きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キハ181を追って:長谷~寺前 後半


 長谷から寺前までは5~6kmくらいで車だとあっという間なのだが、歩いてみると結構ある。あちこちで列車を撮ったり(というか列車待ち)で5,6時間かかってしまった。
 後半は水が心配になってきた。もちろん自販機などはまったくない。GPSケータイは相変わらず圏外で、街まであとどれくらいなのか、気になってきた。


C_0426n.jpg
D:県道を少し外れたところに小高い道があった。そこからカーブを見下ろせる。丁度キハ181がくるタイミングだったのだが、ドンぴしゃで曇ってくれたw



C_0496.jpg
E:地点付近に橋があった。じつはこのあと鉄橋を渡るキハ181もとっているのだが、またまたドンぴしゃのタイミングで雲がでた



C_0111.jpg
E:地点付近にこれまた小高い場所があった。



 疲れてきた。しかも、いよいよ水がなくなってきた。通り掛かった人に寺前駅までどれくらいですかと聞くと、3~40分とのこと。F地点あたりでようやく自販機があったと思ったら、放置プレーの捨てられた自販機だった。くぅーとおもいつつもしばらく歩くとようやく稼働中の自販機を発見。水を補給し元気が出た。



C_0722.jpg
G:犬を連れた人に出会う。のどかでいい感じ



C_0773.jpg
H:やっと駅に到着



C_0774.jpg
駅前のラーメン屋でチャーハンとラーメンを注文。うまいっ。水もがぶ飲み


結局この日は(も)満足のいくカットは撮れなかった。ただ、晴れたら良さそうだと思えるポイントはいくつか発見できたので、それでよしとしよう。(アホキ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 04:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も、水で難儀したことがあります。多汗症の私ですが、汗すら出なくなったときはさすがにやばいと思ったものです。ようやくありつけた水は実にうまかったです。
それにしても、素晴らしい沿線風景です。こんなだったんですね。播但線は、震災のとき仕立てられた臨時快速で通っただけです。国鉄色のキハ181でしたが、夜だったし、一切写真が残っていません('A`)

| イノテツ | 2010/09/01 12:21 | URL |

お天気とのタイミングが合うというのはなかなか難しいですね。土門拳さんも、陽の射し具合や雲の状態の絶妙のタイミングをとらえるために、ひとつの場所に1日いることもあったといいます。雪の室生寺を撮りたいと、ひと冬、門前の旅館にこもったけれど、とうとうその冬は雪が降らなかったというエピソードも聞きました。
ちょっと行って、ちょっと撮ってくる。というわけにはなかなかいかないようです。

| タラ坊 | 2010/09/01 12:53 | URL |

イノテツさん
この時期、水がないとマジで熱中症で死んでしまいますからね。お互い気をつけましょう。紹介した播但線はほんの序の口で、沿線には小山もたくさんあるので登ってみるとかなりおもしろいんじゃないかと思われます。

タラ坊さん
ホントに面白い瞬間を撮ろうと思ったら1週間くらいかけるつもりじゃないとダメでしょうね。しかもほんの一瞬を見逃すか見逃さないかの話なので意識が朦朧としてきますw
宮さんのブログを見ているとそういう瞬間をこれでもかというほどたくさん捕らえておられるのでやはり見えているものが違うんでしょうかね。

| アホキ | 2010/09/01 17:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/714-4a4a11e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT