きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小淵沢(夕方の部)

小淵沢は雲の動きが速く様々に形を変えていた。ただ、光の加減や雲の形が面白いなぁと思う瞬間には列車がやってこない。

C_0406.jpg
くー列車がいない! 

C_0464.jpg
まあ、いつものことですがw


なぜか列車がやってくる時に限ってつまらないw。何本か撮っていたら日が暮れてきた。帰る途中にやってきた列車をあわてて撮ったら案外いい感じだった

C_0498n.jpg
なんとか列車が撮れた


街の近くまで帰ったのだが、ひょっとしてブルーモーメントの時間帯も面白いかもしれないと思って、引き返すことにした。

C_0537n.jpg
ちょうどいい時間にやはり列車は来ないのであったw。

 このあと真っ暗になってしまい撤収。しかし、ここも時間帯と光の加減によってはかなり面白い場所であることだけは分かった。もう一度来るぞ-(アホキ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:41 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

3枚目の写真は、いかにも高原の初秋の夕暮れという感じが出ていていいなと思いました。
「ちょうどいい感じの時に列車がこない」というのはよくわかります。
海もそうですが、空を見ていると、何か雄大な気分になりますね。壺井繁治(壺井栄の夫)の詩に、

一日空を見て過ごした
空のなかには空だけがあった

細部の言い回しとかちょっと違っているかもしれませんが、そんな視があり、写真を見ながら、その詩を思い出していました。

| タラ坊 | 2010/09/22 11:56 | URL |

3枚目のはいいですね。こういうシルエットの写真はまだ撮ったことがないように思います。キハ120対策はこれでしょう。
私もよく空を見上げます(天を仰ぐと言った方が近いかもしれませんが)。人間には再現できない芸術があるんですね。自分の存在の小ささを再認識すると、じゃあ消えちゃってもいいかなとか、発想が病んだ方へ行くのが危険ですが。

| イノテツ | 2010/09/22 13:13 | URL |

すいません。昨日はほぼ一日寝てました。

タラ坊さん
 この場所は築堤が思ったより高く、シルエットには最適でした。こういう高原で雲や光の加減がしょっちゅう変化するような場所だと一日空を見て過ごすことも可能かも知れません。私はちょっとつらいですがw

イノテツさん
 イノテツさんみたいに謙虚な人はあまり天をあおぐのは危険かもしれませんw 逆に上から下を眺めると、ちょっと偉大になった気になるので精神のバランス的にいいのかもしれません。





 


| アホキ | 2010/09/23 09:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/734-0d46b22d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT