きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大蔵峠顛末記

小海線に乗りに行くついでに、大蔵峠というところに立ち寄ろうと、信濃川上駅で降りた。

信濃川上駅ホーム

この駅はなかなか雰囲気がいい。
駅から真っ直ぐ続く坂道を下るとT字路に突き当たる。それを右方向に進んで行くと、「男橋」という演歌の世界のような名の橋があり、その橋で千曲川を渡る。

男橋で千曲川を渡る

橋の正面に見えているのが「男山」であり、この山裾に沿って続く林道のような道を上って行く。山側に、以前行った秩父の弟富士山と同じように獣避けの柵が張られていて、山のほうから「ケーン」「ケーン」という鹿の鳴き声がしきりに聞こえてきた。
さて、大蔵峠とはどこだろう。地図で見ると、その「男山」の登山道入口の少し手前らしいが、「山頂まで2時間」と書かれたその登山道入口の手前には、なんでこんなところに、という感じで家やアパートふうの建物が何軒か建っているだけで、峠を示す表示はない。
しかし、駅からの距離(約30分)や地図上の位置関係から、どうやらそのあたりがそうではないかと思われた。そこで、多分、あのあたりを小海線が通るのではないかと見当をつけて列車が来るのを待った。
やがて踏切の警報音が下のほうから聞こえてきたのでカメラを構えていると、木の間越しにかろうじて列車が通り過ぎるのが見えた。

大蔵峠①

大蔵峠②

駅へ戻る途中、民家から出て来たお婆さんと顔が会い、
「山へでも登って来ただかや?」
と声をかけられ、
「よく登るだかや?」
と聞かれたので、
「定年になって暇なものですから、よく登っているんですよ」
と答えた。
乗ろうと思っていた列車にとても間に合いそうもないと思っていたのだが、その日、中央線を含めて小海線もダイヤが乱れており、駅に戻り着いたらまだその列車が来ておらず間に合った(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 10:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こ、こんなでしたか。私のイメージとえらく違うorz
でも非常に助かりました。暑い中、ありがとうございました。

信濃川上の駅には何度か訪れています。だいたい登山の帰りに利用するのですが、この男山のコースは日帰りにはきつく、1泊するにはゆるく、計画が立てづらいので、いまだに登れずにいます。すごくいいコースらしいですが。

| イノテツ | 2010/08/09 10:50 | URL |

男山は木が鬱蒼と繁っていて、いかにも暑苦しそうな山でした。もっとも、離山も下から見るとそんな感じですが。
あのあたりは陽射しはきついものの、風はさわやかで、木陰にいると暑さをそれほど感じません。
その日は天気がよかったのですが、翌日の別所は、前日までの予報に反して曇りでした。
どうも、別所はお天気との相性が悪いようです。

| タラ坊 | 2010/08/09 13:12 | URL |

たしかに雰囲気がいいですね
いかにも日本の夏の駅!という感じがします
3,4枚目はウォーリーを探せみたいです。
どこかに列車が写っているんでしょうかw

| アホキ | 2010/08/09 13:22 | URL |

どこかに写ってはいるのですが、極めて分かりにくくて申し訳ありません。
信濃川上駅のホームにはトンボがたくさん飛んでいました。
立秋を過ぎたので、暦の上ではもう秋ですね。

| タラ坊 | 2010/08/09 15:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/694-2a7037e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT