きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋の気配

知っていますか、オフコースの「秋の気配」。またおまえ、歳はいくつなんだよと言われそうだが、「さよなら」がヒットしてブレイクする前の名曲で、個人的には、この時期のオフコースがいちばん好きだ。
こんなことをふと思ったのも、くそ暑い毎日の中にも、徐々に秋が迫っているのを感じたからである。撮り鉄を始めて、特に空をよく見るようになった。ロマンチストかおめーわ、と言われれば、まあそういう部分もあるのだが、列車の通過時に日が陰るとイヤなので、「うををっ、雲どかんかい!」などと念を送っていたりするのである。当然そういった念は、多くの場合通じないのだが('A`)

DSC_2960.jpg
大塚駅の通路の向こうに、阿波踊りの提灯が飾られた。

空が透明度を増し、青が濃くなってきた。雲は高くなり、羽のように軽く舞う。地上は相変わらずくそ暑いが、空が明らかに真夏とは違ってきた。

その一方で、私の中で「1画面になるべくたくさん列車を入れるゲーム」が始まっていたw 線路がたくさん並んでいると、列車もいっぱい撮りたくなるのが人情というものではなかろうか |∀・)

DSC_3009.jpg
(日暮里)

DSC_3122.jpg
(飛鳥山)

たくさん入れたいんなら車庫に行けばいいじゃん、と突っ込まれそうだが、基本的に本線上を走っていないとダメというのがルールである。もちろん、そう簡単にタイミングが合うわけもなく、いくらダイヤ過密の東京とはいえ、こういう撮り方をしていると、異常に時間と体力を食う。好きでないとできないというのはこういうことだろう。

さて疲れたので、最後にドアップで締めることにする。東京メトロ10000形。車内は好きだが、異常に丸い顔が気に入らない。だが、この顔が地上に出たとき、思わぬ効果を発揮することに気付いた。

DSC_2768.jpg

凸レンズになるのだw 正面窓に映った雲は、ここでも徐々に近づく秋を告げていた。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 02:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ああ、もう秋の空だな、と、私も先週あたりから、空を見上げながらしています。
ボードレールの詩句に、「さらば、我らが強き夏の光よ」というのがありますが、今年はそんな感じの夏の光でした。

| タラ坊 | 2010/08/13 09:19 | URL |

さらば、我らが強き夏の光よですか。若いイメージでいいですね。私なんか、要らねえからどっか行けや強き夏の光よでした('A`)
などと毎度のごとくひねくれてはいますが、すっかり日に焼け、ふと自分の腕を見ると、その黒さに驚いたりします。これも、例年のように高山で爽やかに焼けたのなら素敵でしたが、今年は低山で蒸し焼きにされたものです。
苦労が成果となり、たわわに実る秋になればと願うばかりです。

| イノテツ | 2010/08/13 12:49 | URL |

3枚目はイノテツさんのこだわりが感じられる1枚です。

>線路がたくさん並んでいると、列車もいっぱい撮りたくなるのが人情というものではなかろうか |∀・)

私にはあまりこういう感覚ってないんですが、
たしかに列車がたくさんやってくるとワクワクしますね。
しかし、これにはまると撮るのに相当時間がかかりそうですw



| アホキ | 2010/08/17 08:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/698-3ebdd620

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT