きまぐれ 鉄道日和

お越しいただきありがとうございます。ゆるい鉄道ファン,チョイ鉄向けブログです。ゆるさを追求しておりますwまったりとお楽しみください

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の思ひ出

今年の夏は3回も江の島・鎌倉に行ってしまった。
鎌倉へはちょくちょく来ているものの、江の島に渡るのはどれくらいぶりになるのか、ちょっと記憶にない。
一昨年、片瀬東浜でサーフィンに挑戦した時も島には渡らなかったし、7~8年前に龍口寺に取材に来た時も、龍口寺に行っただけだった。

島最奥部の船着場
弁天橋のたもとから乗った遊覧船が島最奥部の船着場に着いたところ

稚児落とし
船着場から岩の間の石段を登って行くと、稚児落としと呼ばれる岩場を見下ろせるところがあった

江の島の猫
江の島の猫。猫は気持ちよい場所を知っている

それにしても暑かった。汗だくになった服を着替えたいためとシャワーを浴びたいために、鎌倉市営海浜プールにもはじめて立ち寄った。
保坂和志の『もうひとつの季節』という稲村ガ崎を舞台にした小説の中に、その海浜プールが出てくるのだが、こういうことがなければ恐らく行くことはなかっただろう。
そう言えば、その保坂和志の『草の上の朝食』だったか、『プレーンソング』という小説の中だったかに、
「夏が行ってしまうなあ」
「変なの。もう十月よ」
という台詞が出てくる。ここ2~3日、ようやく朝晩は冷えるようになってきたものの、今年は10月になっても日中は汗ばむような日が多く、まさにそんな感じだ。

プリンスホテルから
七里ガ浜のプリンスホテルのわきから江ノ電と海を見る。七里ガ浜から稲村ガ崎にかけての海岸沿いの道を歩くのも久しぶりだった。やはり、海はいいなぁ

御霊神社
長谷坂ノ下の路地奥にある御霊神社

市営プールもそうだが、この御霊神社にお参りするのも今回がはじめてだった。
鎌倉へは何度も来ていながら、何となくいつも回るコースが決まっていて、一度も行ったことがないというところもいくつかある。この御霊神社もそのひとつだった。
鎌倉で紅葉がはじまるのは11月終わり頃だろうから、その頃に再び訪ねてみたいと思っている(タラ坊)。
スポンサーサイト

| 未分類 | 09:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいですね江の島の猫♪ かわいがられているのか安心し切って寝ておりますが、元はといえばここに捨てにくる輩がいて、その結果、奴らはここにおります。そう考えると不憫さとともに、人のエゴを感じさせられますね。
そして思い出されるのはひたすらくそ暑く、雨は降らないくせにすっきり晴れない、あの夏の日々なのでした('A`)

| イノテツ | 2010/10/25 16:49 | URL |

やはり猫の写真がいいですね
船の写真もいいです
鉄道写真に関してはいい写真をやたらたくさん見ているので
辛めになってしまいますがw
タラ坊さんは無理して電車をいれることなく、
駅だけ撮るとか、花と線路とかそういう方が
合っているような気がしてます。

| アホキ | 2010/10/25 17:32 | URL |

イノテツ様
私がこの猫の写真を撮っていると、後から来た女の子たちが、「わぁー、猫、猫」と言いながら集まって来て、猫にしてみれば迷惑だったかもしれません。
鎌倉に多いリスは、江の島の動物園から逃げたものが野生化したという話ですが、リスというのは極めて行動半径が狭いらしく、江の島から鎌倉まで来るのに数年かかっているということです。
そう言えば、新宿御苑にもかつてリスがいたそうですが、野良猫だったかカラスだったかに食べられてしまったという話を聞いたことがあります。


| タラ坊 | 2010/10/25 18:01 | URL |

アホキ様
ありがとうございます。
そうですね。
鉄道の写真を撮っている人はたくさんいるので、何も私があえて撮ることもないかなということは、前から思っていました。
鉄道を撮るにしても、私は私のスタイルで撮ればいいのではないかなということをこの頃考えています。

| タラ坊 | 2010/10/25 18:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tetsudo.blog114.fc2.com/tb.php/766-9905852b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT