/08 20:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/1576-f47d722e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT