きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【鉄ヲタとアウトドア】高尾山から相模湖(2)

山に続いて、皇居のジョギングにも復帰できた。やはり以前のようには走れないものの、気持ちよかった。腹の脂肪がタプタプ揺れた('A`)
仕事ではトラブルを抱え、どうやら長期化しそうで少ない収入がさらに落ちるのは必至だが、こんなときは体力作りや技術の研鑽に励みたい。公募に応募して、再び賞をもらえたなら怪我の功名だ。呪われた人生だが、いいことは待ってても降ってこない、自ら種をまかなくては(悪いことは勝手にいくらでも降ってくるけどな)という教訓を得られたのは、今年の大きな収穫だ。

DSC_5313.jpg

…と、どう見ても鉄道ブログらしからぬ写真で始まるのだが、前回の続きなので山の中なのだ。喧噪の高尾山を逃げるように通過し、縦走路を城山に向かう。素晴らしい天気で空気も澄んでいる。もうそれは言うまいと思いつつも、本の取材のときにこんな天気だったらと、どうしても脳裏をよぎってしまうのだった。

DSC_5318.jpg

萎えた体に城山までの登りは辛かったが、山頂からの展望は、これまで見た中で最高のものだった。写真左奥には新宿、さらにスカイツリーまでがはっきり見える。個人的には最も遠くから見たスカイツリーだろうと思う。

さてここから相模湖へ向けて下山する。以前のこの道は、廃止された都電の敷石を敷き詰めた石畳だった。鉄ヲタ的には味わい深いものだったが、雨後など非常に滑りやすく、初心者の頃は何度も転んで難儀した。現在は再整備されて、かなり歩きやすくなっている。一方で階段が増えて、丹沢表尾根を思い出させるのが少し辛い。
下山したところが千木良(ちぎら)という集落で、バスがあるので、これで相模湖駅まで行ってしまうのも手だが、登山者でそれをする人はまずいない。弁天橋で相模川を渡り、徒歩で相模湖駅へ向かうのが普通だ。今回、私もその道に入ったのだが、毎度泣き言をほざいているように気力体力が萎えており、途中で立ち止まってしまった。旅館「天下茶屋」への分岐である。この旅館も道も、有名な登山地図に載っていないので見過ごされがちだが、弁天島温泉という、れっきとした温泉宿なのだった。

DSC_5323.jpg

ここを通る多くのハイカーにさえ知られていない存在だが、ここの立ち寄り湯で汗を流していくことをお薦めしたい。正直1050円は割高だが、汗を流し、着替えてから列車に乗れるし、山(実際は谷だが)の旅館の風呂は鄙びていて、昨今流行りのスーパー銭湯にはない味わいがある。何より、おばちゃんの接客が胸にしみる。宿泊客でもない私に正座で応対してくれた。
初めて来たときには貸切状態だったのに、今回はそこそこ客がいた。徐々に浸透してきているのだろう。いい湯だった。こんなことしてる間に相模湖駅の硬券は完売になっちゃったかもな…でもまあいいかと思ってしまったのだった。
もう上り下りがめんどくさいので、国道20号(甲州街道)に上がり、道なりに駅へ向かうのだった。徒歩30分ほどだ。

DSC_5324.jpg

この駅の所在地も、合併によって相模原市緑区となった。最近では、アルプスの山奥でも政令市だったりするので油断ならない。
硬券は、特設の窓口で販売されていた。

DSC_5334.jpg

「201系」にちなんで、各駅2100枚ずつの販売だった。2023番だから、かなりギリギリだった。列車が来るまでの少しの間にも続々と売れていたので、おそらく今頃は完売だろう。

DSC_5325.jpg

そして、すぐにやってきたのがホリデー快速河口湖号だった。おお、これはラッキー♪ だが思いのほか混んでおり、八王子まで座れなかった。しかも、やっと座れたところで疲れが出てさっさと寝てしまったので、せっかくの国鉄特急形、ほとんど味わえぬまま新宿に着いてしまったのだった('A`)
17日に中央線の201系はラストラン、国鉄の面影がまたひとつ消える。大阪環状線ではバリバリ現役でっせとか興醒めなことは言わず、しみじみ感慨に耽りたいと思う。(イノテツ)
スポンサーサイト

| 鉄ヲタとアウトドア | 03:37 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1枚目の写真、いいですね。
2枚目、私も城山へは幾度も行っていますが、これほど澄んだ眺めは見たことありません。
下曽我丘陵展望台は、3回行って3回ともダメでしたが、いつか、澄んだ時の眺めを見てみたいと思います。
「天下茶屋」は、あることは知っていましたが、入ったことはありません。なかなかよさそうなところなので、今度行った時は寄ってみようと思います。
もう少し小仏峠寄りに「美女谷温泉」というのもありますね。ここも前から気になっているのですが、まだ行ったことがありません。
久しぶりの皇居でしたが、2周できたのは何よりでした。

| タラ坊 | 2010/10/15 09:45 | URL |

逆光に光るススキはどう撮っても絵になりますね。これに列車を組み合わせると旅情で涙が出ます。そういう写真を、この秋のうちに撮っておきたいです。美女谷温泉ありますね。名前の素晴らしさに惹かれて行くと、えらくこじんまりしていて驚くそうです。この辺の旅館に泊まってみたいです。旅の途中に泊まるという場所でもないので、泊まることそのものが目的ですね。
アルプス登山には、皇居2周程度の体力は必須なので、まずは安堵しています。ゆっくり鍛え直して行こうと思っています。

| イノテツ | 2010/10/15 11:34 | URL |

私は昔の経験から登山は辛いものだという軽いトラウマみたいなものがあったんですが、低山にゆっくりゆっくり登るのは楽しいことだと思いました。
俯瞰本は終わりましたが、我々の活動自体が終わったわけじゃないので、これからも高いところから、俯瞰撮影やりましょう。

姫路まで普通&快速で往復してきたので、さすがに尻が痛いですw

| アホキ | 2010/10/15 11:55 | URL |

キノコ汁もうまかったのでは?

この眺望、いいですねぇ。
かくいうくろくまも日出山辺りからスカイツリーを撮ってみたかったんですよ。
まあ、蒸機のシーズンが終わったら言ってみようと思っていますが・・・。

| くろくま | 2010/10/15 21:28 | URL | ≫ EDIT

アホキさん
私の場合、初めての山でいきなり遭難しかけました('A`)
これじゃ終われんと、その後しばらくは毎週のように登っていました。基本的に粘着気質なのです。あのとき、「あー疲れた」程度で済んでいたら、逆に現在まで続いていなかったかもしれません。
うわ、新幹線利用されなかったのですか、お疲れさまでした。私なら、それだけで数回に引き延ばして書きそうですw 写真楽しみにしております。

| イノテツ | 2010/10/16 01:46 | URL |

くろくまさん

今回は手前でカップラーメンを食ってしまったので、なめこ汁は賞味しませんでした。しばらくぶりでEPIガスを使ってみたかったのですw
今後、なるべく遠くからスカイツリーを撮る、なんていうのが流行るかもしれませんね。思えば、建築中からこんなに注目される建造物も他にないことでしょう。日の出山というと、奥多摩でしょうか? あそこにはまだ行ったことがないのですが、眺めが良さそうですね。山でも鉄でも、スカイツリーが新たな楽しみを提供してくれています。

| イノテツ | 2010/10/16 02:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/757-39313729

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT