きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山陽姫路駅:終点駅探訪 

 姫路駅はJRのメインターミナルであるが、なぜか終点駅のもつ独特の雰囲気がない。

 それに対して山陽姫路駅には独特のなにかがある。その何かとは故真島満秀氏にいわせると「緊張感」ということになるだろう。

 JR姫路駅になぜ緊張感がないかというと、やはり物理的には途中駅というのが大きい気がする。それと全面高架化で新しく便利になった分だけ古い構築物の持つ深み、味わいが薄いといったことも影響しているように思う。

C_0227.jpg
山陽姫路駅にて



 その点、山陽姫路駅は基本的に作りが古いく、しかも完全に線路が終わっている。車止めもあるし、駅は頭端式だ。階段を使わずに別のホームに行けるのは本物の終点駅の証である。終点駅はこれでなくっちゃいけない。

 ところで何で線路が切れていると緊張感が生まれるのだろうか?
 線路というのは本来つながっている。「線路は続くよ、どこまでも...」の歌ではないが、ずーっとつながっているという感じがある。このある種の思い込みに比して、本物の終点駅はそこで線路がブチッと切れている。
 あーここで終わりなんだなぁという安堵感とともに、延々続くと思っていたものが突然終わってしまう寂しさ。この2つがコントラストになって独特の緊張感を生み出すのではないだろうか。

 さらに、この続いているのが当たり前の世界で突然ブチッと終わるというのは、なんとなく人生を彷彿とさせるものがある気がするのだ。

 いつもいると思っていた人が突然いなくなってしまう。常にあると思っていたものが突然なくなってしまう。終点駅の線路の終わり方はこういったことを連想させ、独特の緊張感が生まれるのではないか? などということを深夜ネットカフェに向かう道でふと考えた。(アホキ)
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:30 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アホキさん、こんばんは。

頭端式の終着駅、大きな駅も小さな駅も独特の雰囲気が有りますね。
旅の果てで辿りついた終着駅には何かはっとする寂寥感も有りますが、旅に出る時の頭端ホームには高揚感が有る様に感じます。
終着駅も裏返せば始発駅、一旅終えれば新しい旅の始まる駅ではないでしょうか?
「独特の緊張感」と言った言葉の中には、これから新しい旅路へ向かう緊張感と言うのも有る様に思えます。

| JUMBO@草薙 | 2010/10/23 19:14 | URL |

JUMBOさん 

そうなんですよね。終点駅は始発駅でもあるわけで
高揚感がありますね。このわくわく感はとても大事な
要素ですよね。
実は終点駅探訪をやろうと思ったきっかけは東武の浅草駅で
かなり独特な構造になっており、緊張感と同時に高揚感を与えてくれる存在です。
なんかこのわくわく感を求めて必要もないのに終点駅まで
行ってしまうことがよくあります
そういえば、大井川鐵道の千頭駅も予想以上に大きな駅で
おもしろいと思いました。









| アホキ | 2010/10/23 21:25 | URL |

奇遇ですね。今日は友人と飲んだくれた後、上野駅へ行き、地平ホームを眺めていました。そのうち能登がやってきて、出発していったので、1時間ほどいましたか。
正直、「緊張感」という言葉にはピンときませんが、鉄道が、レールの上に車両を走らせるシステムであるため、それが途切れる部分には最果て感が生じ、たまらない感覚を誘うことは間違いないでしょうね。稚内や根室が典型的な例でしょう。稚内は再開発中とかで、どうなるのか、不安なところです。

| イノテツ | 2010/10/24 01:26 | URL |

「津軽」という小説の中で太宰治が「ここを過ぎて後は日本海」というようなことを書いていましたが、ここを過ぎて線路が途切れる終着駅というのも独特の旅情があるなと思います。
姫路駅というのはなかなか雰囲気ありますね。
上野駅の地上ホームにたたずむといつも、その線路の先に続く北の町に思いがいきます。

| タラ坊 | 2010/10/24 10:35 | URL |

イノテツさん

緊張感というのは私もなんだかピント来てない部分がありますw
しかし、何か独特の雰囲気があって、普通の駅では味わえない
ものが人を引きつけるのでしょう。

緊張感、高揚感、最果て感、引き込まれる感じ、大人っぽい感じ。。。
私の中で終点駅というのはこんな感じです。これらをミックスした、うまい言葉があるといいんですが、やはり独特の雰囲気
としかいいようがないのかなぁ


タラ坊さん
上野駅で感じる北への思いはありますよね。
昔は、青森行きの鈍行列車なんていうのもあったりして。。。
それに引き替え、東京駅の東北新幹線ホームでは
北への思いっていうのはいまいち弱いですね。
やけに明るくて、あの独特な雰囲気を感じられないんですね。

そういえば山陽姫路駅も東武浅草もちょっと薄暗くて。。。
少し暗いっていうのがキーポイントかも知れませんw








| アホキ | 2010/10/24 12:55 | URL |

こんばんは! こちらではご無沙汰をしております。
遅くなりましたが 姫路遠征お疲れ様でした。

頭端式の終着駅 いい感じですね!
山陽電車の姫路駅には 近くに貨物専用ホームがあったような気がします。
あの辺りも変わったからもう無くなったのかもしれませんが 国鉄とは違った独特な鄙びた雰囲気があって けっこう好きでした。

そう言った終着駅ばかり集めた本が出ても面白いかもしれませんね。
もう出てるかもしれませんが・・・


| 宮  | 2010/10/24 21:51 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます。
終着駅を集めた本、やりたいですねー。

ただ、企画として通すにはなにか
もう一つ工夫が必要だなぁとか
じゃあ、一体どうしたらいいんだろ?とか
今日は一日そんなことを考えてました。

もうしばらく、考え続けてみます。
なにか浮かんだらこっそり教えてください^^


| アホキ | 2010/10/26 00:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/765-267600c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT