きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

銚子電鉄2010

DSC_4570.jpg

誕生日に銚子電鉄に来るのは、これで3年連続になる。ただし今回は仕事だったので、あまり時間がとれなかったのが悔やまれる。
この1年で、銚子電鉄は大きな変化を遂げた。吊り掛け駆動の旧型車両3両が一挙に引退し、代わって伊予鉄道から導入された新車・2000系4両が活躍を始めたのだ。

DSC_4596.jpg

銚子駅から歩いて程なく、車庫のある仲ノ町駅に着く。ここで入場券を買って車庫見学するのがファンの定番コースだろう。いいのかこんなところ、という場所を自由に歩けるのが嬉しい。このようなローアングル写真などもとれてしまうわけだが、勝手な行動により事故でも起こしてしまえば、こうしたサービスはすぐになくなってしまうだろう。安全第一、迷惑のないように見学したい。
さて、写真左の緑の電車が件の2000系なわけだが、車齢はすでに50年近い。およそ新車とはいい難い風貌に、むしろ安心感を覚えたファンは私だけではあるまい。だが、銚子電鉄初の冷房車であり、これをもって車両の新性能化が成ったわけで、画期的な存在ともいえる。

DSC_4619.jpg

旧型車両デハ701と801のさよなら運転が去る23日に行われた。この撮影の時点ではまだアナウンスされておらず、引退直前の姿を静かに撮影できた。それにしても、改めていうまでもないがボロボロだ。当局から指導を受けても、なお新車を入れる金を工面できずにいたローカル私鉄の悲哀がここにあるわけだが、夕陽を浴びて鈍く光る姿など、どこか神々しさすら感じる。

DSC_4640.jpg

さて、ここから犬吠まで2000系に乗った。車内はそれほど古さを感じさせず、普通の電車といった風情だ。ただし違うのは、全ての窓が全開になっていたこと。せっかくの冷房車ながら、変電所の能力が足りないらしく、送風しかできていないようだった。
犬吠に来たのが何度目かはもう忘れたが、またしても犬吠埼をスルー、満願寺を経由して外川まで歩いた。

DSC_4650.jpg

DSC_4656.jpg

渋すぎる外川駅のホームの先に、先に引退したデハ702が留置されていた。こちらもすっかりボロボロだ。静態保存するにも貰い手があるまい。おそらく解体の運命を辿ることになるだろう。沈みゆく夕陽が、一層寂寥感をかき立てた。

DSC_4667.jpg

駅で切符を買う。ああやっぱり硬券はいいなあ。よく見ると、以前と地紋が変わっていた。どうやら銚子電鉄オリジナルだ。こんなところに手間をかけても、おそらく誰も気付かないと思うが、今後も存続していく心意気だろうと解釈した。
旧性能車がなくなり、魅力がなくなったと言うファンもいるが、私なんかは2000系もかなり気に入った。千葉県の鉄道は今、大変化の中にあって面白い。また機会をみつけて訪れようと思う。(イノテツ)

スポンサーサイト

| ローカル線紀行 | 03:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

夏に行った時のことが思い出されました。
3枚目から6枚目までの写真、雰囲気があっていいですね。
特に5枚目の天井の電気がいいです。夕暮れ時のローカル駅の寂しさが伝わってきます。
今回、この仕事がなければ恐らく行かなかっただろうというところにいろいろ行きましたが、もう一回行ってみたいと思うのは、銚子電鉄とわたらせ渓谷鐵道です。

| タラ坊 | 2010/09/28 09:49 | URL |

ありがとうございます。
本当なら1日かけてぶらぶらしたいところですが、なかなかうまくいかないものです。今回は車両の大変化があったので、記録の意味も込めて撮影しました。記録という意味では、1・2枚目の方が貴重なものになるでしょう。
大糸線の例のように、車両が変わることでファンが一気に減るという事態は避けたいですね。車両ばかりが鉄道趣味ではないので。ところで…おっとこの先は、次回のネタにして温存しておきましょうw

| イノテツ | 2010/09/28 14:08 | URL |

1枚目はちょっと賑やかで変わった雰囲気の写真ですね。
銚子電鉄というとのどかな田園のイメージなんですが
こういう絵も面白いと思いました。


| アホキ | 2010/09/28 22:06 | URL |

今回はのどかなところを撮る時間がとれず、残念でした。
背景は醤油工場だと思いますが、これもまた銚子の風景ですね。また、2000系と旧型車両が共存している様子も、この数ヶ月間だけの光景でした。

| イノテツ | 2010/09/29 01:47 | URL |

はじめまして。

銚子電鉄の車庫は見学できるのですね! 今度行ってみたくなりました。昔ながらの車両が引退してしまうのは寂しいところですが、新しい車両で頑張って欲しい鉄道会社ですね。

| 風旅記 | 2010/12/08 03:25 | URL | ≫ EDIT

風旅記さん

コメントありがとうございます!
旧型車両の吊り掛けモーター音に郷愁を感じるファンも多かったと思います。私などは都電の沿線なので、毎日聞く音だったりするのですがw
それにも増して、銚電は沿線の風景や雰囲気が魅力的ですよね。駅間が短いので、一日乗車券を買い、乗ったり下りたりして散歩するのもいいものです。車庫見学も、ぜひなさってみてください。楽しいです。

| イノテツ | 2010/12/08 11:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/740-1d6fae78

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT